« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月24日 - 2009年5月30日

2009年5月30日 (土)

さらばどぶろぐ

NTTデータのおわび文

ついに今日が終幕の日。

と思って、飛んでみたら、まだ繋がったので
一言吐き捨ててやりました(笑)。

もお二度とNTTデータと付き合う事は無いやろね。

もうひとこと…バルス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝ち組負け組

今の状況(ラーメン博サイトより)

渡なべは、すでに終了。
って、昨日も早かったですが、
そんなひどい行列無かったから、
準備してる量が少ないんでしょう。
なんか、盛り上がらない店ですなあ。

さて…今回も、長い行列は、どんどん長く、
暇な店は…常にヒマ。
客を呼び込む声に悲壮感が漂います。

今回、特に気になったのが…
両サイドに長蛇の列が出来ているミサ。
上越の味噌ラーメンの老舗です。
今回、史上最多のコラボ店続出の中、
独自出店を貫いて4回目皆勤賞のミサですが
結局、いつもと同じでは”芸が無い”という事…
でしょう。

第1回なんかは、すごい長い行列が印象的でした。
当時は、市内や近郊の店が閑古鳥でした。
「普段食べれるから、今日はいいや」という心理が
働いた結果でしょう。
逆に上越方面からの出店は「この機会に!」という
思いが行列を作らせたと思います。

回を重ね…試行錯誤の片山アイデアで、
史上最多のコラボ出店となったのも、そういった
来場客の心理への誘導で、出店するからには
お店にも喜んでもらおう…という意識から。
しかし、フタを開けると
そこには、やっぱり勝ち組と負け組が出てきた。

ただ言えるのは…
列が長いからって美味い訳じゃないし、
列が短くても、美味いラーメンはあります。
しかし、誘導”されてしまう”新潟人心理が
勝ち組と負け組の格差を拡大してしまってる…
と思われます。

ココだけでしか食べれない!
斬新なアイデア!
今までに無い味!
食べて感動できる!

いろんな刺激が、まんべんなく各店あるはずですが
差が出る…というのは、何故なのか??

たとえばミサの場合…
お店と同じオリジナルのおいしさを持ってきたはずで、
自信もあったはずで…でも、毎年来場する人たちには
新鮮味が無い、刺激が無い…
というのは、よく解かります。

注目のコラボ店なのに寂しい店は??
ほうとくの人気ぶりを観察してみると…
理屈じゃない第一印象が大事なのかも知れません。
だって…ほうとくの場合、普通の醤油ラーメンでしたもん。
そこへ巨大な焼豚の写真がドーン!と見せられると
やっぱり気になります。

逆にその隣の「あづまや」さんは…
素材にはこだわって、コシヒカリ麺を使用してたりしますが
ビジュアル的には、麺だけの鉢と、つけスープだけの鉢…
というつけめん。
見た目のインパクトが弱い訳です。
ほうとくの列に並ぶ40分間に観察してると
オプションの炙りネギにバーナーを当てる様子が
面白かった…そしてそれが麺の上にどかっと乗ってるのも
驚きがあった。
でも、オプション。

そのへんの「心理戦」こそ、
勝ち組と負け組の分かれ目なんでしょう。

こだわりは捨てちゃいけない。
老舗の伝統も大事。
通をうならせる”見えない”努力も大事。
でも、マーケティング的な刺激ある戦略も必要。
なんだか…
商売の生々しい現実を見せられた…そんな経験でした。

果たして、今日=2日目後半、そして明日=最終日は
どーなるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第4回新潟ラーメン博

やっぱり1日2杯までやなあ…。

お昼過ぎ…MOSの片山さん電話出演聞きながら
帰宅してきました。

とりあえず、午後から入場したら…どこもかしこも
行列。覚悟して行かないとダメですな。
ラーメンブースだけでなく、WEEKの景品ブースに
ダムズの抽選ブース、そして「おかわりチケット」の
券売機も行列、そして、食べかすの処理にも
行列出来てましたわ。

朝イチに並んで入場して、お目当てのブースへ行く前に
「おかわり券」を購入して、できれば…ドリンクも
先にボトル1本ゲットしてから1軒目に並ぶべし。
(といっても、あと1日ですが…)

さて…今回2日連続計4杯食ったので、レポートは下っ!

続きを読む "第4回新潟ラーメン博"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2杯目

2杯目
Going宝来軒のミソストローネ808withSなる創作麺。詳しくは帰宅後執筆しますが、こりゃ美味い。
何よりも、フリョウノウミン曽我さんちのトマトが甘くて濃いっ。輪切りひと切れを大事に味わいました。んま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン博2日目

ラーメン博2日目
一杯目は40分待ってほうとく!
炙りチャーシューのインパクト一発でした。
それより厨房に板尾創路そっくりの兄ちゃんいたよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

ラーメン博

ラーメン博
ごちそうさまでしたっ。朝から出勤前に2杯。
初日朝イチから、例年通り人気に差がでてます。一番ブースの我武者羅と4番ブースのほうとくがダントツです。
なかなか人気を得るのは難しそうですな。
ちなみに、自分が食べたのは、毎年恒例なおじさんちと、潤洵。いずれも塩ベースのあっさり。
とりあえず今日はここまでかな。

【補筆】

さっきケータイサイトで見たら、ほうとくは1時間待ちだって。

明日は大変ですぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

モンベル「クイックキャリー」

今回の佐渡ロングライド…

結局、帰路ではS君運転のポート号便乗だったので、
輪行袋をかついで船に乗り込む事は無かったんですが、

往路は前々乗りにしたので、
両方のフェリー乗り場で、ばらしと組立てを経験しまして…

いやあ、4月の記事で紹介した
モンベルの輪行袋…
コンパクトリンコウバッグ”クイックキャリー
やっぱり便利でしたわ。

前輪をはずしてバーに固定して
あとは上から袋をかぶせて、紐を引っ張るだけ。
4月の時点では、最後、
後輪をすっぽりかぶせるのに苦労しましたが
チャリを倒してしまえば、きゅっと絞れました。

ただ…どなたかブログで書いてるのを見ましたが、
生地が”薄い”んですわ。
なので、やっぱり簡易式。
ま、それでも帰りのフェリーの中でも、
何個か…クイックキャリー、見かけました。

全ばらしの人も、
こっちのコンパクトリンコウバッグ、いいですよ~。

ま、あとは…MTBの重さですわ(苦笑)。
肩痛い、重いっ!

あ。思い出した。

洗ってなかった(苦笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち(時期はずれ)<Mr.Brain

また時期はずしてきやがった。キムタク~。

さて…以前も書きましたが、
キムタクは達者なのですが、どの役も、
キムタクが役に合わせるのではなく、どの役も、
キムタクになっちゃうのですねえ。

ま、それはさておき…
蒔田さんの脚本、やっぱりエエわあ。
話の転がしが見事。見てて「あ、なるほどね」「そうか!」という
視聴者への刺激と頃合いが絶妙です。

んで、鶴瓶さんにも言われてた”ジャイ”こと監督の福澤はん。
なんともビックリなセットを作ってしまいましたねえ。
踊るとの差別化なのか…
警視庁の造りは、おもいっきりレトロな建物を使用してて、
捜査会議の大部屋にしても、研究所にしても
照明落とし気味。
このへんは個人的好みなのか?
確か…「華麗なる一族」の際も、そうでした。
あ。
ジャイはんといえば、ハイビジョン映像、そのまま使いますなあ。
「華麗なる一族」の際も感じたんですが…
ハイビジョン画質って、セットが多いと、
生々しい分、ヘタすると安っぽく見えてしまいます。
逆に、フィルターかけて映画っぽくすると、ちょっと深みが出て
物語的異質感というか味わいが出てきます。

このへん「ブラッディマンデイ」を見ると、その効果がよく
出てたりするんですが…
ジャイはんは、そうはしないんですねえ。
生々しいまんまの映像。
確かにCG合成の脳みそ立体映像部分などは、
リアルなんですが、冒頭の爆弾場面とかは…
ちょっと嘘っぽく見えたりした。

ま、監督の意図なんでしょうね。

脚本 ★★★☆
演出 ★★★☆
演技 ★★★
撮影 ★★★★
印象度 ★★★★☆
総合…18.5点(★★★☆)

点数的には、平均ですが…見てて楽しいし、快感があるし、
キムタクの存在感も、脇役陣の存在感もあるし、
土8枠のクオリティUPには、貢献するんじゃないかな。
リアリティは無くても、見てて面白いし、
見てて納得出来るので、
週末の浅い時間という枠性格上、なかなか好感持てます。
そのへんが、印象度★4つ半になったって事です。はい。

ただ…克也さんは克也さんですわな。
あの風貌、あの声…ベストヒットUSA(苦笑)。

そういう意味では、マル暴の海老蔵が一番存在感あったかも。

さて…この作品の評価は…春ドラマにすべきなのか?
夏ドラマのトップバッターと位置づけるべきなのか?
思案しますなあ…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »