« 佐渡ロングライド外伝 | トップページ | モンベル「クイックキャリー」 »

2009年5月24日 (日)

新ドラマ峰打ち(時期はずれ)<Mr.Brain

また時期はずしてきやがった。キムタク~。

さて…以前も書きましたが、
キムタクは達者なのですが、どの役も、
キムタクが役に合わせるのではなく、どの役も、
キムタクになっちゃうのですねえ。

ま、それはさておき…
蒔田さんの脚本、やっぱりエエわあ。
話の転がしが見事。見てて「あ、なるほどね」「そうか!」という
視聴者への刺激と頃合いが絶妙です。

んで、鶴瓶さんにも言われてた”ジャイ”こと監督の福澤はん。
なんともビックリなセットを作ってしまいましたねえ。
踊るとの差別化なのか…
警視庁の造りは、おもいっきりレトロな建物を使用してて、
捜査会議の大部屋にしても、研究所にしても
照明落とし気味。
このへんは個人的好みなのか?
確か…「華麗なる一族」の際も、そうでした。
あ。
ジャイはんといえば、ハイビジョン映像、そのまま使いますなあ。
「華麗なる一族」の際も感じたんですが…
ハイビジョン画質って、セットが多いと、
生々しい分、ヘタすると安っぽく見えてしまいます。
逆に、フィルターかけて映画っぽくすると、ちょっと深みが出て
物語的異質感というか味わいが出てきます。

このへん「ブラッディマンデイ」を見ると、その効果がよく
出てたりするんですが…
ジャイはんは、そうはしないんですねえ。
生々しいまんまの映像。
確かにCG合成の脳みそ立体映像部分などは、
リアルなんですが、冒頭の爆弾場面とかは…
ちょっと嘘っぽく見えたりした。

ま、監督の意図なんでしょうね。

脚本 ★★★☆
演出 ★★★☆
演技 ★★★
撮影 ★★★★
印象度 ★★★★☆
総合…18.5点(★★★☆)

点数的には、平均ですが…見てて楽しいし、快感があるし、
キムタクの存在感も、脇役陣の存在感もあるし、
土8枠のクオリティUPには、貢献するんじゃないかな。
リアリティは無くても、見てて面白いし、
見てて納得出来るので、
週末の浅い時間という枠性格上、なかなか好感持てます。
そのへんが、印象度★4つ半になったって事です。はい。

ただ…克也さんは克也さんですわな。
あの風貌、あの声…ベストヒットUSA(苦笑)。

そういう意味では、マル暴の海老蔵が一番存在感あったかも。

さて…この作品の評価は…春ドラマにすべきなのか?
夏ドラマのトップバッターと位置づけるべきなのか?
思案しますなあ…。

|

« 佐渡ロングライド外伝 | トップページ | モンベル「クイックキャリー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

綾瀬さん めあて で見ましたが~三話分?
リアリティーなさすぎて ちょっと~

投稿: くますけ | 2009年5月24日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/29768778

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち(時期はずれ)<Mr.Brain:

» 【MR.BRAIN】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
MR.BRAIN に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 14時11分

« 佐渡ロングライド外伝 | トップページ | モンベル「クイックキャリー」 »