« 例のCD「泉州岸和田だんじり祭」 | トップページ | お試し…デジブック »

2009年10月30日 (金)

ラジオ聞く~なら~…

ブログネタ: ラジオで聞きたいのは、音楽?スポーツ中継?ニュース?楽しい話?参加数

なんでやすか?このネタは。
この仕事してたら、もちろん「音楽」と答えるでしょう。

っていっても…昼間の生ワイドとなると、
音楽だけじゃ成立しない…

どうしても”情報””トーク””リスナーのメール”
…と要素がどんどん膨らんできます。

自ずと音楽が占める割合が減る。

そこもジレンマ(涙)。

なので、余計に音楽の扱いは、普段から意識してますわ。

たとえば…曲はなるべく完奏させる。
巻く際は”キリ”のいいところで落とす工夫をする。
無理にBGMに乗り換えずに、トークを入れる。
BGレベルを低すぎないように調整する。

人間の耳って都合良く出来てるもので…
話の中身に意識が行ってる人には、
タテのトークに耳が行くし、
その曲が好きな人は、トークを聞き流して
後ろの曲に耳が行く…
だから、BGを下げすぎないバランスを
キープしています。

音楽が好きな人なら…覚えがあると思いますが
曲の”肝”の部分って、思い入れがあればあるほど、
その部分が切られると、腹が立ちます。

シカゴの「素直になれなくて」だと、調子が変わって
UPになる後半部分とか…
イーグルスの「ホテルカリフォルニア」だと、
長いギターソロの部分とか…
クラプトンの「レイラ」の後半のピアノとか…。

そういう”肝”が理解できてないと
FMのDとしては失格だろうと思うんです。

リスナー全員に意識を向けると同時に、
数パーセントの”その”曲、アーティストのファンにも
敬意を示す…
それが、音楽をたっぷりOA”できない”
日本のFM局のDに必要な条件だと思います。

そりゃ、ネットでアメリカのFM局聞いてると
羨ましいですよ。ほとんどレストークで
曲を延々と繋ぐスタイル。
あれが出来るって…本当は凄い事なんですよね。

本当の意味で”選曲”出来るDって、
どれくらいいるのかな?

なんてね。

|

« 例のCD「泉州岸和田だんじり祭」 | トップページ | お試し…デジブック »

FM PORT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ聞く~なら~…:

« 例のCD「泉州岸和田だんじり祭」 | トップページ | お試し…デジブック »