« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月15日 - 2009年3月21日

2009年3月21日 (土)

NHK「テレビの、これから」②

えーっと…

言っていいのか悪いのか?(苦笑)

実は、この番組「出ませんか?」って
誘われてたんですが…日曜朝の番組の人事異動などで
手が離せないし、ラジオ屋という立場もあるので、
辞退させてもらってました。

んで、今日は生でじっくり(ちょっとブログ書いてましたが)
視聴してました。

いやあ…藤やんやABC松本はんに会いたかったなあ(笑)。

これから打ち上げとか、あるんやろか?(謎)

んなこた、どーでもええ。

いやあ、NHKなんで、日曜討論のように
筋書き通りに進める番組やろな…と推測してたんですが
いやいや、どうして。

結構、リアルに、言わせてましたな。

んで、三宅はんも、筋は押さえつつ、
自由に言わせてましたな。司会、お見事。

さっき言ったように、
NHK側からお誘いあった際、事前にいろいろ
HPのフォームから意見を述べさせてもらったんですが
結構、ドライに批判してたんですわ。

今日の放送を見てたら、結構偏った意見だったのが
判りました。
視聴者代表の皆さんのキャスティングも
バランスが良かったんでしょうが、
いろんな立場の人たちの、いろんな意見が聞けたし、
正面に座ってた(TVの現場じゃない)人たちの話も
興味深かったです。

特に、糸井さんの発言には、脱帽。

ネットとTV(TV離れ)のパートでは
”今まではTV漬け過ぎたのであって、
「見なくなった」のは、元に戻った”とか、
オンデマンドのパートで、藤やんの発言の後(下記参照)
”人は…他人と「同じ体験」する事で安心するもの”とか、
エンディングの”TVは「あってもいい」存在”…
というのは、ちょっと「はっ」とさせられましたわ。

あと、藤やんが…オンデマンドの話題の際、
「TVは、同時に見るから、みんな共通の話題になる」
というのも、納得しました。
まあ、どうでしょうを思い出したから余計、
そう思ったんですが…。

予想外に、有意義な時間を過ごせました。

トトロはん、お疲れ様でした。

黒部ダムは見れなかったけど(苦笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NHK「テレビの、これから」①

いやあ、意外と突っ込んでますなあ。

感想、批評は第2部が終わってから述べるとして…

左半分…制作サイドの出演者、いい面子ですなあ。

なんとまあ藤やんとナイトスクープの松本はんが
隣どおしで並んでるのに感激!

フジのきくちはんも…いいですねえ。
相棒の松本Pは…照れすぎ(笑)。
ガイアのPも出てますな。あの番組はイイ。
んで、鶴間はん、出てますやん。
ラジオはアメリカンですなあ。欽ちゃんですなあ。

ってことで、もっと毒のある番組の制作陣も
呼んで欲しかったなあ。右側の視聴者メンバーから
集中砲火浴びてほしかったなあ。

それはそうと…

藤やん、だいぶ痩せたね。
首元、すごくすっきりしてるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

総合がFMを表現できるか<NHKプレミアム10「FMに愛をこめて」

小野アナが司会という時点で「?」でしたが…

何よりも、どーしてアルフィーなのよ?

アーティスト出すからタイアップで
歌わせないとダメでしょーが。

あれで15分程度は取られてたでしょ。
んで、音質がいいならまだしも…。

いやはや。

っていうか、この企画には無理があったと思いますよ。

NHK-FMでポップス、ロックに絞る時点で無理がある。

半分以上の時間は、クラシックとか邦楽(古典的なほうね)でしょ。

で、進行を見てると…
ジョンカビラ氏をゲストに迎えたり、
ジェットストリームの音源を紹介したり…
FM界全体を見つめるのか?と思えば、
そんな…業界的な動きは、ほとんど無く…
んで、FMの事をトークしてるのに、
どう聞いても…AM的だったり深夜ラジオの話が出たり…

途中でコミュニティFMの事が出てきたり…

志向性が大変曖昧なまま、最後も
アルフィーのスタジオライブで終わってしまって。

何を表現したいのか?最後まで曖昧で
奇妙な特番でした。

本当に、NHK-FMの40年を語るなら…
ラジオスタジオに小さいカメラを持ち込んで
DJスタイルでやるべきで、
音楽を流すなら…PVや、CD音声に時代の映像を
合わせるだけでいいんです。
過去の放送音源をたっぷり流すとか…。
FM黎明期の裏話とか…。
さらに言うなら、土曜のリクエストアワーの
各局の名物アナを振り返るとか…
手法は色々あったはず。

今夜の放送では、これまでリスナーだった人…
というより普段ラジオを聞かない人への
基礎講座の、それも”さわり”としか思えず…
アルフィーが、NHK-FMを支えた(?)ように
思われてしまうのでは???

で、FM全体を振り返るなら
F東やJWAVEなど各局を紹介したり、
今ある課題を出したり…(ま、専門的過ぎるけど)…
たとえば、ヘビロ(パワープレイ)のシステムとか
FM雑誌の衰退の一因として、
第2FM開局ブーム以降の、曲繋ぎ、
DJイントロしゃべり…というスタイルの流行とかも
あることも出さないとだめだし。

エンディングで、ラジオDJとリスナーの距離の近さとか
語ってましたが…それってFMに限った事じゃないし、
NHK-FMが、それを徹底できてるかっていうのも
「?」ですし。。。

結局、この企画は…総合というよりは教育とか
BSでこそやるべき特番だったんじゃないですか?


ん?今、総合で番宣やってますが、次の朝ドラで
コミュニティFMが題材の1つになるんですか。
んで、あんなコーナーがあったのね。

なんだそりゃ。

我々のような県域よりも広く、全国的なマスの放送を
しているNHKが、どーして地域密着のFMを紹介
するのか?…やっとわかりましたわ。

はてさて…
実際のNHK-FMの現場の人たちが今夜の特番を見て
納得したのか?…聞いてみたいところですわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こんなん来ますけど~<映画「鴨川ホルモー」

そういえば…大阪時代、よく配給会社の試写室で

寝てるH村さん、見たっけ…。

それはさておき…

来週、新潟で映画のキャンペーンがありまして…

役者さんたちがやってきます。

その映画が「鴨川ホルモー」。

「鹿男あをによし」の万城目さんデビュー小説の
映画化です。

ひと足早く、拝見しましたが…

これがまあ。ははっはは。ええわ。
真面目にアホやると、おもろいわ。

何よりも、オール京都ロケ&京都の撮影所で
撮ってるんで、すごくリアルなんですな。

「鹿男~」の際は、ロボット制御の鹿を使ってて、
ちょっと醒めましたが…今回はGONZO制作の
CGなので、これがまた…
実写とのマッチングが最高にいい。

奇想天外でアホな話のはずなのに、
いつの間にか…すっかりハマってまして、
見終わってからの爽快感もいい。

なんというか…
学生時代の、なんとも言えない独特の空気感を
思い出す…青春映画の秀作と言えそうです。

とりあえず…26(木)が新潟CP。

なんとポートのスタジオに4名様、お通しです。
ってことはオニは400匹(笑)。
んもー、ゲロンチョリー!!

 鴨川ホルモー 鴨川ホルモー
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

2009年第1期ドラマ各賞発表

まだ最終回を迎えていないものもありますが
もお、結果は出てる(自分の中でね)ので、
やっちゃいます。時間がある時に…(笑)。

今回は、いい作品と悪い作品…その分布が
まんべんなく…ある…という、いいのか悪いのか?
バランスの取れたラインナップになりました。

単純にクオリティが高いとか悪いという部分でなく
その枠、視聴者ターゲットに合ってるかどうか…
という意味でも意味のあるシーズンだったかも
知れませんね。
特に評価対象外の続編でしたが…
「特命係長只野仁」は、ゴールデンに上げた分
これまでの視聴者層から離れるとともに、
過激さを出せずに失敗した…という意味で
代表的な例になりました。

一方…過激すぎて、枠レギュラースポンサーが
どんどん退き、最終回はコカコーラ1社のみ…
となった「銭ゲバ」は…民放ドラマの難しさを
実感せずには、いられない…本当の意味で
”トライアングル”(局:視聴者:企業)を
感じてしまいました。

第1話終了時点でのランキング

それでは…各賞発表。(もちろん独断)

主演男優賞 松山ケンイチ(銭ゲバ)
主演女優賞 南沢奈央(赤い糸)
助演男優賞 小日向文世(トライアングル) 
助演女優賞 ミムラ(銭ゲバ)
新人賞    (該当者無し)
◆特別新人賞 加藤清史郎(天地人:与六)

演出賞    大谷太郎(銭ゲバ)
脚本賞    水橋文美江(トライアングル)
撮影賞    「銭ゲバ」 
編集賞    「銭ゲバ」
効果賞    「メイちゃんの執事」
企画賞    「銭ゲバ」
主題歌賞   HY「366日」(赤い糸)
        ロッカトレンチ「My Sunshine」(メイちゃんの執事)
音楽賞    金子隆博(銭ゲバ)

作品賞    「トライアングル」

んんん…悩みましたなあ。
個人的には「トライアングル」「銭ゲバ」「VOICE」が3トップ。
どれを作品賞にするか?は、難しいところですが
「銭ゲバ」の場合、例の…3つのバランスが崩れた面で
1ポイントマイナスでしたね。
「VOICE」は、毎回、いい話で涙を誘うので、
心地よい視聴後感はありますが、いかんせん
「水戸黄門」形式の”お決まりパターン”で構成されてる…
作品としてのトータルで観た場合、
やはり「トライアングル」の統一感が一歩抜け出てました。

さて…「赤い糸」ですが、
例によってフジのクールずらし作戦の一本ですが
純粋な青春恋愛物としては、なかなかの秀作で、
映画とテレビ、ドラマとスポンサー…という
メディアミックスとしての成功と、
全てを事前に撮影した事での作品の完成度の
高さが良かった…と感じています。

新人賞は、本来の対象作品群では該当無しですが
世間の話題的に、この子(与六)は、はずせません。
なので、特別新人賞(本当は新人じゃないんですが)
を設定しました。

効果賞の「メイちゃんの執事」ですが…
作品的にはドタバタでした。しかし、
学生役の女優たちと執事役の男優たちを
これでもか!というくらいチャーミングに
カッコよく映像に残す事に、現場のスタッフが
頑張った事が、見て取れたところを評価しました。

しかし…

今期は、なんといっても「銭ゲバ」の存在でしょう。

とにかく役者陣の力の入れようがすごい。
あのミムラ(姉)の…気がふれた芝居を解き放つ
シーンの激しさったら…
松山君を圧倒する芝居でした。
最終回の妄想ハッピードラマと現実(本編)との
ギャップを同一俳優陣が演じ、それを
見事に成立させられたのも、演技力の賜物。
拍手しかありません。
そして、最後まで踏ん張って放送した編成にも
感謝。

名前も出なかった作品群は…
事務所に振り回されたり、
脚本家は名前だけにあらず…が
フタを開けてから気付かされたり、
コンセプトが曖昧なままグダグダに終わったり…
残念なものが多かったですな。

とりあえず…
頑張ったで賞を次の方々に贈ります。

大野君(歌のおにいさん)
坂口君(本日~)サーフィン我慢したんでしょ?
菅野さん(キイナ)図書館で毎回おでこ痛かったでしょ?

参考:2008年第四期各賞


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

名無しは、透明人間

今週は、なんか名無しのコメントが来ますな。

悪意に満ちた…

正当な批判なら甘んじて受けますが
記事の内容と関係なく怒ってらっしゃる…

まあそれも、PNくらいでも記名してりゃあ
いいですが…全く無記名ですからな。

ハリポタの中の1シーンでありましたが
透明マントに身を包んで、こっそり行動する…
のと同じ。子供の頃のピンポンダッシュと同じ。

裏サイトだの炎上だの言うご時勢、
これが普通になるのは、恐い事です。

この記事
単純に、日曜の自分の行動を記録しただけ。

それに対して…
あなたが勤めている放送局はリスナー重視なのですか、
それともあなた方スタッフ、ナビ重視なのですか?
都合悪いことは寝てごまかさないでください。
なれあいもほどほどに。

都合悪い事って?
馴れ合いって??
リスナーが大事に決まってるじゃないですか。
…て、どこに、そんな事、書きました?

リスナーから送られてきたメールを
パクって更新すれば。いつものように。

メールを引用して記事にした事は一度もありません。
いつもっていつのことでっしゃろ?

一方、こっちの記事は…単に大阪ラジオの話
ですが…きついだけなら、じゃあーさいなら。

きつい…と書いたのは、それだけ
大阪の長寿番組DJへのリスペクトを表してる訳です。
そこに「だけ」を勝手に付けられては困ります。
勝手にお別れされても、こっちは勤務ですぞ。
周波数からお別れするならご勝手に。

とまあ、まともに取り合うのも呆れます。

ただ、無視してるとも思われたく無い訳ですわ。

逆に、ムキになってると思われて”思うツボ”ってか?

あ。でも、コメント削除してないだけ紳士的でっしゃろ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

だるビッシュ

んんんん。

インタビューで残念がるくらいの仕草は欲しかった。
飄々としすぎです。

1回の立ち上がりか…
大事ですなあ。

日曜のビッグスワン、思い出したわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ZZZZZ…

眠い…

えっと。今日は、ノザの番組を代打で担当。

昨夜、緊張してたのか?朝は目覚まし時計より
先に自然に…目が覚めてしまいまして…

ADより先に出勤。

んで5時間OAやって…
その後、千夏ちゃんとノザは「酒の陣」へ。
わたくしは…チャリで小雨の中、ビッグスワンへ。

もちろん中継の手伝いなんかじゃなく(爆)
チケット買って、バックスタンドで観戦。
いやあ…ホーム開幕戦は、毎年、いいですなあ。
わくわくします。

例によって”ヒロ泉田”の挨拶があって…
にぎにぎしく開幕。
ちょうど正面にはPORTの放送席も見えました。

いいですな。実況聞きながらの観戦、
特に今回は、解説がイイので、面白く見れました。
んで、前半いきなりのアレでしょ。
興奮しますって!そりゃ。んで3分後でしょ。
騒ぎもしますわ。

まあ、後半ロスタイム、ゲームセットの数秒前の失点は
ちょっとグダグダでしたが…それもまたアルビってことで。

で、PORTに戻って、月曜TCの選曲。
今、終了でございます。

ちょうど、ノザの番組のミキサーけんちゃんも、
今、ジェイズのエンディングですな。
眠たいやろな。

こっちもさっきから、あくび出っぱなし。

おやしゅ(眞鍋はん風)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »