文化・芸術

2008年8月30日 (土)

観劇…戸惑いの日曜日

中澤裕子さんがゲストに来てくれたって事で、

鮭茶漬持って、りゅーとぴあに行きました。

ブログ見ると…5時半の投稿で既に帰路…
はやっ!)

さてと…
どんな芝居か?は…こちらをどうぞ↓
サンシャイン劇場HP内:作品紹介

三谷テイスト…正直嫌いなんですが、
第1幕のドタバタぶりには笑ってしまいました。

さらに言えば、B作さんの芝居も嫌い(爆)
なんですが、今回、B作さんの役を升さんが
やってまして、これもいい。
なんといっても西郷さんのドッシリ感と、
真子さんの素ボケ芝居が最高。
「動」の1幕に比べて、
セリフ回しメインの2幕で…
ドタバタ劇にある種のヒューマンを
取り入れてまして、
見終わった後の心地良さが、
”いい着地点”でした。

もお十何年も前から続く作品だそうですが
続くだけの事はあります。

早速あさってから東京公演
主役がB作さんじゃなくて、疑問符付けてる
ファンの方、ご安心下さい。

ちなみに…
ラストの方で、慶四郎師匠が下手へハケる場面で
突然B作さんが乱入するハプニング”演出”が
ありまして…ラッキーでした。
慶四郎師匠の松竹新喜劇時代にお馴染みだった
素の噴き出しぶり、西郷はんの苦笑…
升さんの戸惑い…
わずかな時間でしたが、
エエもん、見せてもらいました。

「戸惑いの日曜日」で検索掛けたら…
こんなブログ発見↓
西郷輝彦のつぶやき

初日のお祓いの様子の写真が載ってました。
文章が関西弁で、妙に親しみやすい。
そうでっか、関西でしたか。
今日の終演後のアフタートークでも、
一箇所だけ、ポロっとそんな語尾が出てましたので
「おや?」っと思ったんですが、そーですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

長塚圭史作「Sisters」新潟公演

雨、降るっちゅうてたから、
今日はバス移動にしてたのに…
ま、ええか。

午前中、県立図書館へ本を返却に行き、
午後、りゅーとぴあへ向かいました。

以前からチェック入れてた「生」松たか子芝居を
見るチャンス!楽しみにしておりました。

ただ…長塚圭史作・演出…ってことで、
以前、美紀ぴょん出演の「桜飛沫」を同じ
りゅーとぴあで観たので、
結構、クセがありそうな予感。。。。

2時。ほぼオンタイムで開演。
4時半終演だったので、約2時間半、休憩無しの
ノンストップ…一切中弛み無しで見応えありました。

松さん…やっぱすげ!

続きを読む "長塚圭史作「Sisters」新潟公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

ミュージカル見てェ~!

さっき、たまたまBSを見たら…
トニー賞授賞式2008」をやってました。

やっぱり本場NYブロードウェイの
役者さんたちは貫禄が違いますな。

賞の発表の合間に披露される
さまざまな作品のハイライトを観てると、
そのパフォーマンスに圧倒されました。

中でも、ヒスパニック系の人々を描いた
インザハイツ」…ラテンを取り入れた音楽は
ノリも良く、すごくワクワクしました。

と、思ったら、最後のミュージカル作品賞で
見事受賞!
ブロードウェイブレンドというHPで
最新の観客動員率が出てますが…99.6%!

こりゃTKTSには回って来ませんな…。

んんん、1回見てみたい。。。。

そのうち四季でも、カバーするんでしょうが
あのラテンのノリは、日本人には
なかなか再現でけへんやろな…

NY行きてえ。ブロードウェイで見てェ!

といってますが…
一度、ブロードウェイで見たのは
「キャッツ」だったりするのです(恥)。
あれ、深いストーリー無くて見やすかったのだ。
ま、ロングラン終了直前だったので、
良かったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

やっつけ帽子デザイン

いやあ…ニットキャップカップ

ずっと、ほったらかしで、
来週月曜、作品提出締め切り…
ってことで、今朝、慌てて
データを作成、メール返送しました。

このニットキャップカップは、
新潟:栃尾の白倉ニットの息子さんが
企画したイベントで、プロアマ問わず
独自のニットキャップをデザインしよう…
というものです。

9月頭には…東京で、全作品を展示して
投票するイベントも行い、選ばれた
50作品をウェブショップ上で販売、
売り上げ1位=優勝…となります。

すでにエントリーは締切りとなって
あとは作品提出のみ…です。

タテは…どーだろ?
間に合うかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

美紀ぴょん新潟来るのね

マクベスに行った時、たんまりもらったチラシの中に1枚…
水野美紀の文字を発見。

「ワンマンショー」
作・演出 倉持裕
出演   小島聖、水野美紀、長谷川朝晴(他)
2007年6月26日(火)りゅーとぴあ劇場
19:00開演 全席指定5000円
一般発売…5月17日(木)

わちゃー。火曜か…。
今回は無理かな…。

チケットぴあ紹介ページ

東京か大阪しかないかな…。
ん~。

ちなみに「628DRIVE」には、
まだ出てないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能楽堂「マクベス07」

昨日、楽日を迎えた…
「りゅーとぴあ能楽堂シェークスピアシリーズ~マクベス07」…
金曜(2日目)を拝見致しました。

昨年は「オセロー」を見たんですが、
橋掛かりの横だったので、正面から見るのは今回が初めて。
能楽堂独特の雰囲気…前より何故か緊張しました。
役者との身近さを感じるのもありますが
普通の劇場よりも「対面」感が高いからでしょうか。

パンフを見てると…昨年や初回とは
演出も衣装もフルモデルチェンジしてるんですね。
詳しくは、まだ東京など他会場もあるので、
差し控えます。

いやあ、それにしても面白い。
書き割りさえも無い舞台なので、
シェークスピアの「くどい」説明台詞も
違和感なく聞けるし、
逆に想像の手助けになります。

かつて、イギリスで演じられた時も
能舞台のような「何もない」舞台を
使った…というのが、よくわかるし、
庶民のエンタメだった…
というのも実感できました。

落語家が一人の所作だけで表現
するのと、共通感もあります。

正面向きが…くるりと回転するだけで
空間も時間も超越する!
映画以上にエキサイティングです。

「オセロー」に比べると、
緊張を緩和させる部分がほとんど無いですが…
その分、ストーリーの展開も速くて、
翻弄される主人公に意識を集中できました。

市川右近さん…もっと歌舞伎臭いか?
と思いましたが、テンポの良い台詞まわしで
マイク無しでもハッキリ聞こえてナイスでした。
そして、市川笑也さん
渡鬼の沢田雅美以上に(笑)
憎たらしい「おばはん」=マクベス夫人役を
表情豊かに演じておられましたわ。
個人的にはオセローの時より、
こっちの芝居のほうが好きかも。

しかし…主役を食う存在感は、
やっぱり谷田のアニキ。
ギラっとした目をさせたら天下一品ですわ。
こわいこわい(笑)。
こんな人暗殺したら…(爆)。

で、前回と全く違う(はず)魔女っ子6人。
オセローの際は、完全にBGM担当でしたが
今作では、要所要所で前に出てくるので
芝居も見れました。
子憎たらしい表情がまたカワイイ(爆)。
メイクきつくて(カツラもお揃いだし)、
ハッキリ見分け付かなかったんですが…
一番上手の太鼓の子、お気に入り(笑)。

えー…。
忘れてた訳では無いですが…藤間紫さん。
寅さんの笠智衆のような存在感。
松の絵の前で立つだけでも「すごみ」がありました。
照明さんとの息もピッタリでしたし(笑)。

いやあ、一般のシェークスピア劇とも
ちゃんと見比べないとダメですね。
たぶん、シンプルな栗田シェークスピアのほうが
自分には合ってるだろうけど…。

役者スタッフの皆様、
まずは新潟公演お疲れ様でした。

裏方さん(株・メジャーリーグスタッフ)のブログ

追加…
おっと。知りませんでしたが…
前回までとは音楽も違うんですね。
以前は、宮川彬良さん担当の
ピアノ演奏だったそうな。
今回は、魔女太鼓です。あの子たち…
パーカッショングループとしてライブやっても
上手いんちゃうかな?
ガールズバンドも面白いかも?
芝居も出来る新潟発ガールズバンド…
ごめん。妄想でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)