« こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」 | トップページ | 滋賀県民の皆さん~ »

2009年3月 5日 (木)

ラヂオの時間は無限ぢゃない

今、スカパーで三谷作品の「ラヂオの時間」を
放送してまして、たまたま見てまして…

劇場で見た時の腹立たしさが蘇ってきました。

一般的には、ギョーカイの内幕的なドタバタや
最終的に大団円を迎える構成で、評価が
高いようですが…

あまりにも…リアリティが無さ過ぎて…。

何よりも、今ドキ…深夜に生で
コンテスト受賞した素人脚本で
一流俳優でドラマを放送する…なんて
ありえない。

「テーマ曲で繋いどけ」
「ニュースだニュース」
「CM連打しとけ」

何度もトラブルが起こって、そのたびに中断…
スタジオからあっちへこっちへ走り回り…

いやはや。

ラジオのCMなんて…長くて1枠2分。
その間にスタジオから警備室に下りて
上がってくるって…無理無理。

万が一(?)生ドラマを放送するとして…
元々のドラマ脚本に合わせて枠を設定するんだから
トラブルが続けば、延長するしか無いだろうに…

SEを様々な道具を使って出すところだけは
感心しましたけどね…。

えー…

そもそも、ラジオドラマって…作品性が大事な分
リスクの高い生でする事は、まず無い。
録音して、音楽と効果音を合わせて
尺を合わせて…こそ出来るもの。

舞台では、面白ろ可笑しく転がせても、
映画にしちゃうと…なんかねえ。。。

あと…唐沢演じるDが、肩からカーディガン
掛けるギョーカイファッションですが
そんなラジオD、今、いません(苦笑)。

で、Pがいて、編成がいて…営業さんは?
航空会社がスポンサーについてるのに
営業さんが立ち会わないなんて、ありえない。。。

あ。今、エンディングやってますが
世界の渡辺謙(トラックドライバー)大絶賛…
そお?
あんなに穴ボコの放送なのに…。

いやはや。

もお、3時ですか。寝よ。

|

« こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」 | トップページ | 滋賀県民の皆さん~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/28477220

この記事へのトラックバック一覧です: ラヂオの時間は無限ぢゃない:

« こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」 | トップページ | 滋賀県民の皆さん~ »