« ポンキッキPC | トップページ | どぶログ »

2009年2月 7日 (土)

取捨選択の妙<テレ朝50周年特番

まだまだ続くテレ朝50周年特番。
って「警官の血」じゃなくて、その前の2時間特番。

「伝説スポーツ名勝負」ってやつ。
中山律子パーフェクト、猪木VSアリ、
近鉄VSロッテ…の3本。

本来、50年も放送してれば、
東京五輪にW杯、テレ朝ですから
「ワールドプロレスリング」…などなど、
素材自体は、山ほどあるはずですが、
その中で厳選した3本のみを
その裏話とともに構成した…2時間でした。

普通、この手の特番だと、
スタジオ進行があって、ゲストがいて、
コメントを聞きつつ、VTRを見ていく…という
構成を取りがちですが、
見事にVのみで、進行はNAだけで完結させました。
それは…VTRに残された真実の力、
映像の力が、それだけで事足りるから。

それが証拠に、結果がわかっているのに、
手に汗握って見てしまいました。

番組の”本当にあるべき姿”を作り手が
理解できた時、出来事自体の感動をより増幅
させる…という、いい例でした。

それにしても…

テレ朝が50年を語る上で、
Nステ、そして久米さんの存在の大きさを
今夜も実感してしまいました。

報道だってスポーツだって…
テレ朝の大きな出来事の中に、Nステがあった
その証明でもある、今回の50周年特番群です。

ちなみに…
3本目の川崎球場の試合ですが、
本来は、テレ朝はABCに乗っかった…
というのが正解ですな。
現在もそうですが、ABCは水曜のゴールデンは
独自編成を上乗せできる日で、全国では、
ゴールデンのバラエティを放送していても、
関西地区だけは、水曜のみ阪神戦を放送、
9時以降、サンテレビとKBSにリレーして、
試合終了まで放送しています。

そんな訳で、この近鉄VSロッテ戦も、
優勝が決まる”かも”知れない大事な試合…
ということで、ABC独自編成で、関西地区のみで
放送していた訳です。

今日の放送では…視聴者の電話が殺到して、
9時からの放送切り替えを決断した…という
流れでしたが、恐らく、裏では…
ABCからテレ朝への説得というのも
あったのでは無いでしょうか。

ABCが独自に上乗せ出来るのは8時台まで。
関西のファンには打ち切れば申し訳ない。

しかし、とんでもない試合展開は…対する
関東の西武ファンも気が気じゃないはず。

ココは、全国ネットで放送すべきじゃないか?
そんな言葉が大阪から東京へ来ても、
おかしくなかったと思います。

川崎での中継ということは、実況・解説・Dは
大阪から乗り込んでも、中継技術チームは
テレ朝が出してたはず。
そこは編成さえGOを出せば、動けますからね。

今夜の放送を見てもわかる通り、
第2試合の実況は、アベロク氏。
ABCが関西向け放送の為に出張させてた
そのままを全国向けにも出した訳です。

今見ても、ハラハラする試合展開、
アベロク節、良かったですねえ。
感動しました。

古館はんは…
自分のプロレス実況、取り上げて欲しかった
でしょうねえ。お気の毒様。

若い頃の猪木の顔って…
トミーズ雅の若い頃に似てるように思ったのは
気のせい?
しゃくれのせい?(笑)


|

« ポンキッキPC | トップページ | どぶログ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/27874850

この記事へのトラックバック一覧です: 取捨選択の妙<テレ朝50周年特番:

« ポンキッキPC | トップページ | どぶログ »