« 50周年。フジとテレ朝 | トップページ | こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」 »

2009年3月 3日 (火)

まさに…関西浦島太郎やァ!

あんでぃさんちのブログを見てびっくり。

Lマガ、昨年末に休刊してたんですな。

京阪神エルマガジン社公式サイト

んで「SAVVY」も「meets」も残ってる。
社名は「エルマガジン社」なのに…。

関西ウォーカー
ぴあ関西版

確かに…老舗タウン誌でしたが、
続々とライバルが登場して、大変だったんでしょう。
っていうか、大阪におった時も、
もっぱら「ぴあ」派でしたけど(苦笑)。

だって…「ぴあ」は隔週刊でしたが、
Lマガは月刊でしたから、情報面では、
どうしても、弱かったですし、ぴあのほうが
網羅してたので、情報を知る分には、
使いやすかったです。

とはいえ、無くなったとなると、残念な。

長い事、大阪を離れてると、
JR大阪駅は改造されてるし、
京阪は中之島線開業、車体の色も変わり、
阪神と近鉄が繋がるというし…
ABCは移転したし、
水都大阪なるイベントもあるそうな。

もお、浦島太郎ですわ。

フェスも閉めたんでしょ?

んんんん。ついていけん。

さて、雑誌の話ですが、新潟も
新潟WEEK」と「月刊にいがたタウン情報
情報誌2誌があります。
以前は、WEEK派でしたが、昨年、
WEEKのリニューアルで、ターゲットを
男性に絞り、情報も絞り込んだ掲載になって
今は、タウン情報のほうをよく利用してます。

情報を絞り込むのは、効率的に読者を獲得するのは
有効な手段かも知れませんが…
あらゆる情報から取捨選択したい者にとっては
街の全体像が見えなくなるようで、使いづらい。

たとえば、映画枠だと
作品紹介の後の上映スケジュール表。
客観的に、どこで何を上映するのか、ひと目で
わかったもんですが、あれをやめられたら、
どうもわからん。
同じ会社の女性誌「コマチ」には残ってるんですがね。

ネットで情報収集が便利になった今ですが…
ネットでは、目的のところへピンポイントで到達
出来るのは利点ですが、さまざまな情報を
俯瞰で見る事は難しい。
紙媒体のいいところは、それをじっくり俯瞰できる…
そこだと思います。

無駄ともいえる情報にこそ、情報誌の利点が
隠れていると個人的には思うのですが…。
ユーザーの勝手な言い分ですかね。

それにしても…
Lマガが休刊で、癖のあるmeetsが残ってる…
というのが、また興味深いところ。

新潟で言えば…パスマガみたいな存在。

パスマガは、トレンドに鋭い若者ターゲットですが
meetsは、気持ちが若いまま大きくなった
街遊びが上手な…ヘンコな大人向け…
とでも言いますか。
アクが強くて、選択への自信が紙面に
満ち溢れてる…そんな共通点があると思います。

パイは少なくても、濃い読者(支持者)を獲得できるか?
そこが、厳しい時代の雑誌に求められてるのかも?

そんな印象も持ちますな。

|

« 50周年。フジとテレ朝 | トップページ | こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/28445368

この記事へのトラックバック一覧です: まさに…関西浦島太郎やァ!:

« 50周年。フジとテレ朝 | トップページ | こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」 »