« 新ドラマ峰打ち6<おひとりさま | トップページ | 新ドラマ峰打ち8<サムライハイスクール »

2009年10月17日 (土)

新ドラマ峰打ち7<小公女セイラ

無理あるなあ…。

岡田さんも、そう思いながら書いてるんでしょ。

そうでしょ。「俺が書くべきホンぢゃない!」って。
穴があっても無視するのは、大変でしょ。ね。

「おひとりさま」でカス脚本って書いたけど、
こりゃカス企画。

金子はんも、頭抱えてるんでしょ。

21世紀の現代に持って来るには無理がありすぎる設定。

親が死んだら…まず葬式に向かわせるでしょ。
その先の事は、大企業の娘なら顧問弁護士くらいいるでしょ。
唯一の身内なら、喪主にならなあかんし、
その後の会社の事も、対処せなあかんでしょ。

電話あった次の日から、下働きって、
ある訳無いし。

視聴者設定は、何歳?
小学生でも、あの本編には失笑しますわ。
騙せるのは幼稚園以下の世代しかないぞ。

そんなカス企画に、
現場の人たちが、一生懸命取り組んでる姿を想像すると
そのほうが、涙出るわ。

特に樋口はん。
1クールで喉を痛めんように。お大事に。

舞台劇のような芝居を2時間見てるのは、つらかった。

いっそのこと、メルヘンミュージカルにすりゃ
良かったのに。
ま、未来ちゃんに、歌って踊らせるのは酷か(苦笑)。

脚本 ★☆
演出 ★★
演技 ★★★★
撮影 ★★★☆
印象度(★)星無し
総合…11.0点(★★)

ボロクソの割に点数があるのは、
現場の頑張りへの評価でございます。
皆さん、編成と営業を怨みましょう。

研音も、未来ちゃんの仕事、選んであげなさいって。
これまで、日テレさんと、いい関係積み重ねてきたのに。
お?…それとも、日テレさんと何かあったか?

高校生になったら、そろそろ…
大人っぽい芝居させたったらエエのに。
フジのドラマでの、あの取調室の
天海はんとの対決、おもろかったけどなあ。

ま、TBSも…器用に涙出せるU18女優ってことで
オファーしたんでしょ。
やれやれ。

|

« 新ドラマ峰打ち6<おひとりさま | トップページ | 新ドラマ峰打ち8<サムライハイスクール »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/31824849

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち7<小公女セイラ:

« 新ドラマ峰打ち6<おひとりさま | トップページ | 新ドラマ峰打ち8<サムライハイスクール »