« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »

2009年3月1日 - 2009年3月7日

2009年3月 7日 (土)

にょういずみにょうの育ての親?

大泉洋を創りし人?

常々「?」と思ってるのが…
ココログ執筆フォームの右横に出てる
「ココログニュース」という奴。
どう見てもニュースというには浅いネタが羅列。

んで、なんでっか?
大泉洋を育てたのはミスターである…って?

ライターの小野しうこって誰?

んなこと、今さら書かれんでも、わかってるっちゅうねん。

っていうか…事務所の社長やんけ。

まあ、あのキャラを見出したのは大きいけど、
あんな濃い奴に育てたのは、学校教師の両親でっしゃろ。
「祭」の際、真駒内のステージで拝見しましたが
まあ、ご立派なご両親だこと。

なるほどな…と思いましたわ。

で、芸風から見れば、
ミスターと大泉さんは…どちらかと言えば対象的。
共鳴しあう…と言う意味では、藤やんのほうが
影響は大きいと思いますぞ。

といっても、どうでしょうを見れば
反面教師的ですが(笑)。

冗談はさておき…
「1×8」見ても、大泉さんの面白さを
充分引き出せてるようには感じ無いので、
やっぱり、藤やんの功績は、演出家として
大きいと思います。

いくら素質があっても、それを効率良く引き出せるか?
は、演出次第なんですから。

ただ…
最近、全国ネットでは、演じる大泉さんしか
出て来ないので、是非、バラエティでMCを
させて欲しい…と思いますなあ。

いや…でも東京では、あの味は出ないかなあ…。

司会より、泳がせて活きる…部分が大きいしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PE’Zなんです。

いやまあ…
実は、今日TCを終えて、スタジオを
Y君に託して…出てきてから知ったんですわ。

Pe’zmoku公演中止&変更(公式サイト)

ツアー頭のほうは中止になったようですが
新潟公演は、PE’Zとして公演を行なうようです。

つい先月、新シングルを発売したばかりで
残念ですが…PE’Z単体でも、めちゃカッコいいですから
払い戻しせず、見に行って欲しいですなあ。

サウンドソニックHP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広いアルビとコンパクトなアルビ

えー…金曜のTCは、
前半3時までが私ふぐの担当、
その後、アルビフリークが…Y君の担当です。

ので…アルビに関しては素人なんですが、
今日は冒頭から、アルビ開幕に関してのメールが
多く寄せられてましたね。

味スタへ向かう人、仕事でTVも見れない…けど
応援するって言う人、そして…明日の事を思うと
仕事が手に付かないという人…
やっぱり、サッカーのアルビへの想いが大きい人は
大変多い…というのが解かりました。

一方、BBのほうは…
このところ調子が悪い。
これは朱鷺メッセの観客席を見ても、
以前より熱さが弱いので、よく解かります。

ただ、かぶりつきの面々は、相変わらず
毎試合、観戦…というより、選手たちと一緒に
熱く闘っています。
なんか、もお一心同体って感じなんですよね。
85年以前のタイガースのような…
強かろうが弱かろうが、関係無い…
そこがチームの強さでしょう。

客観的に見れば…
サッカーもバスケも選手の入れ替わりが
毎年あって、全く同じチームでは無い訳です。
でも、同じように応援する。
まあ、よく 「オレンジスピリッツ」と言われますが
アルビというチーム自体が生き物なんでしょう。

さあ、PORTでは…
明日土曜、イオン新潟南でパブリックビューイングが
あります。
タテもY君も、放送終了後は…昼飯も食わず飛び出しで
イオンに向かいます(駐車場、大丈夫かな?)。
是非、真オレンジに染めて下さい!

んで…
PORTのHPには出てませんが、
アルビのHPには出てますから、もお公ってことでしょ?

ホーム開幕戦(15(日))VS鹿島は…
FMPORTで生中継でございやす!
14(土)は仮谷さんのサントノーレの公開生があって
翌日はビッグスワン。
ポートの技術チームは鬼の形相で計画練ってますわ(笑)。

試合の前後も余裕見て編成してるそうなので
ビッグスワンへ向かう時も、お帰りの際も、
ずっと79.0でお楽しみください。

あ。あさっての朱鷺メッセからの生中継も
お忘れなく。

そうそう。イオンといえば、22(日)も仮谷さん、
公開生だわ。技術チーム休み無しですだわ。。。

タテも、いつ休めるのやら…。

あ、ちなみに…
今週末の朱鷺メッセは、場内MCしないって。
まさかサッカーの応援団長した直後の
場内MCは酷ってもんですわな。
でも朱鷺メッセには急行するそうですよ。

ん?わし?
いつものように”観客”として朱鷺メッセに行きます。
イオンは…検討中(爆)。
だって、家でもスカパーE2見れるもん。
ハイビジョンだもん(笑)。

いや…でも、やっぱり、サッカー開幕は
ワクワクしますな。

昼間もアルビ、夜もアルビ…
あ、WBCは日韓戦…19時試合開始だって。
朱鷺メッセでワンセグ見るのはダメだじょー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

滋賀県民の皆さん~

最近、ぬかるみの世界の録音カセットを
パソコンへデジタル化する作業をしてる…

そんな中、カセット群の中に1本、
懐かしいものを発見しまして…
それは「おひるねっとステーション」の同録。

なんかお盆休みの時の生放送の録音で、
お題の振りを「みんな休んでるから私たちも休む!」
ってことで「今日のお題を考えて!」というものでした。

いやあ懐かしい。
今の会社へ入って最初に担当したのが
e-RADIO(FM滋賀)の「おひるねっとステーション」の
立ち上げ(2000年5月1日)でした。

で、ふと思った。
終わったのって…いつだっけ??

凛さん!ぷわさーん!当時の常連の皆さん~!
ふぐD、カンちゃんといった我ら初期チームが
去ったのって、いつだったか覚えてない?(笑)。

当時、バタバタしてて、結局記憶にないのよねえ。

まっちゅーは、ミスドの前を通るたびに声は
聞くんだけどねえ…(TCの裏なので「ミヤネ屋」の
ナレーションは聞いた事無いですが…)

まあ個人的な経歴の整理の意味もあるけど…
担当した番組って、どんな事やってたか?の
中身の記憶は焼きついてるけど、データ的な所は
ダメですなあ。
TCでは、毎日のデータを残してるので、万全ですが…。

あ。滋賀ついでに(笑)…
ワラをはじめ、滋賀レイクスターズも応援よろしくねー。
ついでのついでに…
BBCの牧田くんもよろしくねー。
(神戸学院大の放送局出身では数少ない現役アナだし)

んで、新潟へお越しの際は、ポートをよろしく。
タウンクロッシングをよろしくねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラヂオの時間は無限ぢゃない

今、スカパーで三谷作品の「ラヂオの時間」を
放送してまして、たまたま見てまして…

劇場で見た時の腹立たしさが蘇ってきました。

一般的には、ギョーカイの内幕的なドタバタや
最終的に大団円を迎える構成で、評価が
高いようですが…

あまりにも…リアリティが無さ過ぎて…。

何よりも、今ドキ…深夜に生で
コンテスト受賞した素人脚本で
一流俳優でドラマを放送する…なんて
ありえない。

「テーマ曲で繋いどけ」
「ニュースだニュース」
「CM連打しとけ」

何度もトラブルが起こって、そのたびに中断…
スタジオからあっちへこっちへ走り回り…

いやはや。

ラジオのCMなんて…長くて1枠2分。
その間にスタジオから警備室に下りて
上がってくるって…無理無理。

万が一(?)生ドラマを放送するとして…
元々のドラマ脚本に合わせて枠を設定するんだから
トラブルが続けば、延長するしか無いだろうに…

SEを様々な道具を使って出すところだけは
感心しましたけどね…。

えー…

そもそも、ラジオドラマって…作品性が大事な分
リスクの高い生でする事は、まず無い。
録音して、音楽と効果音を合わせて
尺を合わせて…こそ出来るもの。

舞台では、面白ろ可笑しく転がせても、
映画にしちゃうと…なんかねえ。。。

あと…唐沢演じるDが、肩からカーディガン
掛けるギョーカイファッションですが
そんなラジオD、今、いません(苦笑)。

で、Pがいて、編成がいて…営業さんは?
航空会社がスポンサーについてるのに
営業さんが立ち会わないなんて、ありえない。。。

あ。今、エンディングやってますが
世界の渡辺謙(トラックドライバー)大絶賛…
そお?
あんなに穴ボコの放送なのに…。

いやはや。

もお、3時ですか。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」

Page By Page Music Page By Page

アーティスト:高橋幸宏
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もお…ジャケ写見る限りは、大正時代の大学教授(笑)。
この写真で、あのサウンドは普通、想像しないでしょうね。

もお、1フレーズ聞いただけで”これぞ!幸宏さん”。
奇妙な雰囲気のデジタル音なのに…
曲が進むにつれて、独特の詫び寂びと
漂うような…浮遊感が耳元を包み込みます。

ま、好き嫌いはあるでしょうが…。

仕事しながら聞いてると…いい感じで進みますわ。
私の場合。

★★★☆

んで、あのボーカルは…ただ重ねてるだけなのかな?
昔から、あんな声の加工ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

まさに…関西浦島太郎やァ!

あんでぃさんちのブログを見てびっくり。

Lマガ、昨年末に休刊してたんですな。

京阪神エルマガジン社公式サイト

んで「SAVVY」も「meets」も残ってる。
社名は「エルマガジン社」なのに…。

関西ウォーカー
ぴあ関西版

確かに…老舗タウン誌でしたが、
続々とライバルが登場して、大変だったんでしょう。
っていうか、大阪におった時も、
もっぱら「ぴあ」派でしたけど(苦笑)。

だって…「ぴあ」は隔週刊でしたが、
Lマガは月刊でしたから、情報面では、
どうしても、弱かったですし、ぴあのほうが
網羅してたので、情報を知る分には、
使いやすかったです。

とはいえ、無くなったとなると、残念な。

長い事、大阪を離れてると、
JR大阪駅は改造されてるし、
京阪は中之島線開業、車体の色も変わり、
阪神と近鉄が繋がるというし…
ABCは移転したし、
水都大阪なるイベントもあるそうな。

もお、浦島太郎ですわ。

フェスも閉めたんでしょ?

んんんん。ついていけん。

さて、雑誌の話ですが、新潟も
新潟WEEK」と「月刊にいがたタウン情報
情報誌2誌があります。
以前は、WEEK派でしたが、昨年、
WEEKのリニューアルで、ターゲットを
男性に絞り、情報も絞り込んだ掲載になって
今は、タウン情報のほうをよく利用してます。

情報を絞り込むのは、効率的に読者を獲得するのは
有効な手段かも知れませんが…
あらゆる情報から取捨選択したい者にとっては
街の全体像が見えなくなるようで、使いづらい。

たとえば、映画枠だと
作品紹介の後の上映スケジュール表。
客観的に、どこで何を上映するのか、ひと目で
わかったもんですが、あれをやめられたら、
どうもわからん。
同じ会社の女性誌「コマチ」には残ってるんですがね。

ネットで情報収集が便利になった今ですが…
ネットでは、目的のところへピンポイントで到達
出来るのは利点ですが、さまざまな情報を
俯瞰で見る事は難しい。
紙媒体のいいところは、それをじっくり俯瞰できる…
そこだと思います。

無駄ともいえる情報にこそ、情報誌の利点が
隠れていると個人的には思うのですが…。
ユーザーの勝手な言い分ですかね。

それにしても…
Lマガが休刊で、癖のあるmeetsが残ってる…
というのが、また興味深いところ。

新潟で言えば…パスマガみたいな存在。

パスマガは、トレンドに鋭い若者ターゲットですが
meetsは、気持ちが若いまま大きくなった
街遊びが上手な…ヘンコな大人向け…
とでも言いますか。
アクが強くて、選択への自信が紙面に
満ち溢れてる…そんな共通点があると思います。

パイは少なくても、濃い読者(支持者)を獲得できるか?
そこが、厳しい時代の雑誌に求められてるのかも?

そんな印象も持ちますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

50周年。フジとテレ朝

この週末3日間、フジはゴールデンを
ぶち抜きで、50周年特番を組んでました。

ひと足早く50周年を迎えたテレ朝と比べて
大変華やかな企画でした。

が…そのコンセプトは対象的で興味深かったです。

テレ朝の50時間テレビ企画は
現在放映中の番組の拡大豪華版を中心に
50年を振り返る特番は、昼間を中心に編成。

一方、フジは、豊富なコンテンツを贅沢に使い、
スタジオの生を軸に放送しました。

これは、もちろん…局の事情が左右してるんでしょう。

フジの場合は、生でブッキングできるタレントとの
繋がりが太い事と、特番でもスポンサーの支持を
取れる力がある…ってことでしょうな。

テレ朝の場合、確実に成績を取れるのが
現在あるバラエティ番組群である…と判断したんでしょう。

過去映像を使用した特番のコンセプトも対象的でした。

テレ朝の場合、
昼間とゴールデンの二部構成だった振り返りは…
過去映像と局アナのナレーションのみで構成。

一方フジは、音楽物とバラエティ2夜連続で
過去映像とスタジオ生部分で構成。
制作費で見れば圧倒的にフジのほうが豪華です。
セットも華やかでゲストも膨大な人数でした。
ただ…生部分のトークがだらけたようにも見えました。

実際のVTR部分だけで見ると、4時間のうち
2時間程度だったんじゃないでしょうかね?

さて、一番興味があった”報道”物はどうか?

今夜のフジですが
金土のスタジオ部分が生だったのに対して
収録だったのが意外ですが、基本的なコンセプトは
過去50年間の事件自体の裏側を追跡したもの。

一方、テレ朝は…自社の報道の裏側に焦点を
当てていました。

ある意味”自画自賛”にはなりますが…
テレビが伝えたニュースと報道姿勢を腰を据えて
見返す…という意味では、テレ朝のほうに軍配を
上げたいと思います。
報道現場のスタッフ&OBへの”ねぎらい”と
過去の不祥事への反省にも取れましたし。

ゴールデンで放送するというスタイルから言えば
フジのような50の事件の裏側を追う…のは
いわば”事件版レッドカーペット”で飽きさせません。
が…フジの報道の姿勢、スタイル…という部分では
あまり、その姿自体は確認できませんでした。
実際、当時の映像で実況していたアナたちの名前も
一部を除いて紹介される事もありませんでしたし。
最後、エンドロールのところのゲスト達のコメントや
後半の安藤優子さんの奥尻エピソードでは、
少しだけ垣間見える部分はありましたが…。

テレ朝の、フィリピン政変の日のNステの
エピソードのような裏側の事が、
フジの日航機事故の部分で、もっと出せたのになあ…
とも思いました。

まあ、マニアックな見方かも知れませんが…。

まずは両局とも、50周年、おめでとさん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みーつけたっ!

ドあほのDoBlogのハードトラブル…
全く解決の糸口も無いまま…

あっちにお住まいのブロガーさんたちの
その後がわからず、心配してましたが…

伊藤さん、やっと発見!
■散歩◆新潟市のあたり

お元気そうで何より。
写真も、ココのほうがキレイに出てますな。
今後とも、よろしゅうに。。。。

他のDoBlogの方々も、ご連絡お待ちしていますよ。

おっと!検索掛けたら…
花火星人さん、避難場所2つもあったのね。
FC2
LOVELOG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月8日 - 2009年3月14日 »