« 完走 | トップページ | BOSS第6話 »

2009年5月18日 (月)

2009スポニチ佐渡ロングライド210<3292番完走の感想

やーねえ。
土曜の晩、寝ようと思ったら雨足が強まりだして。

朝4時起床。相変わらず雨。カエルもゲロゲロ。

タテと営業S君はAコースなので、先に送り出し、
しばし待機の後、宿を出発。
集合場所は、すでにB組も多く集まってました。

5:50を待たず、列を形成。
そして5:50.牛歩のごとく…スタート地点まで移動開始。
スタート地点が近づいても、お寝坊A組さんたちが続々と
前へ走っていきます。

やっとB組のスタートの番。6:15過ぎでした。
雨って事もあり、どんどん送り出していきます。
そして…6:20。出発。
昨年、車で伴走取材していたので、だいたいのルートは
うろ覚えでしたが…沢根の先の左折ですぐに登り坂。
ギアの選択に四苦八苦しつつ、最初の20キロは
興奮のうちに相川到着。7:10.予想より速め。いい感じ。
ここのASは、なんといっても「わかめそば」の振る舞い。
S君に電話したら、タテチームはすでに入崎。

7:25出発。
ここからは幾つか登りはあるものの、結構順調に進み
入崎AS到着は、8:25。
ココでリスナーさんと遭遇。記念写真撮りっこするものの、
ケータイのレンズが曇って…
09051701

自然のモザイク(笑)。

お互い頑張りましょう!

と…声を掛け合い、
出発。8:40.

ココまで
雨は小降りで、
ウインドブレイカーでも
影響少なし。

そして…ココからの30キロ、過酷。

幾つかトンネルを通り、段々景色が山水画(雨でしたから)
のようになってくると、ついに来ました。Z坂。
手前のトイレのところで、半分くらいの人が…
強敵を前に、休憩。
9:20.しばし…
09051702

もちろん、
ココを通過して、
いっきに登っていく
人たちも沢山います。

ココから見上げると
チャリがアリんこ。

9:30出発。

前の3段フル稼働で
なんとかなる…

甘かった。最初の登りから折り返し、2つ目折り返し…
トンネル手前で断念。最後の坂は…歩きました。
9:50.徒歩のまま、Z坂トップへ(涙)。
悔い残るなあ(笑)。
この先、上がったり下がったりしながら、狭い道を進み…
09051703

大野亀。

異様。

雨だから余計に。

ココも手前の坂が
Z坂のように急。

もちろん…歩き(涙)。
最後の坂は、
カメラがあるので、
頑張って登りましたが…レストハウスでやれやれ…
と思えば、まだ延々と登りが続きます。
昨年、マイクを向けたタテの機嫌が悪かったのも納得。

そんなこんなで、四苦八苦の30キロ。
はじき野AS到着は…10:50になってしまいました。
S君に電話すると、タテ組は両津で弁当。
11時には出発するとのこと。Aコースってすげっ。

フィールドパークの社長に挨拶して…11:05出発。
ココからは下り基調…と、思ったら、
なんのなんの!急な坂が3つ4つ。
それも”いきなり”現れる。
はじきの出発あたりから雨も段々強まり…
体は冷え切っております。
そのうち、尿意。
両津に早く着きたい一心でスピード速まり…
でも30キロ先。。。。
さすがに厳しかった。
途中、救急車が3台通過したので、
ちょっと心配しました。

そして…疲労困憊体凍結状態で両津BS到着は
12:50.
厳しい!
雨は既に本降りで、弁当もらっても、
どこで食うねん(怒)…
と思ったら、裏の倉庫前があったのね。
温かい味噌汁もありました。

すでに全身びちょびちょ。
とりあえずタオルで拭くだけ拭いて、
レインコートをはおりました(遅いって)。

下はすでにズブ濡れで諦めました。

相変わらずの雨。でも13:30の足切りタイムも
迫り…邪念を振り切り13:10出発。

これがまあ。

ココからBコースは国仲平野の脇を走る
農道ルート。ジリジリを上がる坂。
急に登り、急に下がり、さらに登り…
この繰り返し。
海の眺めも無い上に、雨に煙り…
気温も低下。体温も低下。
こうなると、そりゃ悟りも開きます。
自分との戦いです。
自分が登る坂の先を見れば、めげます。
斜め前下をじっと見つめ、
呼吸と足の動きとギアに集中して
座禅を組むがごとく、坂を登る。
追い抜かれても気にしない。
自分のペースで。焦らず。

そんなこんなの25キロ。
最後の橋を見た時の達成感たら。
でも右手を見たら…雨に煙って、
海も何も見えないって。

うにょにょなまま、真野の町でAコースと合流。

あとは町の中を進み、佐和田へ戻るのみ。

ボランティアスタッフも励ましてくれまして…
有り難いこと。
最後、川の手前を左折すると段々興奮してきます。

あの「花道」を数分後に通過する…
ドキドキしながら…早朝、行列で歩いた
最後のカーブを曲がると正面にゲート!
そして、本部手前に来ると、
自分の名前が呼ばれて「おかえりー!」

至福と恥じらいの中、ゴール。完走。

15:04.

なかなかの遅さでした。

完走証明の記念品をもらい、
海鮮汁を頂き…
ずぶ濡れの体を持て余し(涙)…
昨夜泊まった宿でお風呂を借りて

再びゴールへ戻ったら、タテチームも
すでに到着してました。あちゃちゃ。

帰りの最終のフェリーも満杯。
ほとんどの人が爆睡してましたね。

皆さん、お疲れ様でした。

太ももも、ふくらはぎも痛い痛い…。

■Bコース130キロ…8時間44分。
やっぱ来年はロードバイクかなあ…。
その前に体力もっと付けるべきか(苦笑)。

|

« 完走 | トップページ | BOSS第6話 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
そして、完走おめでとうございます。

僕もなんとか210キロを完走しました。

投稿: メタボなチャリダー | 2009年5月19日 (火) 11時38分

お疲れ様でした。
この過酷な経験が あなたの地力となって 役立つでしょう~
たぶん?

投稿: くますけ | 2009年5月18日 (月) 12時58分

いやあ、お疲れ様でした。
ああいう出会いがあると、励みになりますよね。
来年は、貯金してロードバイクにしますかね。
MTBは重いっ。
とにかく、晴れ希望ですわ(笑)。

投稿: ふぐ | 2009年5月18日 (月) 12時47分

130キロの無事完走、おめでとうございます!
自分もおかげさまでゴールすることが出来ました (^^)v

それにしても数多いる参加者の中でたまたま声を掛けた
のがふぐさんとはリストバンドの引力凄っ! w
また来年もどこかでお会い出来ることを楽しみにしております。

投稿: shiba | 2009年5月18日 (月) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009スポニチ佐渡ロングライド210<3292番完走の感想:

« 完走 | トップページ | BOSS第6話 »