« 木村大作監督…超大作監督…大”声”作監督(!?)<剱岳~点の記 | トップページ | 新ドラマ峰打ち12<魔女裁判 »

2009年4月25日 (土)

新潟市の「新交通」<新潟日報社説

今朝(25日付け)の朝刊の社説2本のうち1本が

夢から一歩踏み出したい~新潟市”新交通”」

というタイトルでした。

今年度、新潟市の新交通実現に向けての調査が

始まる…それが調査だけに終わらず実現に向けた

具体的な方向性を示すものであってほしい…

という中身。まあ、どーってことないです(笑)。

だって、いたって”当たり前”の事を書いただけだし。

ただ「夢から一歩踏み出したい」というタイトルは

どーなんだろう?(下へつづく)

■参考:昨年6月に書いた記事「新潟モノレール」

夢って「誰」の夢よ?

ココまでモータリゼーションが進んだ新潟で

誰が公共交通機関に「夢」を持ってるだろう?

おそらく、論説委員のおっちゃんは…

これまで何度も行なわれた調査が事業化に

繋がって来なかった事を採って「夢」と表現

してるんでしょうが、読者が受け取る「夢」の印象は

下手すれば…「誰か」が「熱望」している計画…

つまり政治の道具のようにも取られかねない。

「夢」という、持つ意味の幅が広い単語は、その使い方は

吟味する必要があるんじゃなかろーか?

てな、どびつこい”いちゃもん”は、本題ぢゃないのよね。
新交通は新潟に必要なのか?どーなのか?
ってこと。
記事にもある通りの「自動車パラダイス」の新潟市。
(というより県内全般にそうです)
新店舗を開設する場合…まず大事なのは
駐車場確保…だそうな。
ビックカメラだって、エキナカなのに、駐車場●●台!
という宣伝文句も大きく出てたりしますから。

家電も、衣料も、ケータイ店も、外食も…
あらゆる商業施設が”郊外”へ行き、万代、古町は
どんどん衰退へ向かっている現状があります。

となると、新交通が持つ意味は、どこにあるのか?

◆交通弱者対策
◆観光客対策
◆空港アクセス
◆エコ対策

どれも、将来へ向けて意義ある事だと感じます。
ただ、これまで具体的な実現へ進まなかったのは
採算面の事が大きい(社説より)そうです。

というより、障壁になってるのは”銀バス”社さん
ではないですかね?

市内のバス事業に関しては完全に寡占状態でしょ。
区バスなんかも、銀バス委託でしょ。
新交通が計画される路線は、利用客数から見ても
現在の基幹路線が対象になる訳で、
銀バスさんが反対するのは、目に見えてます。

いちばん大きいのは、ココじゃないかな。

じゃあ、バスのほうが、どれだけ利便性に優れているか
具体的な行動を取ってるか…といえば、否。

その的外れぶりは、今回、リニューアルした
空港アクセスのリムジンバスでも、わかります。
20分毎運行といっても、限られた時間帯です。
そして、発着点が新潟駅南口。
さらに、料金が値上がりして400円。

たとえば、ウチの上司の場合、これまでは
発車時間ギリギリでも、バスセンターへ数分歩けば
間に合った。
今は、重いカバンを持って、南口まで10分
歩く必要がある。
大阪から来る際も、南口で下りて、
先に社宅マンションに荷物を置いてから、
ポートへ向かいます。
今までなら、テレコムビルの前で降車して1分で
ポートへ直接、上がれました。

普段、ビジネスで新潟へ来る客も、観光で来る客も、
最初の目的地は…万代や古町が多いでしょう。
そんな人たちは、不便に感じてるんじゃないでしょうか。

では、南口発着の狙いは、どこにあるのか?

はっきり言って、新幹線でしょう。

在来線利用者なら、万代口のほうが利便性は高いはず。
あえて南口にしてるのは、新幹線出口に少しでも
近い…そしてぺディストリアンデッキ直結で、
将来、新幹線を下りて、そのまま真下へ来れば
バスにすぐ乗れる。

いったい、どれだけの客がいるのやら?

新幹線で新潟駅に来て、空港を利用する…
空の便で新潟に来て、新幹線でどこかへ行く…

新潟空港のハブとしての存在価値がそれほど無い今、
そんなリニューアルに、どれだけのユーザーが
賛同するんですか?

的はずれです。

結局、リムジンバスのみならず、
どの路線についても、ユーザー目線で路線網や
ダイヤが組まれていない…のが、この会社の現状で、
そんな会社が寡占状態で生きている限り、
公共交通への市民の視線が逸れていく現状を
変える事は、なかなか出来ません。

この大きな城壁を壊してこそ、新交通の未来が
具体化出来るでしょう。

その際も大事なのは…利便性はもちろんのこと、
地域の交通「全体」を連携し、商業施設や公共施設をも
含めた…地域全体をも連携させる「町づくり」を
構築する…大規模なインフラが必要だと思います。

たとえば…ICカード導入。
共通1日券導入。
基幹駅(停留所)での乗継連絡ダイヤ。
パーク&ライドのためのターミナル建設。
商業施設と立体化させたターミナル建設。
観光施設どうしの交通網を使った連携。

そう考えると…事業自体、大変大規模になります。
が、できること(ソフト面)から少しずつ取り組む事は
可能です。

どーしてクルマから降りないのか?まずは
人々の「心」を覗く事から”調査”すべきじゃないでしょうか?

|

« 木村大作監督…超大作監督…大”声”作監督(!?)<剱岳~点の記 | トップページ | 新ドラマ峰打ち12<魔女裁判 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最近日中もときどき聴けるようになりました!おかげでTCも拝聴しています(^^♪

>障壁になってるのは”銀バス”社さん ではないですかね?
ふぐさんのおっしゃるとおり、新潟交通さんがアレなんでしょうねぇ。バスだからダメというより、こちらの障壁の方が大きいのでは?
まずは昔のままのバス路線と料金体系を、抜本的に見直して欲しいと思っています。

投稿: ノア | 2009年4月26日 (日) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟市の「新交通」<新潟日報社説:

» 偏った路線バス料金 [I like people.]
今日はアルビレックス新潟の試合があります。 アルビ関連としては小ネタになりますが、新潟交通 [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 18時14分

« 木村大作監督…超大作監督…大”声”作監督(!?)<剱岳~点の記 | トップページ | 新ドラマ峰打ち12<魔女裁判 »