« NHK「テレビの、これから」① | トップページ | 民放FM聞いてますか?コブクロ好きですか? »

2009年3月21日 (土)

NHK「テレビの、これから」②

えーっと…

言っていいのか悪いのか?(苦笑)

実は、この番組「出ませんか?」って
誘われてたんですが…日曜朝の番組の人事異動などで
手が離せないし、ラジオ屋という立場もあるので、
辞退させてもらってました。

んで、今日は生でじっくり(ちょっとブログ書いてましたが)
視聴してました。

いやあ…藤やんやABC松本はんに会いたかったなあ(笑)。

これから打ち上げとか、あるんやろか?(謎)

んなこた、どーでもええ。

いやあ、NHKなんで、日曜討論のように
筋書き通りに進める番組やろな…と推測してたんですが
いやいや、どうして。

結構、リアルに、言わせてましたな。

んで、三宅はんも、筋は押さえつつ、
自由に言わせてましたな。司会、お見事。

さっき言ったように、
NHK側からお誘いあった際、事前にいろいろ
HPのフォームから意見を述べさせてもらったんですが
結構、ドライに批判してたんですわ。

今日の放送を見てたら、結構偏った意見だったのが
判りました。
視聴者代表の皆さんのキャスティングも
バランスが良かったんでしょうが、
いろんな立場の人たちの、いろんな意見が聞けたし、
正面に座ってた(TVの現場じゃない)人たちの話も
興味深かったです。

特に、糸井さんの発言には、脱帽。

ネットとTV(TV離れ)のパートでは
”今まではTV漬け過ぎたのであって、
「見なくなった」のは、元に戻った”とか、
オンデマンドのパートで、藤やんの発言の後(下記参照)
”人は…他人と「同じ体験」する事で安心するもの”とか、
エンディングの”TVは「あってもいい」存在”…
というのは、ちょっと「はっ」とさせられましたわ。

あと、藤やんが…オンデマンドの話題の際、
「TVは、同時に見るから、みんな共通の話題になる」
というのも、納得しました。
まあ、どうでしょうを思い出したから余計、
そう思ったんですが…。

予想外に、有意義な時間を過ごせました。

トトロはん、お疲れ様でした。

黒部ダムは見れなかったけど(苦笑)。

|

« NHK「テレビの、これから」① | トップページ | 民放FM聞いてますか?コブクロ好きですか? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も、興味を持ってこの番組を拝見しました。
制作者サイドの言い分と、一般視聴者の言い分。互いが面と向かって言えるチャンスなんてほとんど今まで無かったのではあるが、この番組を通じて短時間ではあるが、互いに話し合うことができたので一応は評価できる。今後番組製作にたいしてのスタンス等が変わっていくのか、少しは期待できるか?
ただ、残念なことに貢献話(手前味噌な話)を基に番組が進んで、視聴者代表の論客たちが「あるある」、「バンキシャ」の件を持ち出して初めて制作者が「これにはこういう事情がありまして・・・」と言っていたことに、これからのテレビ・報道業界の行く末について疑問を持たざるを得ませんでした。
制作者サイド自ら、負の歴史・影響について語り出していたら、さらに評価できるような内容でしたが、(視聴者サイドから)言われてから「あれはこうでした。」と言われても、言い訳としか聞こえない。自ら襟を正す覚悟、自浄作用云々というなら、制作者サイドから率先して負の歴史について、一つのパラダイムとして持ち出すべきだと思いました。

投稿: 元PORTリスナー | 2009年3月22日 (日) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/28734390

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「テレビの、これから」②:

« NHK「テレビの、これから」① | トップページ | 民放FM聞いてますか?コブクロ好きですか? »