« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年11月2日 - 2008年11月8日

2008年11月 8日 (土)

アルビBB勝ちました

新潟99-90浜松

いやあ、盛り上がりましたな。新発田は。

bj後初開催ってこともあるでしょう。

今回、どんな会場か不安もあったので、
指定席押さえて行ったんですが…
1Fになってまして、ベンチのすぐ後方という
エエ位置でした。
斜め前にMCのタテの後ろ姿も見えつつ…
耳をすませば、廣瀬はんの声も聞こえようか…
(実際は、ほとんど聞き取れませんでしたが)
という距離。
コートの見通しは悪いものの、臨場感いっぱいで
御座いました。

2F席の後ろには立ち見も出てました。大盛況。

何よりも、生で怪獣を拝めたのは
ええ経験。。。。みんみんちゃん、巨大です(笑)。
実際は違いますが…
雰囲気は2竹野(爆)。(嘘うそっ)

その分、動きがゆっくりなので、
あんまり恐怖心は無かったな。
ただ、ゴール下でボールを受けた時の
諦め感は、尋常じゃない(笑)。
ま、よく、はずれてましたけど。
入れる時は、お手玉してるみたいだし。。。。

この調子で明日も、勝利して欲しいところです。

MVPは、どくん君でした。
シャイなようで…インタビュー時、声小さくて
少々、音回ってハウりそうでした。

…ところで…
中村HCの派手なジャケって、伝統ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

やっと終わった…

普段、木曜は、金曜仕込みだけなので

そんな遅くならないんですが…

「マンスリー耳ズ」がある第一木曜は、

ニイガタエイドさん出演の為、

スタジオ立ち会いで、3時台潰れるんですわ。

ま、ライター仕事やってるしね。

それにも増して…
筆が進まぬ日でしたな。

この成果は、明日のTCをお楽しみに~。

晩ご飯、どーしよう????

いんたああああああああああああなしょなる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

きいこ正面顔でどーん

希望の唄/風 Music 希望の唄/風

アーティスト:FUNKY MONKEY BABYS
販売元:DREAMUSIC( C)(M)
発売日:2008/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そうでした。発売日でしたわ。>北乃きい公式ブログ

これまで様々な芸人、役者が正面顔一発で
ジャケットを飾ってきたファンモン
なんか、伏線が繋がったみたいで嬉しいですなあ。

それにしても、ファンモンのPVは
毎回、ギャラ掛かって大変ですなあ。ドリーさん。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ノンフィクションVSドキュメンタリ

報道発ドキュメンタリ宣言、22.9%(ヤフー/オリコン)
水曜ノンフィクション、1ケタで苦戦(ZAKZAK)

対照的ですなあ…。

解かり易くスタジオトークを交えたほうが
数字が悪くて、ストレートな取材VTRで
構成したほうが数字がいい…という結果。

両番組とも、見ましたが…
テレ朝のほうは、全国スポンサー無しで
発進してましたね。
失う物は無い状態。
中身も、ストレートな取材VTRがほとんど。

一方のTBSは、
HPでは「最高品質のドキュメンタリー」としながらも
三桂所属の根本はんをはべらせて
関口はんが司会…という
どう見ても、サンデーモーニングなテイストで
スタジオ進行していく、従来のスタイル。

今の目の肥えた視聴者には、
ストレートなドキュメンタリーにしたテレ朝のほうが
新鮮に映った…ということでしょう。

また、テレ朝のほうは、
”1億人1億色”というコピーの通り、
人間を追う…というコンセプトにしたのも
視聴者の心へ訴えるには正解だったようです。

TBSは、最近のニュースに上る話題について
関連した”過去”の出来事と”今”の出来事を
セットを変えて伝える手法にしています。
今、世間で動いている事象について
多角的に観察する意味では、正解ですが
いかんせん…スタジオトーク部分が長く、
肝心のVTRが弱い。
一般視聴者には親切ですが…
元々、この手の番組のターゲットは、
ぼけーっとバラエティを見る層じゃ無い分、
”物足りなさ”を感じたのかも知れませんぞ。

そりゃ、取材力については、大きいネタだと
Nスペには勝てない。
人情話的に持っていったテレ朝は、
7時台という浅い時間帯に置いた事で
バラエティに飽き飽きした上の世代を
大きく取り込めたんでしょう。
初回が、ベテラン俳優の隠された今、
来週は、パラリンピック選手を追ったもの。
リアルな人間の姿ほど、
感動出来るネタは無いですわな。

でも…VTR構成の中身については…
しっかり出来ていた…とは言えないものでした。
それこそ、深夜遅くに細々と放送してる
地方局制作のドキュメンタリーのほうが
見応えあるもん。

起承転結で言えば「起」だけって感じ。
まあ、
長野はんがスタジオ部分で言ったように、
今後も追い続けていくそうなので、
これから…が本当の勝負です。
次回のVTRは長期取材したものらしいので、
引き続き観察したいと思います。

TBSのほうは…
次のMBS枠(久米さんち)が、同じように
スタジオトークで「今」のネタについて展開する
という似た部分があるので、
コンセプトはそのままに、もっと気合を入れて
VTR中心で構成し直したほうが
まだ、勝負できるんちゃうかな。
高い関口はんと抱き合わせ女性アナよりも、
局アナや報道の偉いさんで固めたほうが
いいかもよ。
「情熱大陸」なんてNAだけでも成立してるし。
あ…あれもMBSか(苦笑)。

とにかく、ドキュメンタリーものは
中途半端じゃ、面白く無いですわ。
しっかり発端があって、
道筋を丁寧に追いかけて…
最後は、まとめと問題提起を残して
締めないと…。
もっと見応えある番組に成長して欲しいものです。

報道発ドキュメンタリ宣言(テレ朝)
水曜ノンフィクション(TBS)
ついでに
NHKスペシャル(NHK)
…そういう見方でいけばB’zは良く出来てましたな。
さらについでに…
FNSドキュメンタリー大賞(フジテレビ)
テレメンタリー2008(テレ朝)
NNNドキュメント(日テレ)
ガイアの夜明け(テレ東)
もっとついでに…
民放連HP
連盟賞と放送文化大賞受賞作の紹介があります。
ラジオ番組もあるよ。

ってことで、自分の仕事として見ると…
ラジオドキュメンタリーって、難しいのよね。
音だけだし…。
だから麻理ちゃんとTディレクターには脱帽なのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下知事の脳みそ覗いてみたい…

関空―成田便提案(ヤフー/産経)

関空発にすれば桶屋が儲かりますか?

何それ?

そりゃ、ウチの実家は
関空近いから…成田を経由出来ると
嬉しいですよ。

でも、北摂・京都・兵庫の人たちが何というか?

何よりも、関空から成田へ行くのが便利になれば
関空発の国際線は、もっと減るでしょが。

なんで関空と成田を結んで、
”西日本からの出国が関空”という理論が
出てくるのやら????

意味わからん…。

ちなみに…昔、ANAを利用した際は、
伊丹で荷物を預けたら、そのままJFKまで
持ってってくれて、成田はラクラクでしたが、
出国については…成田でやったんちゃうかな?

んんんんと…
橋下のおっさんの論理が説明出来る人、
挙手!

●補筆●
おっと。
検索掛けたら、47NEWSにUPされてました
”伊丹-成田線みたいなバカな路線”と表現して、
”まずは”関空―成田線に切り替えさせる…と。
そうしたら、直接関空発国際線にするだろう…と。
関西エリアから成田を”使わせない”為の布石か。

なんとも嘆かわしい…。

廃止の前段階で切り替えさせるってか。

余計、関西が地盤沈下するわい。

経済的に考えたら、おっさんの思うように
企業が動く訳ない。

どんどん脱関空が進んで、
海外へ行く関西人は、新幹線で成田へ向かうしか
無くなるやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬鹿と鋏とブログは使いよう…

テレヤツって言うんですね
ってMBS自らアピールしてるんですけど…。
そうか…TBSでなくてMBS制作でしたか。

で…初回気付きませんでしたが、生かと思えば
収録だったんですね。発言直後にテロップ出るので
おかしい…とは思ってましたがが、
さっきホリエモンのブログ記事見て、確認できました。
そうですわ…

ホリエモン、復活してましたなあ。
相変わらずの”ふてぶてしさ”で、安心(?)しました

その中で”ブログ”についての話題がありました。
泰葉騒動をネタとして…
最近、やたらと「◎◎がブログで発表」
「◎◎氏、ブログで告白」というパターンが多い…と。
記者会見でなく”ブログで発表”が増えて、
これでいいのか?…
という提起VTRでした。
スタジオトークでは、なぜか…
ブログの話からスグ逸れて、
福岡先生の、学生を当てても無視する話から
目立つとイジメに会う…と言われた…とか、
裏サイト話、匿名による発言の凶暴性…などなど
んで、ブログでの発言に規制を掛けるべきか?
否か?…なんていう流れになりました。

んんんん。

結局、最初の提起はどーなのか?(笑)

ま、個人的見解では、
提起自体が的外れだと思いますな。

そもそもブログは…
個人的な意見を発する”メディア”の1つだと
思ってます。
一番身近な使用方法として”日記”があるだけで、
それだけでは、電子日記なだけですから。
だから引用したり、リンクしたり、TBしたり…
個と個を結び、広いネットワークとしての可能性が
ある…マスメディアとは一線を画するものだ…と。

芸能人がブログを使う最大の理由は…
他者のフィルターを通さず、生の”本人”の声を
不特定多数へ伝える為でしょ。
先のオバマの演説もそうですが、
時間と紙の制約があるマスメディアでは、
まず”編集”があります。
その上で、”記者”という大きなフィルターを通します。

なので、本人の意図するところとは
ずれたカタチで伝わる危険性が常にあります。

だから、芸能人たちはブログを使う訳です。

なんでもかんでもブログ発表でいいの?と
提起するのがTV番組だから”あちゃちゃ”ですわな。

ちょっと筋がずれましたが…
有名人がブログを”愛用”するということと、
ブログ自体の危険性は全く次元の違う話題だ…と
思います。

で、福岡先生らが言ってた…ブログへの規制うんぬん
ですが、それはどーでしょうねえ。

まずは、ブログをやる人間に、
ブログとは何ぞや?…から把握させる事や
ブログ運営上のマナーの認知をUPさせる
事が大事だし、各自、自覚して欲しいものです。

ず====っと前から言ってますが、
TB自体を理解してない人が多すぎ。

TBは、自分のブログへのアクセスを誘導する
手段では無いですよ。
ある「元ネタ」とする記事があって、
その「元ネタ」に対して「自分」の意見を
「自分のブログ」で展開させる事で、
「元ネタ」執筆者や、その読者、
「自分のブログ」の読者に、1つの意見を
発端に、さまざまな意見を提供する事で、
たくさんのブログを繋ぎ、幅広いメディアとして
成立させる為の仕組みです。

そこに、気軽に参加できるコメント欄が
加わる事で、ブログ運営者以外の幅広い人間も
巻き込み、偏った意見に終わらないように
なってる訳です。

さあ、ココでやっと”炎上”や”匿名”のネタが
浮上するんですわ。
匿名性がある事で、気持ちが大きくなって
ボロクソ書ける、書いてしまうようになる…
そこには客観性よりも”我が”が大きく
出てしまう。そのパワーが巨大化して
”炎上”になる。

ホリエモンは、「僕はもう慣れましたから…」
と言ってましたが…こりゃ、なかなか大変。

もちろん、炎上に耐える根性も、執筆する側に
必要なものですが、それ以上に…
ミクシイなどには無い、ブログの”公共性”を
認識する必要があります。

自分が書いたネタは”世界中の誰が読む”か
わからない…という事。ネット社会では
基本的な事ですが、気軽にUPできるので、
意外と忘れがちです。

その記事をUPさせるボタンを押す前に、
再度読み直して、公に見せるに値するか?
ということを確認しないといけません。
強い自論を展開するなら、
反論を受け止めるだけの”腹のくくり方”を
しないといけません。

それさえ踏まえれば、何を書かれても、
しっかりとした自分があれば反論できるし、
間違ってたと気付けば、潔く反省できます。

ってことで、規制も大事ですが、
教育も大事ってことです。

ちなみに…
今夜ゲスト出演してたホリエモンのブログ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマの演説

なんとまあ、一夜明けた今も
CNNは特番やってまっせ。

えらいフィーバーぶりでんなあ…。

さてと…
ちょうどTCのOA中、日本時間の午後2時頃
シカゴの会場で、勝利宣言のスピーチをした
オバマはん。(こう書くとおばはんみたい笑)

フルで見ました?

ニュースで流れるのはブツ切りですな。

TC終わった後、いろいろ探してノーカットで
見ました。
MSNBC(英語)
その後、日本語訳は無いかいな…
と探して、発見。
日テレNEWS24(同時通訳)

英語出来るわけでは無いですが…
先にCNNの日本語記事を読んでたので、
なんとなく流れは解かりました。
同時通訳版で、よく解かりました(笑)。

さすが、オバマはん。
とても解かりやすい言葉で、
心地よいリズムで話しますわ。
スピーチの仕方が上手なのか、
脇を固めるスピーチライターが優秀なのか…
もし米国人だったら…感動したと思います。
おっちゃんの声質も、聞き取り易いのも
大きく影響してますな。
負け院(げげ!マケインで変換押したら…苦笑)
もとい…マケインはんの声質より
印象いいもん。

何よりも、同時通訳を聞いてて感じたのは
英語って、スピーチに向いてる。
韻を踏んでる心地よさと、
単語回しが完結だから、歯切れがいい。

日本人の政治家で、これだけ印象に残る
演説って、なかなか無いんじゃないかな。

NHKには申し訳無いけど…みんなに聴いて欲しいので、
とりあえずYouTubeに出てたので、揚げてみました。
通訳で中身を把握してから、英語版見てみて。

今も、スーパードラマTVで「ザ・ホワイトハウス5」を見てるので
大統領とその側近…というインサイドが気になる訳で、
来年就任後のオバマはんの演説も、ちょっと楽しみです。
これで、ドラマ同様、民主党政権になる訳ですな…。

●補筆●
おっと、夜中になって朝日新聞さんが
演説の全文をUPしました

んんん。やっぱり日本語にすると、
あの英語独特のリズム感が、感じられないなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

さあ開票速報だっ

すでにCNNでは、
大統領選特別編成で放送してますなあ。
普段、深夜はお休みの同時通訳も
終夜体制のようで。

日本だと、投票締切時刻まで
特番は自粛してますが、アメリカは違うようで
すでに、特番を始めてるネットワークが
多いようです。

さあ、オバマはん…何時頃、勝利宣言するか?

とりあえず…
CNN
ABC
NBC
CBS
FOX

cnn.co.jp(日本語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿三十郎論再び…

昨年12月公開時にも、三船三十郎と
織田三十郎の比較を書きましたが…

日曜、日本映画専門チャンネルで放送が
あったので、あらためて…録画したものと
クロサワ版DVDを見比べてみました。

昨年公開時の記事

今回、気付いた事…
森田版の上映時間が120分。
黒澤版の上映時間が96分。

そう、20分以上も長い。

逆を言うと、黒澤版がコンパクトだった…ってこと。

当時は「用心棒」の大ヒットに気を良くして
東宝側が続編をオーダーして、それに応えて
短期間で撮ったのが「椿三十郎」だった…
という状況から見ても、最初から、
気軽に見れる娯楽時代劇として作られた作品
だった訳です。

で、森田版を見てみれば…
ミチルさんの重厚な音楽にも現れてますし、
21人斬りで、リアリティを表現したのを見ても
若者と先輩三十郎、
汚職と正義…という人間ドラマを重視して
中身のある物に仕上げてる訳です。

また、現代という時代に合わせたのか、
状況設定を丁寧に説明する為に、
間を取って確実に台詞を回す事に意識を
置いている…

結果…黒澤版のポップでテンポ良い…
リズム感というものが森田版には無い。

話の中身はよく見えるものの、
”痛快”娯楽作としての”流れ”が欠落している…

そんなふうに感じました。

また…細かい部分では、
”奥方”の玉緒さん。おっとりした部分ばかりで
キャラ付けされていて、入江さんのような
武士の妻としての”貫禄”が出ていない。

カット割りでも、
森田版は、心情など理解しやすいですが
黒澤版は、1カットずつが絵画的で
シネスコ画面内の配置が常に美しい。

音楽でも…
大島ミチルさんは、現代の役者の線が細い分、
厚みのある音で時代劇の凄みを表現しています。
が…
本来の黒澤版は、
ある意味青春映画的ポップさがある分、
佐藤勝氏も、
若侍のテーマなどで爽快さが感じられるし、
三十郎のテーマでも痛快さがあります。
恐らくスターウォーズシリーズなどのJウィリアムズも
同様の形式で観客に解かり易さを出してる…
娯楽作のサービスでもあるんでしょう。

前回も書きましたが、
黒澤のダイナミズムと森田の繊細さ…
「両方が合体できたら、最高傑作になったかも…」

あらためて、そう思いましたわ。

椿三十郎 DVD 椿三十郎

販売元:東宝ビデオ
発売日:2002/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

椿三十郎 通常盤 DVD 椿三十郎 通常盤

販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

大阪市交通局30000系

これが谷町線新型電車(読売:大阪)

ぐだぐだと、いろんなサイトをチェックしてたら
こんなん発見。来春デビューだそうで。

なんとも地味な顔つきだこと…。

機能自体は、いい設計のようですが…。

どうも顔が…ねえ。

大阪市交通局プレスリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北欧の子供たちって…

フィンランドの5年生がまとめた
議論のルール(「負けまいとする心でしょう」ブログ
より)

おみごと!(笑)

小学生の時代に、これだけ理論的に
ルールを作れるって、偉いねえ。

5年生の頃って…何してたっけ(笑)。

でも、この10カ条を守れば…
「朝生」は成立しませんなあ…ははは。

田原クン、廊下に立ってなさい!

図解 フィンランド・メソッド入門 Book 図解 フィンランド・メソッド入門

著者:北川 達夫,フィンランドメソッド普及会
販売元:経済界
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期日前投票に6時間待ち!?<アメリカ大統領選

米各地で長蛇の列(CNN)

6時間って…。すげ。

素朴な疑問、どーしてアメリカの選挙は
平日に実施されるでしょうな。

日本みたいに日曜にすればいいのに。

あ。教会行くから?

でも、午後は大丈夫でしょ。
ん?選管の人は働く事になるから?

検索かけたらこの方のブログに説明が。
(税理士の方のブログ

わざわざ昔の伝統を続ける事も無かろうに…。
期日前投票に6時間も待つって…。ねえ。

ちなみに…大統領選挙は直接選挙じゃなくて
大統領を選ぶ選挙人を出す選挙ってことで
ややこしいですが、勝った方が総取りするように
なってるんですな。
恐らく、当日、各民放TVも午前中に特番組むので
このへんの説明が、奥様向けにもされるでしょうから
チェックしてみてちょ。

ちなみに…オールアバウトさんに
2004年UPの解説記事
がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東大がなんぼのもんじゃい!

えらい物騒なタイトルですが(笑)…

元ネタはコレ>■東大生のノート本大ヒット中(ヤフー/産経)

別にノートの書き方を倣っても、
頭が良くなる訳でも無いでしょ。

結局は、キレイに書く事じゃなく、
その過程で…どう頭に入れられるか?
後で見た時、理解出来るか?

ってことですわな。

子供の頃、結構ノートの取り方を
とことん工夫することに情熱を注いだ時期が
ありましたが、確かに…あの頃、成績、
良かった記憶があります。

授業中、体系立てて書けないところを、
なるべく多く書き取って…後から清書する際、
理解しながら書くので、頭に入る…
後から見ても、引き出しを引っ張り出しやすい。

そーゆーことですな。

あんまり工夫し過ぎると、時間ばかり掛かって
ダメなので要注意ですが…。

あー、こんなん書いてたら、
この本、読んでみたくなった。立ち読みしてみたろ(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋はんも悶々…

いやあ、他人事ちゃいますわあ。

地元の祭りに帰れない人間の悶々…。

よォ~く解りますよお

ねえ。

恐らく、仕事してても、
耳の奥で、どんどこ…祭り囃子が
響いてるんですよ。

それを振り払いながら過ごす辛さ(苦笑)。

お察しします。

ちなみに…西条も「だんじり」って言うんですよね
確か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »