« 値段が…無い!?<新潟家電戦争開戦 | トップページ | 日本アカデミー賞って »

2009年2月20日 (金)

客商売って…何?

えー。

懲りもせず…夕方、再び開店初日のビックカメラへ
向かいました。

例のソニーのICレコーダーがターゲット。

初日も夕方には落ち着いたようで、
梅田のヨドバシ程度の混雑具合でした。
まあ、それでも新潟ではパニック状態レベルなんでしょうな。

真っ直ぐICレコーダー売り場へ向かい、
誰か店員が声掛けて来ないかな?…と、
目が合ったのが…
いかにも気が弱そうな、有楽町からの応援スタッフ
T君。とりあえず最低限の”話相手”にはなりました。

ココで今朝チェックした、価格COMの
普段使ってるショップのプリントアウトを見せると…
「あ。わかりました…ちょっとお待ちください」
どっかへ。
恐らくチーフクラスのおっさんに聞きに行ったんです。

こそこそと戻ってきて…
「あのお…この(表示価格)からはお引きできませんねえ」

なかなか大変やね。
想像…
「あのお、すいません主任。コレなんですが…」
「ん?新製品じゃねえか」
「お客様が価格COMで…」
「んなもん、無店舗と勝負してどーすんだよ、バカ」
「はあ…」
「下げれないって言っとけよ」
「でも…」
「いいんだよ。どーせ冷やかしだって」
「はあ…」

てな感じでしょうな。
残念やね。
やっぱり首都圏から見れば、新潟は
一地方都市であり、鋭い勝負に出るような
人間には思えないってところでしょう。
こちとら四半世紀、日本橋でんでんタウンで
価格交渉を挑んできたんじゃい!

なんて怒鳴りはせず、「残念やね」と
T君に一言残して後にした訳です。

まあ、新商品だし、わずか2万円そこそこの
小さな商品ですが、一事が万事なんですけどね。
それもOPEN初日なんですけどね。
もったいないね。あの小心者T君も、
小柄だけど、出世できるかな?

さて、そこからヨドバシへ。
こっちは昨日に比べるとお客が多かったです。
が…ICレコーダー売り場は、無視。
隣がデジカメ売り場なので、
専門外のスタッフしか居ないんでしょう。
視線を投げかけようにも、顔は向こう向き。
こっちもこっちで、残念。

で、東通路方向へ戻って、新幹線通路にある
中華屋で、晩飯を食う事にしました。
夕方でしたが結構空いてました。
定食に前菜1品をプラスして注文。
デザートの杏仁豆腐か?烏龍茶を選べるとのこと。
烏龍茶を選び、食後に持ってきてもらうことに。
そして、一通り食べ終わった時には、
席待ちまで出てる混雑に。

食べ終わったトレーも脇に置いて…
さりげなく「食後」をアピールしますが、
全然、お茶を持って来る気配も、水を継ぎ足す
気配も無し。
仕方無く、席を立ちレジへ。
合計額を言うので、こっそり「お茶が来なかった」
と言ったら、「誠に申し訳ございません」

ここまではエエわいな。
「あの~…もお、お口を潤すお時間は…
ございませんか?よろしければ、お茶を
お持ち致しますが」

レジの後ろには、席待ちの客がずらり。
んなもん、イライラの挙句、席を立った客に、
待つ客が見る中、再度席に付けってか?

この不注意な一言にキレたね。

「一度席立ったのに、座れってか?!」

ここで、こっそり「お引きします」て、言えばエエもんを

「あ、お時間、御座いませんか?」

だーかーらァ!
空気を読めよ!
レジの台を叩いて一括。
むっとした顔。
でも、声だけは高音で丁寧に
「失礼致しました。では●●(前菜)分をお引きして…」
いやあ、呆れたね。

あっちもヤケクソだったんでしょうが、
お茶一杯で300円も引かんでもエエのに。
たぶん、混雑した店内で私のようなクレームおじさんは
1秒でも早く追い出したかった一心でしょうよ。

ま、目は怒りに満ち満ちてたけど、
口元だけは丁寧で優しい口調。
プロ根性に免じて、あっさり退店してあげました。

本当は、店長を出させるところだけどね。

いやまあ、それにしても…
マニュアル世代なのか?
なんなのか?
3つの店舗それぞれに言えるのは
血の通ったサービス…
というのを、今の人は忘れてますな。

どうすれば、お客様を満足させられるのか?
ビジネスチャンスとは何か?
マニュアルに頼った接待術しか
身に付けて無いと、
わずかな事で”もったいない”結果を生む…
というのは、気付かずに育つんでしょうよ。

よく客の身になって…
と言いますが、そんなん、
頭の中でシュミレーションすりゃ
想像できるやん。

ビックのT君も、言葉ひとつで掴めるのに。
ヨドバシなんて、折角ビックから流れる客を
掴むチャンスなのに。
中華屋も、イラついた顔見た時点で、
すんなり饅頭の1つでも、袖の下渡して
にっこりすりゃ、それでイイのに。

日常生活、わずかなところに、
大きなチャンスが隠れてる事に、
若い衆には気付いて欲しいのお。えっへん。

あ。ちなみに…
今日の中華屋の怒鳴り、
あえて標準語を使ったので、不慣れで
ぎこちなくなってしまいまして。
でも、大阪弁で怒鳴ると、
こっちでは、恐すぎますから一応、自重しましたよ。
本気出したら(苦笑)…ははは。

一応、大阪時代は、何人も店員泣かせましたし。
(自慢にはならんけど…)
でもでも、
ホンマに、プロの仕事を全うしてるスタッフって
少ない時代でっせ。

あ、結局ICレコーダーは、
価格COMでチェックして、いつも使ってる
ECカレントさんで頼む事にしました。

ビックのあほー。
ヨドバシのあほー。
ついでにヤマダのあほー。やーいやーい。

|

« 値段が…無い!?<新潟家電戦争開戦 | トップページ | 日本アカデミー賞って »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/28244509

この記事へのトラックバック一覧です: 客商売って…何?:

» 大阪・日本橋電気街(でんでんタウン)のショップ&ビジネスニュースサイト「Nippon-bashi Shop HEADLINE」 [NIPPON-BASHI SHOP HEADLINE]
「Nippon-bashi Shop HEADLINE」は、大阪・日本橋電気街(でんでんタウン)エリアの店舗開店・閉店情報を中心とした、ショップ&ビジネスニュースサイ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 00時10分

« 値段が…無い!?<新潟家電戦争開戦 | トップページ | 日本アカデミー賞って »