« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

総力?報道<TBS大改編

とりあえず帰宅後、駆け足で録画をチェック
しました。

気になった「THE NEWS」から先に…。

17:50 一般的なTOPニュースをまとめて

18:05 ローカル枠

18:45 ヘッドライン
18:47 CM無しで大枠ニュース数本
19:10 7時台最初のCM
引き続き…大枠ニュース
19:15 TOPICS枠(かわら版)
19:20 特集枠
19:40 スポーツ
19:45 全国の天気
19:47 エンディング

大まかな流れは、こんな感じでした。

初回は…まあ、ご祝儀的なもんで
特集も今日と明日連続でQちゃんをアメリカに
出しての…石川遼特集。

Qちゃんが取材するというより頭に立ててるだけ。

スタジオでも、小林姉が看板娘で立たされて…
恐らく、今夜は、ひどい肩凝りに悩まされてるでしょう(笑)。
天気後のずっこけも、怒られてる事でしょう(笑)。

先日心配したような”ぶつ切り”感は…
それほど無かったものの…
「総力報道」と言うほどの熱意というか骨太さは
感じませんでしたな。
後藤さんも…出た時間は、それほども無し。
踏ん張るのは…サブキャスター陣とNA陣って感じ。

キャスターニュース番組では無く、
TBSの報道陣が”総力”を出して、頑張るんでしょう。

総力ねえ…

ま、置いといて…

構成を見てみると…
頭15分と後半立ち上げ30分、同じネタを
見せ方を変えてる…というのは、なかなか面白い。
7時台前後をCM無しで引っ張るのも、
NHKへの対抗としては、有効でしょう。
”いつのまにか”7時を通過させる為に、
後半、時計を出さないのも、
戦略としては理解できます。

ただ…7時10分から7時20分の特集までの
見せ方が…どうかなあ。
あそこで、幾らか逃げるんちゃうかなあ…。

ガツンと掴むところに、泥棒退治した婆ちゃんと
自社のキャンペーンがらみで榮倉奈々…というのは。

初回だし、進行をスムースにさせるために、
ほとんどV進行基本でいったのは仕方無いか。

独占大物生インタビュー的な企画があっても
いいのになあ…。

スタジオセットですが…
メインキャスター席を高くして
クレーンカメラでフォロー、
サブキャスターフロアが下で広く取り、
バーチャルフロアをその前に設置…という
立体的な配置は、飽きずにいいでしょう。
ただ、後方に連なるモニター群とか
見えるはず無い時計と立体世界地図は、センス無し。
テレ朝みたいに、もっと報道フロアが後ろに
はっきり見えてるほうがリアルじゃないかな…。

画面構成は、常に左上に出るロゴと
その基本カラーの深い青色と締まったイエローは
なかなかいいセンスです。

さて…マーヤの行方ですなあ。

親しみやすさと報道キャスターの狭間で
…切り替えしすぎて多重人格のように見えます。
自分の言葉じゃない…恐らく、後藤さんや
ディレクター、プロデューサー陣から
与えられた台詞を”こなす”だけに追われてて
残念ながら、良さが…皆無。

長岡さんで充分…って気にさえなる。

まあ、ゴールデンに片足突っ込んでると、そうも
いかないですわな。

ってことは…やっぱり、大事件、大事故の際、
どう出せるか?そこが見ものだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月30日 (月)

2009年春新ドラマ期待値チェック

時間が経つのは速いもので…

もお1クールすぎたのね。

さあ、各局手が緩む春夏シーズン。果たして…?

月9「婚カツ!」(CX)

なんでっか…。物量作戦でっか。
中居くん、彩ちゃん、佐藤隆太…
これまで騒々しい3トップですなあ。
監督は、マーちんなので…
彩ちゃんも、共同テレビもののような
アホアホでは無いとは思いますが。

題材がねえ。
いかにも時代に合わせたって感じ。
時代をリードしてみようよ。たまには…。
★☆

(やっぱり長くなるので…以下へ続く)

続きを読む "2009年春新ドラマ期待値チェック"

| | コメント (0) | トラックバック (7)

チバ森田…

千葉知事選、森田健作当選(ヤフー/産経)

小沢代表の影響とかよりも…

やっぱり俳優…というのが大きいのかなあ。

そのまんま宮崎、
橋下OSAKA…
健作チバ…
んんん、語呂悪いな。チバ森田…

どーでもええわ(笑)。

とりあえず…
「かっこいい千葉県を作りたい」(IZA)と
コメントしてるみたいですが…

コレとか(ちば犬)…コレとか(チーバくん)…

どう見ても、かっこいいとか
かわいいとは思えないのよねえ…

つーか、どーして県の形を使うのよ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

バスケは最後の5分が大事なんですよ>TeNYさん!

あーあ。

一番大事なところで見れずじまいですか。

なんだそりゃ。

HD中継で無かったのも残念ですが…
中途半端極まりない。

あと10分ほどですやん。
なんでかなあ…。

前半切れて、お尻も切れるって。

それなら、潔く、深夜の録画中継のほうが
納得できますわ。生の意味無し。

クレームの電話殺到中かな?

いや、最初から、そこまで期待してないか…。

んんんん。
スポーツ中継は、やっぱりラジオですなあ(笑)。
あ。まだ出てないけど、またあるよ。
ポートで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改編妄想<TBSの冒険…

4月を待たず、30(月)からTBSが大改編。

で、今、BSN(新潟のTBS系)では
「そらナビ」をやってますが…
コレ、来週からの昼間ワイド「ひるおび!」の中、
金曜1時前からの1コーナーだと思ってました。

実は、制作は名古屋のCBCで、
中京地区では、これまで土曜夕方ずっと続いてた
お天気ワイド番組なんですな。

で、金曜の2時前からの「バンバンバン」も
調べたら…制作は大阪のMBS。

なるほどね。

今回の大改編では、昼1時台、これまで15分枠の
ドラマを制作していたのが、この準キー2局。
これを打ち切る代わりの枠として週1回1Hずつ
制作を割り当てられたのが、上の2本ですか。
そうですか。

かつて1985年、テレ朝でNステが開始された際も
系列局から相当反対の声があったそうで、
80分のうち、後半は…各局ローカルセールス枠に
割り当てられて、報ステの今まで、そのCM販売形式が
続いています。

今回の大改編のような場合、こういった
各系列局の編成や営業との折り合いが
大変になってくるわけですな。

特にJNN系は老舗局が多いので、自社制作率が
高いところが多い分、調整は大変でしょう。

だって…TBS本局では、昼間の4時間生ワイドと
銘打って始めますが…こちら新潟のBSNでは
11時半のニュースを入れずに考えれば
12時~3時前までの3時間。
TV雑誌で一緒に乗ってた長野のSBCでは
12時~2時の2時間ですわ。

恐らく、こういった…各局の「事情」から
飛び乗り、飛び降りが可能な構成なので
王様のブランチ以上に、ぶつ切り感が出そうな予感。

TBSとしての理想形と系列局の事情…
うまい具合に両立できる構成と演出が出来れば
いいんですが…果たして。。。。

で、5時台はサカスからの公開生。
そして、6時台、7時台には「ザ・ニュース」。
こっちも、系列各局:夕方の基幹ニュースが
立ちはだかる訳で…2時間のワイドニュースと言いつつ…
17:50~18:05 TBS発(恐らくトップニュース枠)
18:05~18:45 ローカルニュース枠
18:45~19:50 TBS発
と3ブロックに分断される訳ですな。
恐らく…3パート目も、営業的に見れば
6時台と7時台で料金が違うはずなので
6:55頃、CMで分断されるでしょう。

昔から…23時台の枠でも
前半が報道担当、後半がスポーツ担当…と
分断されてて大変だった…というのを
業界雑誌で読んだ事がありますが…
今回、果たしてどう展開していくか?

ま、大きな事件・事故があった時、
真価が発揮されるんでしょう。

ってことで…もちろん月曜は、全枠録画予約して
チェック体制は万全です。
(って、こんな長時間、いつ再生できるやら)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

でれーど!?

なんじゃいMJTV!
生中継ちゃうんかい

あほんだら!

F1の予選見るべ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千円の為…?<ETC渋滞

高速1000円、SA賑わう(MSN/産経)

初日からアホが湧いて出てきてますぞ。

もちろんETCは、便利なアイテムだとは思いますが
だからといって、無理して遠距離ドライブしてもねえ…

パパさん、肩凝りまっせ。

さて…いつもニコニコ現金払いな車が無視される
今回の長距離サービスですが、ブームに振り回される
首都圏の人たちだけか?と思ったら、ニュース記事など
見てると、関西の高速でも渋滞が起きてるそうな。

関西人って、もっとお金にシビアだから、
話題に乗ってETC付ける人、少ないか…
と思いましたが、そーでもないようですな。

さて…ブームに乗り遅れたくない!
早くETC取り付けたい!…という皆様…

ちょっとお茶でも飲んでクールダウンしませんか?

そもそも、1000円サービスがETC「のみ」という点で
「?」と思わないと…まず。
そりゃ便利なETCの早期普及がお目当て…ってことは
すぐ判ります。
じゃ、無茶な1000円という低料金がどーして
いきなり実現したのか?
どっかに裏があるはずでしょ。
そこで…このブログの解説。

きっこのブログさんの記事

以前、報道番組の特集でも出てたので、
このへんの裏事情…筆者の妄想ではないはずです。

でも1000円だし…
やっぱり付けたい…そんな気持ちもわからではない。
ただ…これだけエコエコ(あざらく…死語)言ってる
現代に、どんどん車乗って走り回って、
渋滞作って排気ガス撒いて…
無駄なガソリン消費して…いいんでしょうか?

そして…1000円で旅行するために、
高い機械を買って、工賃払って、
団体への申し込み金払って…ってどうなのよ?
ま、人間、便利さと安さには弱いのね。

恐らく、車旅行の人が急増して、
公共交通機関の利用者が激減しそうな予感。

世界的に見て、恥ずかしい状況だと思うんですが
どうでしょう。

ま…車持って無いチャリ族のひがみも数パーセント
入ってますから…受け流してもらっていい記事です。

さあ、もうすぐ長岡のアルビVS埼玉、始まる。
bjtv見ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

改編期は大変期

いやはや。

アルビフリークのY君にスタジオを譲って…
すでに3時間半。

なんとまあ時間の経つのが速い事か。

番組の仕込みとかじゃなく、ホンマに雑用的な
仕事ばっかりで、大変ですわ。

番組自体は4月以降も続きますが…
若干のリニューアルとか、
提供枠の変更とか…
細々細々したこと1つ1つを麦踏みのように
ゆっくり押さえていかないと…
4月に入ってから大変ですからね。

ちなみに…TCでは、枠自体は変わりないですが
聞いた感じは結構、変わるんじゃないかな?
BGM関係を総入れ替えする予定です。
まあ4年半経ってますし、リフレッシュするには
いい時期かもね。
といっても音楽のテイストは同じです。

んで、にゃんこ先生から引き継いで仕切ってる
日曜のノザですが、こちらも若干聞いた感じが
変わるかも。
番組のコーナーを整理して、皆さんのライフスタイルに
合わせて配置しなおします。
基本的なコンテンツは、ほとんどそのままですが。

まあ、お部屋の模様替え気分で
お楽しみ下さい。

さてと…
次は、何の仕事するかな????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

今さら…WBC

それにしても日本人は…というより東京人は
フィーバー好きですな。

今大会の優勝で、侍JAPANグッズが
バカ売れしてるそうな…。

で…視聴率、もっと高いと思いましたけどね(デイリー)

今の視聴率って、機械置いてる家だけの数字でしょ。
たぶん、会社や店や、車のTVでこっそり見てた
外回りの営業マンとか…
アンケート取れば、もっと高いんちゃう?

ポートも、あの小さいTVに、みんな群がってたもん。

もお先週から、パライソやTCの真裏に生中継が
来てたから、大変でした。
ADが女の子だった日だと、TV見て、スタジオ来て
「えーっと、日本が…誰だっけ。打って…」
てな具合で、大変だったり(笑)。

決勝戦では、ヒロエさんが言ってたように
スタジオブースの真ん中では、
ワンセグが受信できない(たぶんスタジオの
構造上、シールドの為、不要な電波が
入らないのかも)ってことで、外(サブ)の
窓際に置いたんですが…

画面が小さいもんだから、カウント見えない(苦笑)。

んで、地上アナログより数秒遅いので、
外のTVの前で歓声が上がるほうが早く、
ワンセグで速報体制敷いても意味無し…。

おまけに優勝の瞬間、2:40のニュース直前の
トーク枠で、タテも南雲さんも…見れず。
ホンマに残念でした。
スタジオの外は、大変賑やかでした(笑)。

案の定、メールの受信数も
3時台に入ってから急増…みんな、
ねこまんま…好きかい?特集、聞いてた?

そんなこんなでバタバタだった数日間が終わり、
今日は、やっとこさ、いつもの雰囲気で
番組が出来ました。


さて…
土曜のNHKの特番でも、視聴者代表の1人が
触れてましたが、この…全国が大フィーバーになった
第2回WBCですが、日本で唯一…乗り遅れてたのが
秋田県…だそうで。

JNN(TBS系)のTV局が、秋田のみ、無いんですな。

厳密に言えば…他にも無い県がありますが
近隣県の系列局を受信できるので、
本当に電波に無視されたのが秋田だけ…
だそうで。

そのへんの裏事情がウィキにありました
秋田朝日放送の項(ウィキペディア)
「秋田3局目がテレ朝系になったいきさつ」参照

こんな事があると、余計にスカパー加入が
加速しそう。
スカパーといえば、JスポーツのWBC中継、
決勝の実況は…元NHK名アナウンサー島村俊治さん
でしたね。

TBSの騒々しい実況と違い、冷静な実況で
落ち着いて見れましたぞ。

ってことで侍JAPANの事を全く書いてなくて
こりゃ失敬(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

民放FM聞いてますか?コブクロ好きですか?

そうですか。NHKでクラシック聞いてますか(笑)。

さてと(笑)。
駅南コミュニティさんは、
J-WAVEがコブクロやってるからでしょうか。
別番組になってますな。
Jがコミュニティ配信向けに差し替え番組、組んでるのかな?

で、コブクロ、1曲長いから、
それほど曲数、稼げませんなあ。

さて…ラジオマニアの方の中には、
あっちこっち回してる人もいるでしょうか?
首都圏とか関西圏だと3局程度、3台ラジオあれば
聞き比べできるでしょ。

今、幸西とポートをザッピングしてたんですが
ポートの方が、コンマ数秒早いですな。
JFNは衛星で送ってる分、遅れるんですな。
ポートは、たぶん、TFM-JWAVE-PORTの流れで
受けてるんちゃうかな?

音質も違います。
幸西では、低音がズボッと出てます。
ポートは、高音がすっきり出てます。
幸西のほうが、ミックスした音が1つのかたまりになってて、
楽器1つずつの存在がわかるんですが
コブクロの2人の声がちょい引っ込んでます。
ポートは、コブクロの2人の声が前に出てて
楽器類がバックで1つになってる感じ。

マスター(主調整室)の最終調整の癖がよくわかりますわ。

もしかすると、F東とJでも違いが出てるかもね。

また、数ヶ月後出る「放送技術」のレポート、
楽しみに待とうっと。

昨年は…1年目で相当大変だったみたいです。(8月号だったか)


あれ?時間余ったか(笑)。
MCで引っ張ってるな。

あ。克也さん出てきた。コレ、事前録音した声ね。

本来は、たぶん「虹」が流れてる途中で、このNAが
入るはずだったんじゃないかな?
今、BGMでCDからの音、流してるし(苦笑)。

じゃ、このあとは愛ちゃんでどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

NHK「テレビの、これから」②

えーっと…

言っていいのか悪いのか?(苦笑)

実は、この番組「出ませんか?」って
誘われてたんですが…日曜朝の番組の人事異動などで
手が離せないし、ラジオ屋という立場もあるので、
辞退させてもらってました。

んで、今日は生でじっくり(ちょっとブログ書いてましたが)
視聴してました。

いやあ…藤やんやABC松本はんに会いたかったなあ(笑)。

これから打ち上げとか、あるんやろか?(謎)

んなこた、どーでもええ。

いやあ、NHKなんで、日曜討論のように
筋書き通りに進める番組やろな…と推測してたんですが
いやいや、どうして。

結構、リアルに、言わせてましたな。

んで、三宅はんも、筋は押さえつつ、
自由に言わせてましたな。司会、お見事。

さっき言ったように、
NHK側からお誘いあった際、事前にいろいろ
HPのフォームから意見を述べさせてもらったんですが
結構、ドライに批判してたんですわ。

今日の放送を見てたら、結構偏った意見だったのが
判りました。
視聴者代表の皆さんのキャスティングも
バランスが良かったんでしょうが、
いろんな立場の人たちの、いろんな意見が聞けたし、
正面に座ってた(TVの現場じゃない)人たちの話も
興味深かったです。

特に、糸井さんの発言には、脱帽。

ネットとTV(TV離れ)のパートでは
”今まではTV漬け過ぎたのであって、
「見なくなった」のは、元に戻った”とか、
オンデマンドのパートで、藤やんの発言の後(下記参照)
”人は…他人と「同じ体験」する事で安心するもの”とか、
エンディングの”TVは「あってもいい」存在”…
というのは、ちょっと「はっ」とさせられましたわ。

あと、藤やんが…オンデマンドの話題の際、
「TVは、同時に見るから、みんな共通の話題になる」
というのも、納得しました。
まあ、どうでしょうを思い出したから余計、
そう思ったんですが…。

予想外に、有意義な時間を過ごせました。

トトロはん、お疲れ様でした。

黒部ダムは見れなかったけど(苦笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NHK「テレビの、これから」①

いやあ、意外と突っ込んでますなあ。

感想、批評は第2部が終わってから述べるとして…

左半分…制作サイドの出演者、いい面子ですなあ。

なんとまあ藤やんとナイトスクープの松本はんが
隣どおしで並んでるのに感激!

フジのきくちはんも…いいですねえ。
相棒の松本Pは…照れすぎ(笑)。
ガイアのPも出てますな。あの番組はイイ。
んで、鶴間はん、出てますやん。
ラジオはアメリカンですなあ。欽ちゃんですなあ。

ってことで、もっと毒のある番組の制作陣も
呼んで欲しかったなあ。右側の視聴者メンバーから
集中砲火浴びてほしかったなあ。

それはそうと…

藤やん、だいぶ痩せたね。
首元、すごくすっきりしてるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

総合がFMを表現できるか<NHKプレミアム10「FMに愛をこめて」

小野アナが司会という時点で「?」でしたが…

何よりも、どーしてアルフィーなのよ?

アーティスト出すからタイアップで
歌わせないとダメでしょーが。

あれで15分程度は取られてたでしょ。
んで、音質がいいならまだしも…。

いやはや。

っていうか、この企画には無理があったと思いますよ。

NHK-FMでポップス、ロックに絞る時点で無理がある。

半分以上の時間は、クラシックとか邦楽(古典的なほうね)でしょ。

で、進行を見てると…
ジョンカビラ氏をゲストに迎えたり、
ジェットストリームの音源を紹介したり…
FM界全体を見つめるのか?と思えば、
そんな…業界的な動きは、ほとんど無く…
んで、FMの事をトークしてるのに、
どう聞いても…AM的だったり深夜ラジオの話が出たり…

途中でコミュニティFMの事が出てきたり…

志向性が大変曖昧なまま、最後も
アルフィーのスタジオライブで終わってしまって。

何を表現したいのか?最後まで曖昧で
奇妙な特番でした。

本当に、NHK-FMの40年を語るなら…
ラジオスタジオに小さいカメラを持ち込んで
DJスタイルでやるべきで、
音楽を流すなら…PVや、CD音声に時代の映像を
合わせるだけでいいんです。
過去の放送音源をたっぷり流すとか…。
FM黎明期の裏話とか…。
さらに言うなら、土曜のリクエストアワーの
各局の名物アナを振り返るとか…
手法は色々あったはず。

今夜の放送では、これまでリスナーだった人…
というより普段ラジオを聞かない人への
基礎講座の、それも”さわり”としか思えず…
アルフィーが、NHK-FMを支えた(?)ように
思われてしまうのでは???

で、FM全体を振り返るなら
F東やJWAVEなど各局を紹介したり、
今ある課題を出したり…(ま、専門的過ぎるけど)…
たとえば、ヘビロ(パワープレイ)のシステムとか
FM雑誌の衰退の一因として、
第2FM開局ブーム以降の、曲繋ぎ、
DJイントロしゃべり…というスタイルの流行とかも
あることも出さないとだめだし。

エンディングで、ラジオDJとリスナーの距離の近さとか
語ってましたが…それってFMに限った事じゃないし、
NHK-FMが、それを徹底できてるかっていうのも
「?」ですし。。。

結局、この企画は…総合というよりは教育とか
BSでこそやるべき特番だったんじゃないですか?


ん?今、総合で番宣やってますが、次の朝ドラで
コミュニティFMが題材の1つになるんですか。
んで、あんなコーナーがあったのね。

なんだそりゃ。

我々のような県域よりも広く、全国的なマスの放送を
しているNHKが、どーして地域密着のFMを紹介
するのか?…やっとわかりましたわ。

はてさて…
実際のNHK-FMの現場の人たちが今夜の特番を見て
納得したのか?…聞いてみたいところですわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こんなん来ますけど~<映画「鴨川ホルモー」

そういえば…大阪時代、よく配給会社の試写室で

寝てるH村さん、見たっけ…。

それはさておき…

来週、新潟で映画のキャンペーンがありまして…

役者さんたちがやってきます。

その映画が「鴨川ホルモー」。

「鹿男あをによし」の万城目さんデビュー小説の
映画化です。

ひと足早く、拝見しましたが…

これがまあ。ははっはは。ええわ。
真面目にアホやると、おもろいわ。

何よりも、オール京都ロケ&京都の撮影所で
撮ってるんで、すごくリアルなんですな。

「鹿男~」の際は、ロボット制御の鹿を使ってて、
ちょっと醒めましたが…今回はGONZO制作の
CGなので、これがまた…
実写とのマッチングが最高にいい。

奇想天外でアホな話のはずなのに、
いつの間にか…すっかりハマってまして、
見終わってからの爽快感もいい。

なんというか…
学生時代の、なんとも言えない独特の空気感を
思い出す…青春映画の秀作と言えそうです。

とりあえず…26(木)が新潟CP。

なんとポートのスタジオに4名様、お通しです。
ってことはオニは400匹(笑)。
んもー、ゲロンチョリー!!

 鴨川ホルモー 鴨川ホルモー
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

2009年第1期ドラマ各賞発表

まだ最終回を迎えていないものもありますが
もお、結果は出てる(自分の中でね)ので、
やっちゃいます。時間がある時に…(笑)。

今回は、いい作品と悪い作品…その分布が
まんべんなく…ある…という、いいのか悪いのか?
バランスの取れたラインナップになりました。

単純にクオリティが高いとか悪いという部分でなく
その枠、視聴者ターゲットに合ってるかどうか…
という意味でも意味のあるシーズンだったかも
知れませんね。
特に評価対象外の続編でしたが…
「特命係長只野仁」は、ゴールデンに上げた分
これまでの視聴者層から離れるとともに、
過激さを出せずに失敗した…という意味で
代表的な例になりました。

一方…過激すぎて、枠レギュラースポンサーが
どんどん退き、最終回はコカコーラ1社のみ…
となった「銭ゲバ」は…民放ドラマの難しさを
実感せずには、いられない…本当の意味で
”トライアングル”(局:視聴者:企業)を
感じてしまいました。

第1話終了時点でのランキング

それでは…各賞発表。(もちろん独断)

主演男優賞 松山ケンイチ(銭ゲバ)
主演女優賞 南沢奈央(赤い糸)
助演男優賞 小日向文世(トライアングル) 
助演女優賞 ミムラ(銭ゲバ)
新人賞    (該当者無し)
◆特別新人賞 加藤清史郎(天地人:与六)

演出賞    大谷太郎(銭ゲバ)
脚本賞    水橋文美江(トライアングル)
撮影賞    「銭ゲバ」 
編集賞    「銭ゲバ」
効果賞    「メイちゃんの執事」
企画賞    「銭ゲバ」
主題歌賞   HY「366日」(赤い糸)
        ロッカトレンチ「My Sunshine」(メイちゃんの執事)
音楽賞    金子隆博(銭ゲバ)

作品賞    「トライアングル」

んんん…悩みましたなあ。
個人的には「トライアングル」「銭ゲバ」「VOICE」が3トップ。
どれを作品賞にするか?は、難しいところですが
「銭ゲバ」の場合、例の…3つのバランスが崩れた面で
1ポイントマイナスでしたね。
「VOICE」は、毎回、いい話で涙を誘うので、
心地よい視聴後感はありますが、いかんせん
「水戸黄門」形式の”お決まりパターン”で構成されてる…
作品としてのトータルで観た場合、
やはり「トライアングル」の統一感が一歩抜け出てました。

さて…「赤い糸」ですが、
例によってフジのクールずらし作戦の一本ですが
純粋な青春恋愛物としては、なかなかの秀作で、
映画とテレビ、ドラマとスポンサー…という
メディアミックスとしての成功と、
全てを事前に撮影した事での作品の完成度の
高さが良かった…と感じています。

新人賞は、本来の対象作品群では該当無しですが
世間の話題的に、この子(与六)は、はずせません。
なので、特別新人賞(本当は新人じゃないんですが)
を設定しました。

効果賞の「メイちゃんの執事」ですが…
作品的にはドタバタでした。しかし、
学生役の女優たちと執事役の男優たちを
これでもか!というくらいチャーミングに
カッコよく映像に残す事に、現場のスタッフが
頑張った事が、見て取れたところを評価しました。

しかし…

今期は、なんといっても「銭ゲバ」の存在でしょう。

とにかく役者陣の力の入れようがすごい。
あのミムラ(姉)の…気がふれた芝居を解き放つ
シーンの激しさったら…
松山君を圧倒する芝居でした。
最終回の妄想ハッピードラマと現実(本編)との
ギャップを同一俳優陣が演じ、それを
見事に成立させられたのも、演技力の賜物。
拍手しかありません。
そして、最後まで踏ん張って放送した編成にも
感謝。

名前も出なかった作品群は…
事務所に振り回されたり、
脚本家は名前だけにあらず…が
フタを開けてから気付かされたり、
コンセプトが曖昧なままグダグダに終わったり…
残念なものが多かったですな。

とりあえず…
頑張ったで賞を次の方々に贈ります。

大野君(歌のおにいさん)
坂口君(本日~)サーフィン我慢したんでしょ?
菅野さん(キイナ)図書館で毎回おでこ痛かったでしょ?

参考:2008年第四期各賞


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

名無しは、透明人間

今週は、なんか名無しのコメントが来ますな。

悪意に満ちた…

正当な批判なら甘んじて受けますが
記事の内容と関係なく怒ってらっしゃる…

まあそれも、PNくらいでも記名してりゃあ
いいですが…全く無記名ですからな。

ハリポタの中の1シーンでありましたが
透明マントに身を包んで、こっそり行動する…
のと同じ。子供の頃のピンポンダッシュと同じ。

裏サイトだの炎上だの言うご時勢、
これが普通になるのは、恐い事です。

この記事
単純に、日曜の自分の行動を記録しただけ。

それに対して…
あなたが勤めている放送局はリスナー重視なのですか、
それともあなた方スタッフ、ナビ重視なのですか?
都合悪いことは寝てごまかさないでください。
なれあいもほどほどに。

都合悪い事って?
馴れ合いって??
リスナーが大事に決まってるじゃないですか。
…て、どこに、そんな事、書きました?

リスナーから送られてきたメールを
パクって更新すれば。いつものように。

メールを引用して記事にした事は一度もありません。
いつもっていつのことでっしゃろ?

一方、こっちの記事は…単に大阪ラジオの話
ですが…きついだけなら、じゃあーさいなら。

きつい…と書いたのは、それだけ
大阪の長寿番組DJへのリスペクトを表してる訳です。
そこに「だけ」を勝手に付けられては困ります。
勝手にお別れされても、こっちは勤務ですぞ。
周波数からお別れするならご勝手に。

とまあ、まともに取り合うのも呆れます。

ただ、無視してるとも思われたく無い訳ですわ。

逆に、ムキになってると思われて”思うツボ”ってか?

あ。でも、コメント削除してないだけ紳士的でっしゃろ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

だるビッシュ

んんんん。

インタビューで残念がるくらいの仕草は欲しかった。
飄々としすぎです。

1回の立ち上がりか…
大事ですなあ。

日曜のビッグスワン、思い出したわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ZZZZZ…

眠い…

えっと。今日は、ノザの番組を代打で担当。

昨夜、緊張してたのか?朝は目覚まし時計より
先に自然に…目が覚めてしまいまして…

ADより先に出勤。

んで5時間OAやって…
その後、千夏ちゃんとノザは「酒の陣」へ。
わたくしは…チャリで小雨の中、ビッグスワンへ。

もちろん中継の手伝いなんかじゃなく(爆)
チケット買って、バックスタンドで観戦。
いやあ…ホーム開幕戦は、毎年、いいですなあ。
わくわくします。

例によって”ヒロ泉田”の挨拶があって…
にぎにぎしく開幕。
ちょうど正面にはPORTの放送席も見えました。

いいですな。実況聞きながらの観戦、
特に今回は、解説がイイので、面白く見れました。
んで、前半いきなりのアレでしょ。
興奮しますって!そりゃ。んで3分後でしょ。
騒ぎもしますわ。

まあ、後半ロスタイム、ゲームセットの数秒前の失点は
ちょっとグダグダでしたが…それもまたアルビってことで。

で、PORTに戻って、月曜TCの選曲。
今、終了でございます。

ちょうど、ノザの番組のミキサーけんちゃんも、
今、ジェイズのエンディングですな。
眠たいやろな。

こっちもさっきから、あくび出っぱなし。

おやしゅ(眞鍋はん風)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

大阪の朝の声

ポップ対歌謡曲のネタを書いたので、
久々にABCとMBSのサイトを見たら…

相変わらず、おはパソありがとう
放送してるんですなあ。

どちらも、メディアプレイヤーで当日朝の
放送を聞けるようなので…
再生してみました。
ありがとうの方は、8時台の新聞記事紹介
丸ごと1時間もあって流石に全部は
聞けません。
おはパソは、スポーツの話題が聞けました。

道上さんは、相変わらずの悪声で
的を得たネタ(最新版はWBCネタでした)。
浜村さんは…
いつのまにか声がフガフガしてました(爆)。

そりゃ35年も毎朝やってますしね…。

道上さんも、今度の春分の日は
32周年公開生で長居からOAだそうで。

対する802も、ジーンさんからヒロTが受け継いで
今秋で10年を迎えますなあ。
FAI時代から行けば、金曜に関しては…
6月で丸20年か。

いやあ…3人とも長老ですわあ。

この均衡が崩れた時、
大阪の朝の勢力は、どう変わるんでしょうね。

アメリカ3大ネットの夕方ニュースも
いつの間にやら…黄金トリオは居なくなりましたし、
こういうバランスって…結構大事なんですね。

っていうか…道上、浜村、寺平…この
3人を超える大阪の若手って出てくるんかな?

新潟の場合は…
早朝は、麻理ちゃんのアクの強さがずば抜けてます。
昼前は、ヒロエ、近藤で競って、幸西はネットでしょ。
夕方は、仁さんとサテ(日替わりですからねえ…)、
やっぱ激戦は…タテ、ヤン、姉さんの午後イチですなあ。
最近、ヤンが元気玉の勢いで来てますわな。
鍵冨さんもロビンもいない今、タテが一番長いのよね。
TCは…今年秋でも、まだ5年。
いやあ、浜村さんまであと30年やって(笑)。
ヒロTまででも、あと5年…いや15年!
きっついなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日産ミュージックギャラリー「ポップ対歌謡曲」

今、白塗りのヤスケンが巻物読んでます(笑)。
新潟では、ついに「対決列島」がスタート。
魔の10週です。

それはさておき、新潟UXテレビでは、
どうでしょうの前に「検索ちゃん」が放送されてまして…

それを見るたびに思い出すのが…「ポップ対歌謡曲」です。

かつて大阪のABCラジオで…
昼1:30から放送されていた帯のクイズ(?)番組。

関西の芸人さんが「歌謡曲」チームと「ポップ」チームに
分かれていて…司会も芸人さん。
リスナーからの、それぞれへのリクエスト曲を
クイズに正解するとオンエアできる…というのが
”本来”のコンセプトです。

そう。”本来”の…。

大淀時代のABC本社1F:日産ギャラリーから
月-金、毎日公開生放送されていましたが…
人気の芸人さんと間近に合える為、
いつも賑やか。なので…
芸人さんたちのトークが盛り上がる訳です。

1時半から30分枠の生。生です。
そこに必ず4問のクイズと生CM(司会者が
原稿を読む)がマストで入ります。

しかし…
1:30 オープニング~しばらくトーク
1:40頃 1問目(何故かフリートーク続く)
1:48頃 2問目(段々焦り始める)
1:51頃 ピンポンパンポーン♪(生CM)
1:52頃 3問目(さらっと答える)
1:54頃 4問目(若手芸人出題クイズ…さらさらっと)
1:56頃 バタバタとエンディング

そうですねん。
頭でっかち、なんとか枠内に収める…
そんなのが”いつもの事”でした。

さっき、歌謡曲VSポップスで、正解すれば
曲が掛かる…と言いましたが…
ほとんど1コーラスかかるのは1問目の後くらい。
4問目に選ばれてしまえば、歌い出しくらいしか
掛かりませんでした。

さて…振り返って、「検索ちゃん」。
1本30分の収録に数時間掛かる(笑)と言われてますな。
1クールごとくらいに1回程度、
カットしたトークばっかりの特別編が放送されます。
これまた…CM枠まで頭でっかち。
(これ自体はテレ朝全般に言えますが…)

なんとも「ポップ対歌謡曲」に似てるテイストでございます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

そして誰もいなくなった

えー…ポートの制作、誰もいません。

ユニコーン行ったかな?

@LIFEが鳴り響いております。

聞いてて疲れる(爆)。

いやはや。
3月って大変だわ。。。。

あ。アルビのホーム開幕戦のチケット、まだだった。

うーん。
脳みそ疲れてるにょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

情熱大陸 大泉洋

↑このタイトル通りで検索してヒットした皆さん、
ようこそ(笑)。

情熱大陸公式サイト(09年3月8日放送分)

いやあ、どうでしょう本の小説で遅筆癖は知ってましたが
芝居の台本って、あんなに遅れて大丈夫なものなの??

ドキュメントとは言え、ある程度デフォルメしてるでしょうし、
5人とも役者だしね…
でも確かに筆が遅いようで…
仲間じゃなきゃ許してもらえないでしょね。

TEAM NACKS公式サイト

あの様子を見てると…GW前、札幌公演の千秋楽には
最初と相当違ってくるんでしょうなあ。

あれだけ舞台の様子を撮られてると、やっぱり見たく
なるもんで…でもチケットはもお無いんでしょうなあ。

さて…
昨日の記事で、最近、演技してる大泉さんしか
見てない…って書いてましたけど、久々に
素の姿を見たような気がします。

MBSのクルーが、どうでしょうを意識したのか
解かりませんが…佐賀の宿での苦悩の場面は
やっぱり、R-14の合宿を思い出しましたな。

しかし…今回の映像を見てると、
うれしーのアングルと広角レンズの工夫が
よく解かりました。
大泉さんの顔は、広角で撮ると、
映ってるだけで”おかしい”んですな。
標準レンズだと、普通だもん(笑)。
うれしーが撮ると、
素でも苦しんでても、おかしく見えるのね。。。
なるほど。。。
勉強になりました(謎)。

ってことで、”子猫”ちゃん達、大泉さんのファンには
なんの足しにもならないコメントでございました。
ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

朝ぼらけ~

むにゃむにゃ。

眠い(泣)。

んはよーございやす。今、ポートです。

2月いっぱいで、日曜朝のにゃんこ先生がDを離れて
TさんとYくんのツイン体制でGMPC-SUNを始めまして…

一応、チーフ的立場で統括してるんですが…

現場を担当しなくても、やっぱり立ち会う(といっても
スタジオ内で睨みを効かせてる訳では無いですが…)
責任っていうんですか?
その場にいないとねえ。

今まで、サンチョの時間(11時頃)に起きて
仮谷さんが終わるくらいに顔を出してたもんですから、
いきなり早朝出勤に変えると…体が付いてこない。

ぼーっとしてます。

たぶん、サンチョの頃には、目が覚めるでしょう(苦笑)。

ノザも隔週でDがかわるのは大変でしょうが…
実は、3週連続で交代になりますねん。

来週のサッカー中継。

サッカーってことはYくんは引っ張りだされるでしょ。
Tさんは、スポーツ中継の”受け”がレギュラーでしょ。
ってことで、統括”だけ”のはずでしたが…
わしが代打る事になりまして…

体を慣らす為にも、しっかり日曜早起きを
しておかんとならんですわ。

うにょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

にょういずみにょうの育ての親?

大泉洋を創りし人?

常々「?」と思ってるのが…
ココログ執筆フォームの右横に出てる
「ココログニュース」という奴。
どう見てもニュースというには浅いネタが羅列。

んで、なんでっか?
大泉洋を育てたのはミスターである…って?

ライターの小野しうこって誰?

んなこと、今さら書かれんでも、わかってるっちゅうねん。

っていうか…事務所の社長やんけ。

まあ、あのキャラを見出したのは大きいけど、
あんな濃い奴に育てたのは、学校教師の両親でっしゃろ。
「祭」の際、真駒内のステージで拝見しましたが
まあ、ご立派なご両親だこと。

なるほどな…と思いましたわ。

で、芸風から見れば、
ミスターと大泉さんは…どちらかと言えば対象的。
共鳴しあう…と言う意味では、藤やんのほうが
影響は大きいと思いますぞ。

といっても、どうでしょうを見れば
反面教師的ですが(笑)。

冗談はさておき…
「1×8」見ても、大泉さんの面白さを
充分引き出せてるようには感じ無いので、
やっぱり、藤やんの功績は、演出家として
大きいと思います。

いくら素質があっても、それを効率良く引き出せるか?
は、演出次第なんですから。

ただ…
最近、全国ネットでは、演じる大泉さんしか
出て来ないので、是非、バラエティでMCを
させて欲しい…と思いますなあ。

いや…でも東京では、あの味は出ないかなあ…。

司会より、泳がせて活きる…部分が大きいしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PE’Zなんです。

いやまあ…
実は、今日TCを終えて、スタジオを
Y君に託して…出てきてから知ったんですわ。

Pe’zmoku公演中止&変更(公式サイト)

ツアー頭のほうは中止になったようですが
新潟公演は、PE’Zとして公演を行なうようです。

つい先月、新シングルを発売したばかりで
残念ですが…PE’Z単体でも、めちゃカッコいいですから
払い戻しせず、見に行って欲しいですなあ。

サウンドソニックHP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広いアルビとコンパクトなアルビ

えー…金曜のTCは、
前半3時までが私ふぐの担当、
その後、アルビフリークが…Y君の担当です。

ので…アルビに関しては素人なんですが、
今日は冒頭から、アルビ開幕に関してのメールが
多く寄せられてましたね。

味スタへ向かう人、仕事でTVも見れない…けど
応援するって言う人、そして…明日の事を思うと
仕事が手に付かないという人…
やっぱり、サッカーのアルビへの想いが大きい人は
大変多い…というのが解かりました。

一方、BBのほうは…
このところ調子が悪い。
これは朱鷺メッセの観客席を見ても、
以前より熱さが弱いので、よく解かります。

ただ、かぶりつきの面々は、相変わらず
毎試合、観戦…というより、選手たちと一緒に
熱く闘っています。
なんか、もお一心同体って感じなんですよね。
85年以前のタイガースのような…
強かろうが弱かろうが、関係無い…
そこがチームの強さでしょう。

客観的に見れば…
サッカーもバスケも選手の入れ替わりが
毎年あって、全く同じチームでは無い訳です。
でも、同じように応援する。
まあ、よく 「オレンジスピリッツ」と言われますが
アルビというチーム自体が生き物なんでしょう。

さあ、PORTでは…
明日土曜、イオン新潟南でパブリックビューイングが
あります。
タテもY君も、放送終了後は…昼飯も食わず飛び出しで
イオンに向かいます(駐車場、大丈夫かな?)。
是非、真オレンジに染めて下さい!

んで…
PORTのHPには出てませんが、
アルビのHPには出てますから、もお公ってことでしょ?

ホーム開幕戦(15(日))VS鹿島は…
FMPORTで生中継でございやす!
14(土)は仮谷さんのサントノーレの公開生があって
翌日はビッグスワン。
ポートの技術チームは鬼の形相で計画練ってますわ(笑)。

試合の前後も余裕見て編成してるそうなので
ビッグスワンへ向かう時も、お帰りの際も、
ずっと79.0でお楽しみください。

あ。あさっての朱鷺メッセからの生中継も
お忘れなく。

そうそう。イオンといえば、22(日)も仮谷さん、
公開生だわ。技術チーム休み無しですだわ。。。

タテも、いつ休めるのやら…。

あ、ちなみに…
今週末の朱鷺メッセは、場内MCしないって。
まさかサッカーの応援団長した直後の
場内MCは酷ってもんですわな。
でも朱鷺メッセには急行するそうですよ。

ん?わし?
いつものように”観客”として朱鷺メッセに行きます。
イオンは…検討中(爆)。
だって、家でもスカパーE2見れるもん。
ハイビジョンだもん(笑)。

いや…でも、やっぱり、サッカー開幕は
ワクワクしますな。

昼間もアルビ、夜もアルビ…
あ、WBCは日韓戦…19時試合開始だって。
朱鷺メッセでワンセグ見るのはダメだじょー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

滋賀県民の皆さん~

最近、ぬかるみの世界の録音カセットを
パソコンへデジタル化する作業をしてる…

そんな中、カセット群の中に1本、
懐かしいものを発見しまして…
それは「おひるねっとステーション」の同録。

なんかお盆休みの時の生放送の録音で、
お題の振りを「みんな休んでるから私たちも休む!」
ってことで「今日のお題を考えて!」というものでした。

いやあ懐かしい。
今の会社へ入って最初に担当したのが
e-RADIO(FM滋賀)の「おひるねっとステーション」の
立ち上げ(2000年5月1日)でした。

で、ふと思った。
終わったのって…いつだっけ??

凛さん!ぷわさーん!当時の常連の皆さん~!
ふぐD、カンちゃんといった我ら初期チームが
去ったのって、いつだったか覚えてない?(笑)。

当時、バタバタしてて、結局記憶にないのよねえ。

まっちゅーは、ミスドの前を通るたびに声は
聞くんだけどねえ…(TCの裏なので「ミヤネ屋」の
ナレーションは聞いた事無いですが…)

まあ個人的な経歴の整理の意味もあるけど…
担当した番組って、どんな事やってたか?の
中身の記憶は焼きついてるけど、データ的な所は
ダメですなあ。
TCでは、毎日のデータを残してるので、万全ですが…。

あ。滋賀ついでに(笑)…
ワラをはじめ、滋賀レイクスターズも応援よろしくねー。
ついでのついでに…
BBCの牧田くんもよろしくねー。
(神戸学院大の放送局出身では数少ない現役アナだし)

んで、新潟へお越しの際は、ポートをよろしく。
タウンクロッシングをよろしくねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラヂオの時間は無限ぢゃない

今、スカパーで三谷作品の「ラヂオの時間」を
放送してまして、たまたま見てまして…

劇場で見た時の腹立たしさが蘇ってきました。

一般的には、ギョーカイの内幕的なドタバタや
最終的に大団円を迎える構成で、評価が
高いようですが…

あまりにも…リアリティが無さ過ぎて…。

何よりも、今ドキ…深夜に生で
コンテスト受賞した素人脚本で
一流俳優でドラマを放送する…なんて
ありえない。

「テーマ曲で繋いどけ」
「ニュースだニュース」
「CM連打しとけ」

何度もトラブルが起こって、そのたびに中断…
スタジオからあっちへこっちへ走り回り…

いやはや。

ラジオのCMなんて…長くて1枠2分。
その間にスタジオから警備室に下りて
上がってくるって…無理無理。

万が一(?)生ドラマを放送するとして…
元々のドラマ脚本に合わせて枠を設定するんだから
トラブルが続けば、延長するしか無いだろうに…

SEを様々な道具を使って出すところだけは
感心しましたけどね…。

えー…

そもそも、ラジオドラマって…作品性が大事な分
リスクの高い生でする事は、まず無い。
録音して、音楽と効果音を合わせて
尺を合わせて…こそ出来るもの。

舞台では、面白ろ可笑しく転がせても、
映画にしちゃうと…なんかねえ。。。

あと…唐沢演じるDが、肩からカーディガン
掛けるギョーカイファッションですが
そんなラジオD、今、いません(苦笑)。

で、Pがいて、編成がいて…営業さんは?
航空会社がスポンサーについてるのに
営業さんが立ち会わないなんて、ありえない。。。

あ。今、エンディングやってますが
世界の渡辺謙(トラックドライバー)大絶賛…
そお?
あんなに穴ボコの放送なのに…。

いやはや。

もお、3時ですか。寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

こんなん来ましたけど~<高橋幸宏ニューアルバム「Page By Page」

Page By Page Music Page By Page

アーティスト:高橋幸宏
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もお…ジャケ写見る限りは、大正時代の大学教授(笑)。
この写真で、あのサウンドは普通、想像しないでしょうね。

もお、1フレーズ聞いただけで”これぞ!幸宏さん”。
奇妙な雰囲気のデジタル音なのに…
曲が進むにつれて、独特の詫び寂びと
漂うような…浮遊感が耳元を包み込みます。

ま、好き嫌いはあるでしょうが…。

仕事しながら聞いてると…いい感じで進みますわ。
私の場合。

★★★☆

んで、あのボーカルは…ただ重ねてるだけなのかな?
昔から、あんな声の加工ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

まさに…関西浦島太郎やァ!

あんでぃさんちのブログを見てびっくり。

Lマガ、昨年末に休刊してたんですな。

京阪神エルマガジン社公式サイト

んで「SAVVY」も「meets」も残ってる。
社名は「エルマガジン社」なのに…。

関西ウォーカー
ぴあ関西版

確かに…老舗タウン誌でしたが、
続々とライバルが登場して、大変だったんでしょう。
っていうか、大阪におった時も、
もっぱら「ぴあ」派でしたけど(苦笑)。

だって…「ぴあ」は隔週刊でしたが、
Lマガは月刊でしたから、情報面では、
どうしても、弱かったですし、ぴあのほうが
網羅してたので、情報を知る分には、
使いやすかったです。

とはいえ、無くなったとなると、残念な。

長い事、大阪を離れてると、
JR大阪駅は改造されてるし、
京阪は中之島線開業、車体の色も変わり、
阪神と近鉄が繋がるというし…
ABCは移転したし、
水都大阪なるイベントもあるそうな。

もお、浦島太郎ですわ。

フェスも閉めたんでしょ?

んんんん。ついていけん。

さて、雑誌の話ですが、新潟も
新潟WEEK」と「月刊にいがたタウン情報
情報誌2誌があります。
以前は、WEEK派でしたが、昨年、
WEEKのリニューアルで、ターゲットを
男性に絞り、情報も絞り込んだ掲載になって
今は、タウン情報のほうをよく利用してます。

情報を絞り込むのは、効率的に読者を獲得するのは
有効な手段かも知れませんが…
あらゆる情報から取捨選択したい者にとっては
街の全体像が見えなくなるようで、使いづらい。

たとえば、映画枠だと
作品紹介の後の上映スケジュール表。
客観的に、どこで何を上映するのか、ひと目で
わかったもんですが、あれをやめられたら、
どうもわからん。
同じ会社の女性誌「コマチ」には残ってるんですがね。

ネットで情報収集が便利になった今ですが…
ネットでは、目的のところへピンポイントで到達
出来るのは利点ですが、さまざまな情報を
俯瞰で見る事は難しい。
紙媒体のいいところは、それをじっくり俯瞰できる…
そこだと思います。

無駄ともいえる情報にこそ、情報誌の利点が
隠れていると個人的には思うのですが…。
ユーザーの勝手な言い分ですかね。

それにしても…
Lマガが休刊で、癖のあるmeetsが残ってる…
というのが、また興味深いところ。

新潟で言えば…パスマガみたいな存在。

パスマガは、トレンドに鋭い若者ターゲットですが
meetsは、気持ちが若いまま大きくなった
街遊びが上手な…ヘンコな大人向け…
とでも言いますか。
アクが強くて、選択への自信が紙面に
満ち溢れてる…そんな共通点があると思います。

パイは少なくても、濃い読者(支持者)を獲得できるか?
そこが、厳しい時代の雑誌に求められてるのかも?

そんな印象も持ちますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

50周年。フジとテレ朝

この週末3日間、フジはゴールデンを
ぶち抜きで、50周年特番を組んでました。

ひと足早く50周年を迎えたテレ朝と比べて
大変華やかな企画でした。

が…そのコンセプトは対象的で興味深かったです。

テレ朝の50時間テレビ企画は
現在放映中の番組の拡大豪華版を中心に
50年を振り返る特番は、昼間を中心に編成。

一方、フジは、豊富なコンテンツを贅沢に使い、
スタジオの生を軸に放送しました。

これは、もちろん…局の事情が左右してるんでしょう。

フジの場合は、生でブッキングできるタレントとの
繋がりが太い事と、特番でもスポンサーの支持を
取れる力がある…ってことでしょうな。

テレ朝の場合、確実に成績を取れるのが
現在あるバラエティ番組群である…と判断したんでしょう。

過去映像を使用した特番のコンセプトも対象的でした。

テレ朝の場合、
昼間とゴールデンの二部構成だった振り返りは…
過去映像と局アナのナレーションのみで構成。

一方フジは、音楽物とバラエティ2夜連続で
過去映像とスタジオ生部分で構成。
制作費で見れば圧倒的にフジのほうが豪華です。
セットも華やかでゲストも膨大な人数でした。
ただ…生部分のトークがだらけたようにも見えました。

実際のVTR部分だけで見ると、4時間のうち
2時間程度だったんじゃないでしょうかね?

さて、一番興味があった”報道”物はどうか?

今夜のフジですが
金土のスタジオ部分が生だったのに対して
収録だったのが意外ですが、基本的なコンセプトは
過去50年間の事件自体の裏側を追跡したもの。

一方、テレ朝は…自社の報道の裏側に焦点を
当てていました。

ある意味”自画自賛”にはなりますが…
テレビが伝えたニュースと報道姿勢を腰を据えて
見返す…という意味では、テレ朝のほうに軍配を
上げたいと思います。
報道現場のスタッフ&OBへの”ねぎらい”と
過去の不祥事への反省にも取れましたし。

ゴールデンで放送するというスタイルから言えば
フジのような50の事件の裏側を追う…のは
いわば”事件版レッドカーペット”で飽きさせません。
が…フジの報道の姿勢、スタイル…という部分では
あまり、その姿自体は確認できませんでした。
実際、当時の映像で実況していたアナたちの名前も
一部を除いて紹介される事もありませんでしたし。
最後、エンドロールのところのゲスト達のコメントや
後半の安藤優子さんの奥尻エピソードでは、
少しだけ垣間見える部分はありましたが…。

テレ朝の、フィリピン政変の日のNステの
エピソードのような裏側の事が、
フジの日航機事故の部分で、もっと出せたのになあ…
とも思いました。

まあ、マニアックな見方かも知れませんが…。

まずは両局とも、50周年、おめでとさん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みーつけたっ!

ドあほのDoBlogのハードトラブル…
全く解決の糸口も無いまま…

あっちにお住まいのブロガーさんたちの
その後がわからず、心配してましたが…

伊藤さん、やっと発見!
■散歩◆新潟市のあたり

お元気そうで何より。
写真も、ココのほうがキレイに出てますな。
今後とも、よろしゅうに。。。。

他のDoBlogの方々も、ご連絡お待ちしていますよ。

おっと!検索掛けたら…
花火星人さん、避難場所2つもあったのね。
FC2
LOVELOG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »