« ドラマ批評について…ひとこと | トップページ | 新ドラマ峰打ち8<左目探偵EYE »

2010年1月24日 (日)

新ドラマ峰打ち7<ヤマトナデシコ七変化

いやあ…この頃、バタバタしてて(謎)、
たいして興味無い作品は放ってました。

なんか前宣伝だけでも、ドーってこと無さげでしたが

予想通りでした。

まあ絢ちゃんは、なかなかのボケ芝居ぶりで
面白いっちゃあオモシロいんですけど…

スターダストさんも、仕事選んであげればいいのに…。

それにしてもTBSさんも、あざといドラマ作ったもんです。

ま、ジャニ企画に乗っかったんでしょうけど。

1つ”だけ”評価するとしたら…撮影チーム。
男前をカッコよく、
スナコの不気味さを、ホラーっぽく…
大変美しい映像を撮ってらっしゃいます。
特に照明チームの仕事は逸品。

漣さんの喫茶店の色合いとか、スナコの部屋の
ローソクの赤っぽい色とか…
下宿の応接間の夕景での逆光の肌の色合いとか…
よく表現できてました。
ってことで…

脚本 ☆
演出 ★★
演技 ★★★
撮影 ★★★★☆
印象度 ★☆
総合…11.5点(★★)

それはそうと…亀梨くんは、どー見ても、
若い頃のキムタクを意識してるでしょ。
仕草とか、芝居自体も。
でしょ。

ま、ええけど。

|

« ドラマ批評について…ひとこと | トップページ | 新ドラマ峰打ち8<左目探偵EYE »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/33112756

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち7<ヤマトナデシコ七変化:

« ドラマ批評について…ひとこと | トップページ | 新ドラマ峰打ち8<左目探偵EYE »