映画・テレビ

2011年7月 9日 (土)

新ドラマチェック「ブルドクター」

お久しぶりです。

暫くテレビドラマは気に入ったものだけ見てたので、感想を書く事も無かったですが、とりあえず感想くらいは残そうかと。

で、テレビ欄に志田未来の名前を見つけたので見てみました。

そしたら、驚くほど似合わん濃い化粧w
んで、江角マキコ主演でしょ。
まさかのバーター…
かどうか?は、分かりませんがw

さて中身。
良くあるパターンのドラマで
物言わぬ死者の本当の死因推理ネタを軸に
保守と革新の対立を交えつつ展開。

で、日テレ的な分かり易い演出。

悪くは無いけど、格段優れても無い。

第一印象は、そんな感じ。

全般的に良い役者を揃えてるだけに、
記号的演出で芝居させるには
勿体無いです。
同じ脚本でフジや関テレだと、
全く違う芝居をさせるんでしょうけど。

☆☆☆★ 3.5ってところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

2010年夏新ドラマ期待値チェック

踊るに踊ってる間に明日から新ドラマ始まるって?
月9は、無理からに2時間で最終回。

ドタバタの中、夏ドラマチェックもしないと。

ツールも気になるし…もお、大忙し。仕事でもないけど。

では、早速曜日別に。

■月9「夏の恋は虹色に輝く」(CX)

はてさて…職業物もついに俳優か。
どうなんだろう?松潤と結子はん。
なんとなく、キムタクで予算オーバーしたしわ寄せ?
演出が謙作ちゃんってことで、ちょっと期待したいところですが。
うーんうーん。★★★

■火9「ジョーカー 許されざる捜査官」(CX)

なんだ?このタイトル(笑)。昼と夜2つの顔を持つ刑事が
主人公だそうです。演じるは堺雅人はん。
ま、達者なので演じ分けは大丈夫でやんしょ?
ただ…共同テレビ枠っていうのが気にかかる。
2クール連続、異色刑事物…という流れもどうかなあ…。
秋には、ドタバタ路線に戻るような予感も。。。
ってことでイマイチ期待してません(笑)。★★

■火10「逃亡弁護士」(関テレ/CX)

だからなんなんだ(笑)このタイトル。
逃亡者+寅さん?
でもサスペンスなのよね?シリアスなのよね?
上地は連ドラ初主演だそうで。。。
意外と芝居ウマいから…フタを開けてみないとわからん。
石原はんの鋭い目芝居にも期待かな。★★★☆

■水10「ホタルノヒカリ2」(日テレ)

もお3年も前なのか…。★評価は高くなかったものの、
結局最後まで見た…ってことは、面白かったってこと(笑)。
ま、落ち着いて見れるタイプのコメディでしたね。
今回も安心して見れるかな。ってことで★★★☆。

■木9「警視庁継続捜査班」(テレ朝)

これ…あのお…「ケイゾク」のパクリでっか?(笑)。
つーか、木村佳乃はんのワントップって…
めちゃめちゃ不安なんですけど。。。。
HP見ても他のキャストは発表されてないし。。。
なんとも…製作プロも泉…。いやこれは…。☆

■木10「GOLD」(CX)

はい出ました(笑)。研音ツイン…その1。
天海はん&反町。
演出河毛はん、脚本野島はん。
濃いなあ(笑)。なんとも濃い。
んで社会問題取り入れてるって。濃い。★★★
ボタン掛け違うとワチャチャな事になる危険性もありらん。

■木12「日本人の知らない日本語」(YTV/日テレ)

某OD3スタッフが異動した事で亀Pもわあわあ言うてた(笑)
ROBOTさん製作の作品ですな。
ま、枠的に好かん作品がずっと続いてるので、
たいして期待してません(爆)。仲ちゃんも
作品に恵まれないねえ…。☆

■金9「崖っぷちのエリー」(ABC/テレ朝)

なんかなあ。面子見ただけで展開が想像出来そう。
ドタバタするんやろな。特にコメント無し(笑)。☆

■金10「うぬぼれ刑事」(TBS)

クドカンで長瀬って…もお展開見えるやん(笑)。
ま、見る分には楽しめるんでしょうけど。
んで、数字良かったら、来年夏メドで映画化ちゃうん?
安定度はあるでしょうね。★★★☆

■金11「熱海の捜査官」(テレ朝)

これまた、なんちゅータイトル(笑)。
時効警察の空気でしょ。無茶するんでしょ。
小劇団の乗りでしょ。ま、この枠だから許されるけど。
テレビ雑誌相関図の松尾はんの写真が…なんじゃこりゃ!
★★

■土8「ハンマーセッション!」(TBS)

柳生さん主演かと思った(笑)。
今季2本目の研音ツイン。もこみち×未来。
二人共、このところ、いい芝居出来てるだけに
題材がもったいない。枠的にはお子様向けなんでしょうけど。
未来ちゃんも、えらい枠の常連になってもたな。☆

■土9「美丘~君といた日々」(日テレ)

吉高ちゃん連ドラ初主演か。やっと…いや、
演技派だから、下手な主演でわっしょいされるのは
どうだろう?んで、病の少女と青年の純愛って?
よくあるパターンなのよね。林君のほうが体弱そうに
見えてしまうのも、いかがなものか(笑)。
ベタ過ぎるからこそ、演出次第。★★

■日9「GM~踊れドクター」(TBS)

いや、踊るのは湾岸署だけで結構ですって(笑)。
んで、医者物も、もおしばらく結構ですって。
東は…ちょっと気になるけど。
どーして医者物の主人公は天才医師である必要があるんだろ?
ちょっとこの設定も飽きたけど。これも演出次第。★
ん?まさか劇中で東が踊るってか?

※前クールよりシリーズ物、続編も評価対象にしましたが
シニア向け、ベタサスペンス物、そしてNHK作品は
対象外のままです。悪しからず。

【まとめ】
連ドラ初主演…という作品が幾つか出てきましたが
実力ある役者を引っ張り上げた…というよりは、
苦しい台所事情の中、ギャラの安い段階で
先に唾を付けた…という印象があったり。。。。。。
そして、ココ数年の傾向通り、脇役がローテーション化。
見たような並びばっかりです。
いっその事、1クールじゃなく、アメリカのように延々と
続けりゃいいのにね。変なの。
そして…
TV雑誌では「個性派脚本家」勢ぞろい…という表現で
盛り上げてますが、果たして成果につながるのか?
ツイッタードラマの一件もある通り、過去にヒットした人が
必ず結果を出す…とも限らないわけですよ。
さらに…
一時、下火になっていた漫画、小説原作ものの多い事。

これらの事情から見えるのは、
いよいよ現場の台所事情が厳しくなってきている…
安全牌傾向が、TV離れ、ドラマ離れを誘引しない事を
祈るばかりです。

いよいよ明日から新ドラマ開始。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

2010年第2期ドラマ各賞発表

このブログ、すっかりドラマねたばかりになっていますw

ただ、来週になると「踊る大捜査線3」公開があるので

まだ終了してない作品もありますが、結果は見えてる(爆)ので…

さっさと発表しちゃいますww

では…


続きを読む "2010年第2期ドラマ各賞発表"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

2010年第2期ドラマランク確定版

もお、あれこれ言わず、データのみ!

1位  Mother(日テレ)         24.0点(★★★★★)
2位  新参者(TBS)            19.0点(★★★★)
3位  怪物くん(日テレ)          17.0点(★★★☆)
4位  絶対零度(CX)             16.0点(★★★)
5位  臨場(テレ朝)              16.0点(★★★)
6位  月の恋人~Moon Lovers(CX)   15.0点(★★★)
7位  同窓会(テレ朝)             15.0点(★★★)
8位  警部補矢部謙三(テレ朝)       13.0点(★★☆)
9位  ハガネの女(テレ朝)          12.5点(★★☆)
10位  素直になれなくて(CX)         12.5点(★★☆)
11位  チームバチスタ2(関テレ/CX)    12.0点(★★☆)
12位 警視庁失踪人捜査課(ABC/テレ朝)11.5点(★★)
13位 タンブリング(TBS)           10.0点(★★)
14位 ヤンキー君とメガネちゃん(TBS)    7.0点(★☆)
15位 女帝薫子(テレ朝)             4.5点(★)
16位 プロゴルファー花(YTV/日テレ)    4.0点(☆)

気付けば、6月。もう数週で、最終回の時期になっちゃいました。
とりあえず、夏期は…更新を遅れないようにせねば汗。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち16<ハガネの女

これって、いつを最終回にするつもり??

つーか矢部が”つなぎ”だったのか?
打ち切りなのか?

まあ、漫画原作なので、リアリティがある訳も無く、
その分を差し引いて見ないと、途中で辛くなる。

今の子は、夜11時って、ちゃんと寝てるんかな?

これ見たら、たぶん、相当ダメ出しされるんちゃうかな?

結局、幾ら頑張っても、大人のフィルターを通した子供でしか
無い訳で、その大人に演出された子役な訳で…
最強の子役キャスティングで達者な連中総攻撃な訳で
ある意味、大人の視聴者が…丸めこまれるわな。

そんな脚本ながら…吉瀬さんが…
すごい。

スッピン&スウェットから
子供と真正面に向き合う、
さらに、バリバリのスーツ&化粧…フルコースでした。

いつの間に、ココまで芝居の幅が広がったのか?驚き。

といっても…
小学校ものとしては「女王」ファンから見れば…
なんとも、もどかしい作品であることは確かな訳です。

脚本 ★☆
演出 ★★
演技 ★★★★
撮影 ★★★
印象度 ★★
総合…12.5点(★★☆)暫定9位。っていうか、これ最終作品か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち15<月の恋人~Moon Lovers

なんとまあ…1か月ぶりの更新。

もお、実質、機能してません。すいません。

っていうか、クールずらすのは、止めてくれんかな。

製作費というかギャラが高騰するから、
回数減らしてるんでしょうが…
見る方の事、考えないのかね。

ま、いかにも月9的で、スタイリッシュな第1話でしたが
金掛けて、海外ロケして、高い役者使えば、
それなりに良く見えるもんですわな。

第2話で、日本の風景になった途端、普通の画でしたもんww

脚本 ★★★
演出 ★★★
演技 ★★★
撮影 ★★★
印象度 ★★★
総合…15.0点(★★★)

そう。オール星3つww 可もなく不可もなく。
キムタクはキムタク。暫定6位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

2010年第2期ドラマランク(第1話終了時点暫定版)

キムタクの月9を残して…と思ったら
矢部謙三が来週終わって、金11も新しいのが
入ってくるのですな。ってことで2作品を残しての、
現在の順位は以下の通りです。

1位  Mother(日テレ)         24.0点(★★★★★)
2位  新参者(TBS)            19.0点(★★★★)
3位  怪物くん(日テレ)          17.0点(★★★☆)
4位  絶対零度(CX)             16.0点(★★★)
5位  臨場(テレ朝)              16.0点(★★★)
6位  同窓会(テレ朝)             15.0点(★★★)
7位  警部補矢部謙三(テレ朝)       13.0点(★★☆)
8位  素直になれなくて(CX)         12.5点(★★☆)
9位  チームバチスタ2(関テレ/CX)    12.0点(★★☆)
10位 警視庁失踪人捜査課(ABC/テレ朝)11.5点(★★)
11位 タンブリング(TBS)           10.0点(★★)
12位 ヤンキー君とメガネちゃん(TBS)    7.0点(★☆)
13位 女帝薫子(テレ朝)             4.5点(★)
14位 プロゴルファー花(YTV/日テレ)    4.0点(☆)

ってことで、各社、力の入れ具合でバラけた印象です。
何よりも、日テレのドラマへの力の入れ方が
少数精鋭的でなかなか。逆に、TBSのムラが
気になります。
また、大阪局制作3本がしんどい。
特に木12枠が毎回レベルが低くて残念。

さあ、残る月9は…どこへ入って来るか?
楽しみに、月曜の夜を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち14<ヤンキー君とメガネちゃん

TBSは…どーしてわざわざ、こういう題材で
ドラマ作るの?
高校生が喫煙するシーン出して
ラストで注意書き出すくらいなら、やめればいいのに(苦笑)。

つーか、成宮の学生役は無理あるやろがいな。

そもそも…人気漫画を原作にするのん、
そろそろ、やめませんか?
漫画をアニメにしても、その世界観があれば見れますけど
実写化、それもハイビジョンで見せるには、もお、
題材として向いてないと思うんですわ。
高精細な画面でデフォルメした演出は目も当てられん。

言いたい事は悪く無いんですけどね…
高校生が見て、共感を得る事が出来るのかどうか?
全体的に稚拙と言わざるを得んです。

脚本 ★
演出 ★
演技 ★★☆
撮影 ★★☆
印象度(☆)星無し
総合…7点(★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち13<警視庁失踪人捜査課

いや、やっぱり…ドラマの基本は脚本ですなあ。

あっちに、こっちに、アラありまくり。穴ありまくり。

でも、役者陣と現場が踏ん張って
作品のクオリティを必死に上げておりますよ。

んで役者陣の使い方の贅沢な事。
北村はんに、小日向はんに、えんけんはん。
なんちゅう贅沢なメンバー(涙)。もったいない…。
エロ一樹も、もちろんいい芝居してますけどね(笑)。

脚本 ★
演出 ★★
演技 ★★★
撮影 ★★★☆
印象度 ★★
総合…11.5点(★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち12<プロゴルファー花

生理的に受け付けない人って…いますわな。

それが、福田はんです。

脚本・演出兼任でしょ。

余計ダメ。

なんなのかな?
ローサはんも、笑いのセンスは結構あるはずなのに
福田はんの手に掛かるとダメダメ。

笑いは「間」なのに…
舞台でよくわかってるはずなのに…なんで??


1つ推測…
舞台って、お客さんがいるでしょ。
その笑いの時間を計算して…セリフが埋もれないように
間を取ってる…
それがドラマにも活かされてしまってるのでは?

ま、チェック済んだら後は見ないからええけど(笑)。

脚本(☆)星無し
演出(☆)星無し
演技 ★★(※特に石黒はんの力の入れ方に1個サービス)
撮影 ★★
印象度(☆)星無し
総合…4点(★)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧