« こんなん来ますけど~<映画「鴨川ホルモー」 | トップページ | NHK「テレビの、これから」① »

2009年3月20日 (金)

総合がFMを表現できるか<NHKプレミアム10「FMに愛をこめて」

小野アナが司会という時点で「?」でしたが…

何よりも、どーしてアルフィーなのよ?

アーティスト出すからタイアップで
歌わせないとダメでしょーが。

あれで15分程度は取られてたでしょ。
んで、音質がいいならまだしも…。

いやはや。

っていうか、この企画には無理があったと思いますよ。

NHK-FMでポップス、ロックに絞る時点で無理がある。

半分以上の時間は、クラシックとか邦楽(古典的なほうね)でしょ。

で、進行を見てると…
ジョンカビラ氏をゲストに迎えたり、
ジェットストリームの音源を紹介したり…
FM界全体を見つめるのか?と思えば、
そんな…業界的な動きは、ほとんど無く…
んで、FMの事をトークしてるのに、
どう聞いても…AM的だったり深夜ラジオの話が出たり…

途中でコミュニティFMの事が出てきたり…

志向性が大変曖昧なまま、最後も
アルフィーのスタジオライブで終わってしまって。

何を表現したいのか?最後まで曖昧で
奇妙な特番でした。

本当に、NHK-FMの40年を語るなら…
ラジオスタジオに小さいカメラを持ち込んで
DJスタイルでやるべきで、
音楽を流すなら…PVや、CD音声に時代の映像を
合わせるだけでいいんです。
過去の放送音源をたっぷり流すとか…。
FM黎明期の裏話とか…。
さらに言うなら、土曜のリクエストアワーの
各局の名物アナを振り返るとか…
手法は色々あったはず。

今夜の放送では、これまでリスナーだった人…
というより普段ラジオを聞かない人への
基礎講座の、それも”さわり”としか思えず…
アルフィーが、NHK-FMを支えた(?)ように
思われてしまうのでは???

で、FM全体を振り返るなら
F東やJWAVEなど各局を紹介したり、
今ある課題を出したり…(ま、専門的過ぎるけど)…
たとえば、ヘビロ(パワープレイ)のシステムとか
FM雑誌の衰退の一因として、
第2FM開局ブーム以降の、曲繋ぎ、
DJイントロしゃべり…というスタイルの流行とかも
あることも出さないとだめだし。

エンディングで、ラジオDJとリスナーの距離の近さとか
語ってましたが…それってFMに限った事じゃないし、
NHK-FMが、それを徹底できてるかっていうのも
「?」ですし。。。

結局、この企画は…総合というよりは教育とか
BSでこそやるべき特番だったんじゃないですか?


ん?今、総合で番宣やってますが、次の朝ドラで
コミュニティFMが題材の1つになるんですか。
んで、あんなコーナーがあったのね。

なんだそりゃ。

我々のような県域よりも広く、全国的なマスの放送を
しているNHKが、どーして地域密着のFMを紹介
するのか?…やっとわかりましたわ。

はてさて…
実際のNHK-FMの現場の人たちが今夜の特番を見て
納得したのか?…聞いてみたいところですわ。

|

« こんなん来ますけど~<映画「鴨川ホルモー」 | トップページ | NHK「テレビの、これから」① »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も見てました~。私も20分過ぎたあたりから、なんじゃこりゃー、つまらんー...と思いながら、義務感で最後まで見ました。番宣だったんですかね?サウンドストリートの過去の音源が聞けたは懐かしかったです。

投稿: スタジオTです | 2009年3月21日 (土) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/28718479

この記事へのトラックバック一覧です: 総合がFMを表現できるか<NHKプレミアム10「FMに愛をこめて」:

« こんなん来ますけど~<映画「鴨川ホルモー」 | トップページ | NHK「テレビの、これから」① »