« 奥さん~、万代にチャリで行く時、気をつけて! | トップページ | 岸和田対堺 »

2009年11月22日 (日)

曲がれスプーン(ねたばれ記事)

踊るの捜査員としては…初日、はずせませんでした。

雨模様、わざわざ亀ジャスのワーナーマイカルまで…
見に行きました。だって県内2館のみだもん。

で、HPでチェックしたら、2回目上映以降は
100人程度の小さいスクリーンへ移動するようで…
仕方なく初回(11:40)。

200キャパのところ、入りは20人程度か。

相変わらず…夜高昼低のシネコン病。

初日の初回なのにね。

じゃ…以下。

スピルバーグは、エンタメ系と文芸系を…
交互に撮ったりする2面性があります。

本広さんも、最近…同様の2面性傾向が
垣間見えますな。

踊るみたいな、ゴージャスエンタメ系と、
小劇団ちまちま系…って感じか。

以前から、小劇団の特徴ある役者さんを起用する…
というところはありましたが、
「サマータイムマシンブルース」で開眼したんでしょう。

小劇場で演じられる芝居を立体化する…というか、
限られた数間の間口を取っ払うというか…
限られた予算内で小回り効く内容で…
小さな興奮を提供する…というか。

恐らく、このへんは…TVドラマ出身だからこそ出来る
”振り幅”かも知れません。
できる枠の中で最大限に遊ぶ方法を知っている…
という言い方のほうが正しいかも。

振り返れば…
「踊る」は”刑事課”(特に第2話、歳末SP)
「スペトラ」は”銀行の支店”
「真下」は”地下鉄指令室”
「STMB」は”部室”
…と、「UDON」を除くと、主に1つの場所で話が転がる…
それも、セリフの応酬で展開する…という作品が
結構多かったりします。

今回もそう。基本的には”喫茶店”だけで展開する話。

そんな作家性と、小劇団の芝居が共鳴するのも
不思議では無い訳です。

「新感線」が、舞台をHDカメラで収めて
映画館で上映するのは…舞台自体がエンタメ性に
溢れているから。
小さな舞台で転がす「ヨーロッパ」の芝居を
同様に映画館での鑑賞に昇華させる…となると
本広式になる…って事で、個人的見解としては
手法は違えども、狙いは似ている…のでは?と思います。

日本映画専門CHや、パンフに解説がある通り
クランクイン前には、10日間のワークショップをしたそうな。
「STMB」では、キャンプを実施しました。
これらの”稽古”自体、舞台での芝居に準じたモノに
他ならない訳です。

どうも…本広さん的には、舞台志向がどんどん
強まっている…ようです。

興行的には…厳しいでしょう。
長澤1人では牽引できないと思います。
亀Pにも不安はあるはず。
だからこそ、長澤をキャスティングさせた…とも推測できます。
それほど…見た目が”地味”なのです。
2010年には「OD3」で、相当な興収を持ってくる事が
確実な本広さんとROBOTですから…
ある意味、わがままに目をつぶった…とも推測できます。

それほど…客観的に見て”地味”な映画である事は確かです。

と、毒を吐いたところ(笑)で…ふぁんとしての視点。
それは、もちろん…過去作品とのリンク。

SF研の連中あり。
神様あり。
松井製麺所の親父がいて…
「真下」の2人がいて…
ギンギンが鎮座していて…
カエル急便がチラっと見えて…
もちろん、ロケ地は香川県。
ユースケに甲本さんに…
魚武はんは「SP」繋がりだったり…。

他の客が笑わないシーンで、何度もワラってしまいました。

そんなマニアックなところだけでなく、
本広さんらしい、心温まる演出のラストは
素晴らしいと思います。

「スペトラ」のラストも、クリスマスでしたっけ。
「真下」のOPとラストも、温かいクリスマスの描き方でした。
夢を持ち続ける事の素晴らしさ…
人の温もりを感じていたいと願う気持ち…
派手な演出に隠された作家性があります。

豊富な予算があれば、それに見合ったエンタメ性を発揮するし
予算が無ければ無いで…小さい枠内でも最大限に
エンタテイメントを構築出来る…
本広さんならでは…の持ち味が発見できました。

脚本 ★★☆
演出 ★★★
演技 ★★★
撮影 ★★★☆
印象度 ★★★
総合…15.0点(★★★)

ただ残念なのは…同週末公開作が強い事。
「2012」だもんね…。
タラちゃんは好き嫌いハッキリ出るから、
強敵では無いでしょうけど。

|

« 奥さん~、万代にチャリで行く時、気をつけて! | トップページ | 岸和田対堺 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/32304153

この記事へのトラックバック一覧です: 曲がれスプーン(ねたばれ記事):

« 奥さん~、万代にチャリで行く時、気をつけて! | トップページ | 岸和田対堺 »