« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »

2010年3月28日 - 2010年4月3日

2010年3月28日 (日)

新ドラマ峰打ち① 素直になれなくて

事前の噂通り、実際ツイッターを活用している人間にとって、
大変苦痛…というか、不快なドラマでした。

いや。言い方が正しく無いですね。 不快な脚本でした…です。

役者の芝居は、素晴らしい表現ですし、演出も丁寧です。

特に撮影、照明、編集は、とても良く仕事されています。

ただ…唯一いちゃもんつける対象が脚本。

具体的に言うと…

出会いと、恋と、恋愛や友情、その中でのすれ違い、誤解、和解…苦悩。

そういった要素は、時代に関わらず、共通の要素であり、
転がし方は、視聴者を揺さぶるテクニックです。

北川さんの狙いは、
ツイッターという最新のメディアを題材にする事で、
所謂トレンディテイストを出し、興味を集める…
という事であり、物語の発端、ベースに置こうとするものです。

ただ、その根底にあるのが、
実社会とは別の、バーチャルな社会への否定的な考えである事が、
素直になれなくて…というタイトルと、
中盤で描かれる登場人物たちの実社会での苦悩に描かれています。

しかし、急速に成長を続けるツイッターにおいて、
その認識自体が、大きくずれている事は、
今夜放送中、タイムライン上で繰り広げられた批判、
失笑の嵐で明らかです。

鉃道の描写に対する鉃道ファンのツッコミ等とは、
明らかに性質の違う意見…

これを、作り手側がどう捉えるか?今後のストーリー展開が気になります。

もっと言うなら、
安易なヒット狙いのパターン展開で、こなす執筆だけでは、
視聴者は付いて来ない…
21世紀のテレビドラマの視聴者は目が肥えています。

もっと綿密な取材で題材の本質を捉える努力をしないと…。

脚本  (☆)星無し
演出   ★★★☆
演技   ★★★★
撮影   ★★★★
印象度   ★
総合   12.5点(★★☆)

全部、北川さんのせい笑。

どれだけ現場が頑張っても、ホンがダメだと…残念。

【補筆】
昨夜、iPhoneから打ったら改行出来てなかったので
修正しました。

しょうもない事ですが…
御大=北川さんくらいになると、
現場もみんな年下で、モノが言えない状況でしょう。

ココは、Pはしっかりしてもらわないと…

しっかりと軌道修正して頂きたい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »