« 新ドラマ峰打ち11<マイガール | トップページ | 例のCD「泉州岸和田だんじり祭」 »

2009年10月30日 (金)

2009年第4期ドラマランク(第1話終了時点確定版)

お待たせしました。最終結果は以下と通り。

1.「JIN-仁-」(TBS)            21.5点(★★★★☆)
2.「ギネ:産婦人科の女たち」(日テレ)  21.0点(★★★★☆)
3.「サムライハイスクール」(日テレ)   20.5点(★★★★)

4.「東京DOGS」(CX)             18.0点(★★★☆)
5.「マイガール」(テレ朝)            15.5点(★★★)
6.「不毛地帯」(CX)               14.5点(★★★)
7.「リアルクローズ」(関テレ/CX)       13.0点(★★☆)
8.「小公女セイラ」(TBS)            11.0点(★★)
9.「アンタッチャブル」(テレ朝)          5.5点(★)
10.「傍聴マニア09」(読売/日テレ)      5.0点(★)
11.「おひとりさま」(TBS)            4.5点(☆)

【参考…09年第3期ランク(1話終了時点)】

なかなかいいバランスで数字が並びました。
意外なのが…これまで下位が多かった
TBSと日テレがトップ3に並んでる事です。
偉そうですが…やればできるじゃん…というのが
正直な感想ですわ。

で、やっぱり実感してしまうのが評価対象作品数が
少ない事。続編が多いんです、今季は。
それも、テレ朝が目立つ。

「相棒」のTV、映画両方の大ヒットで、
テレ朝の姿勢としては、完全にシニア向けに
移行している…という現れです。
この不況の中…
商売としては、それはそれで”あり”でしょう。
他局との差別化もあるでしょうし。
なかなか結果に結びつかなかったココ数年ですし、
思い切った編成は、正解。

ただ、ドラマウォッチャーとしては残念なんです。

さて…評価対象の11作品について。
例年通り、春夏に比べて、秋冬は、いい作品が多い。
特に「JIN」と「ギネ」は…
医者物というところを差し引いても
脚本・演出・演技の3本柱のバランスが良くて
安心して見れて、展開にドキドキできます。

また、ライト系作品群でも、「DOGS」「リアルクローズ」
そして3位の「サムライ」…それぞれ、枠の特性を
キープしつつ、見せ方、作品性の向上を意識して
作られているので、楽しめると同時に、
作品としての鑑賞にも堪えられる造りとなっていて
評価できます。

周年作品で気合入れてるはずの「不毛」ですが…
先日、CSで見た、仲代バージョンの映画と比べても
厚みが弱い。
お金を掛けてるようで…掛け違ってる…というか。
やっぱり70年代の役者さん達は、存在感も
違いますね。線が細いし、小粒感は否めません。
連続ドラマな分、丁寧に演出できてるのは
「巨塔」同様…ドラマの利点でもありましょう。
ま、山崎原作ものは…作り手も難しいでしょう。

ちなみに…
継続して1話から毎週チェックしてる作品は…
「JIN」「ギネ」「サムライ」「DOGS」「マイガール」
「リアルクローズ」…と6作品もあります。
前期とえらい違いや(笑)。

|

« 新ドラマ峰打ち11<マイガール | トップページ | 例のCD「泉州岸和田だんじり祭」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/31993505

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年第4期ドラマランク(第1話終了時点確定版):

« 新ドラマ峰打ち11<マイガール | トップページ | 例のCD「泉州岸和田だんじり祭」 »