« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日

2008年1月26日 (土)

マンション街?

新潟フェイズ跡にマンション(新潟日報)
清水建設が作るそうです。15階建てだって。

アーバンプレイス萬代橋
ポートの裏に出来たマンション。19階建て。
日生不動産。

アデニウムタワー萬代橋
ジョイントコーポレーションが建ててます。
BP2とアーバンプレイスの間。24階建て。

とまあ、信濃川沿いはマンションだらけです。
さらに…
建て替えと聞いていたミナミプラザは、
取り壊し用の仮設塀に藤原竜也でお馴染み
「ダイア建設所有地」という文字が…。

某BBSによると27階建てだとか。。。

土建屋さんは建ててなんぼ…とは言え、
これだけ供給してて、入居してもらえるの?
夏木マリさんでお馴染み某マンションなんて
昨年春頃完成したけど、いまだに
値引きして販売中ってチラシが
新聞に挟まってますよ。

数年前の春頃は、
やすらぎ堤の桜が見えるお店…
ってことで、ラシントンカフェとか
キリンホールが写真入りで紹介されてました。
今では、どれもこれも無くなり…
新潟一眺めの良かったポートの
リバーサイドスタジオの窓からは、
どんどん信濃川の水面が見えなくなって…

恐らく、レインボータワーも、相当
眺めが悪くなってるのではないでしょうか。

景観って何でしょうね。

新潟花火は数千万払った数百人の人たちの
ものになってしまうんでしょうか?

ん?
嫉妬?
それもある(爆)。

いや、でもね。
T-JOYのカフェから
やすらぎ堤を眺めながら思ったんですが
信濃川の景観は、やっぱり「公」であるべき
部分も大きいと思うんですよ。
キレイな川があって、そこを眺める
商業施設がある…ってことは、
人を、外からの人を迎えるのに
大きな存在ですよ。

そこへ「個」のアイテムである
居住施設が立ち塞がるのは、
どーなんでしょうね。
まだ、低層階を商業施設にしてくれれば
ましですけど。
プライベート空間、安全確保が売りな訳で
恐らくシャットアウトするでしょ。たいてい。

それでなくても、観光スポットが少ない
新潟市内なのにね。

よそから新潟で知り合いがやってきて
「新潟と言えばココ!って所に連れてって」
と、頼まれたら…どこへ行きます?
朱鷺メッセ?
マリンピア?
みなとぴあ?
レインボータワー?
古町?(笑)
萬代橋か…。
「周り、ビルばっかだね」って言われそう…。

「寒いね」だけでも苦笑するのに…
「ロフト、小さいね」
「バス、わかりにくいね」
「渋滞多いね」
「運転荒いね」
いろいろ言われた挙句、
「見るとこ、無いんだね」なんて言われたら
泣くでしょ。

魅力的な街って、どんな街だろね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

爆発物処理班班長!

えーっと、一応、ジャンルは「踊る」に
しておきました(笑)。

爆発物処理班の班長でお馴染み(?)
松重さんのインタビューがココログで
UPされています。

蜷川さんのところで芝居を学んだ事も
あるそうです。シェークスピアものを
やってたとは…。。。。

珍しい笑顔の写真も拝めますぞ。

■んで班長のブログ「修行が足りませぬ」
…顔に似合わず(爆)おもろい文体です。
仕事柄、落語にはまってるそうで…。
米朝全集とは、また…渋い。
地獄はもお聞いたのかな?

そうそう。踊るの渋いチームといえば…
中隊長!高杉亘…ブログ書いてないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠し砦の三悪人…続き「オリジナルの素晴らしさ」

長すぎるので、分けました(笑)。

今回のリメイク…
根本的なコンセプトからして違うんですな。

若者が知恵を絞って困難を切り抜ける
…というところに焦点を絞ってるようです。

オリジナルは…
単純に、西部劇のように痛快な
娯楽時代劇を作りたい!という願望から
生まれた…ということ。

メインとなる視線は、百姓2人というのは
同じですが…貪欲な若者2人という
リメイク版と違い、時代の波に翻弄される
百姓二人…対照的に国を守り再興へ
賭ける「巨大」な武士の世界…
この対比を明確に見せようとする黒澤版。

昭和32年という時代…
戦後12年、冷戦という次の大きな波が
押し寄せる…その黒澤さんの怒りというか
反戦というか、隠れた哲学的なものを
娯楽超大作ながら含んでるところが
やっぱり「すごい」と思うのです。

そして…
それまでの数年、重いテーマの作品を
撮ってきた黒澤監督自身、
「ここらで思いっきり楽しめるものを
撮りたかった」と言って企画した通り、
初のワイドスクリーン作品らしい
豪快な画作りで観客を圧倒させることに
成功しています。

平民暴動の城の階段シーン
隠し砦のガレ場の構図
馬チェイスの疾走感
田所兵衛との槍対決…
前半の静かな緊張感と後半の畳みかけ
火祭りの興奮
関所からの馬の疾走と
見下ろす裸馬の雄大さ

ルーカスがスターウォーズに「引用」した
理由が解かる気がします。

ストーリーも、構成も、映像も
手を抜いたところが無い!
単純に楽しむ事も出来るし、
深い部分を考える事も出来る。

この圧倒的な娯楽作を抜くには
相当の気合が必要だということです。

樋口監督…
果たしてどう出るか?
ハードルは高いです。
ハードルというより走り高跳びのバーです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠し砦の三悪人

アヴァンティ(ポートの裏ですが汗)、
今日のテーマは「黒澤明」。

たぶん、今日公開の映画「母べえ」の
原作が、黒澤映画の記録でお馴染み(?)
野上照代さんだから…かも?

さあ、リメイクづいてる黒澤作品、
ことごとく…タイトル奪還どころか、
黒澤オリジナルに勝てるリメイクは無し…。
いつのまにか…「織田三十郎」も終わってて。

で…次は「隠し砦の三悪人」。
主演がマツジュンって聞いて「???」と
なったもんです。
まさか真壁六郎太じゃないし…
女装して雪姫?(笑)
なんとまあ、藤原&千秋のデコボココンビの
1人だそうな。それも相方は、
すべらない野郎!宮川大輔!

監督は”ガメラ”樋口。
現代風にストーリーを変えてるそうな。

新聞記事によると…

50年ぶりによみがえるリメーク版は、
農民を山に住む民衆という設定に変えた上、
その1人を主人公とした。
「日本沈没」のリメーク版を昨年ヒットさせた
樋口監督は「現代の観客に向けて作る上で、
フリーターやニートに代表されるような自分の
よりどころを探す若者の姿を反映する設定に
したかった」という。(
日刊スポーツより)

なんだそりゃ(笑)。
秋月:山名:早川…3国の争いに
フリーターやらニートを、どーしてからめる?
領国再興の為の軍資金を、隠し砦から
如何にして持ち出し、安全な早川領へ
運ぶか?
それには全てを隠して、農民2人を「使って」
なんとかかんとか…運ばせて…。
最後は…
「金」には手を付けられないから、
大判1枚で許せよ、わっはっは!

結局、R2D2とC-3POの元になった
農民2人は、1枚の大判もらって、
ささやかな幸せの笑顔で城を出る…

っていうラストシーンだったはず。

んんん。
リメイク版の公式サイトによれば…
マツジュンは一攫千金を狙う「金山掘り」。
大輔は欲望丸出しの「木こり」らしい。
ま、キャラは、オリジナルに似てるけどね。
ただ、解説の中にある次の文章が…
「すべての退路を絶たれても、
どんな状況下でも決してあきらめない
名もなき若者たち。一方で難攻不落の
要塞”暗黒の砦”が不気味に誕生しようと
していた
」(公式サイトより)

こらあ!”新感線”中島ァ~!
「スターウォーズ」やんけー!(笑)

黒澤「三悪人」を元にして作られたのが
ルーカス「スターウォーズ(エピソード4)」。
暗黒の砦=デススターでしょ?
恐らく椎名きっぺーが、ダースベイダーか。

なんかなあ…。
黒澤「三悪人」とは全くの別物やなあ…。

原作脚本の”まま”の「織田三十郎」と
いじくりまくりの「マツジュン三悪人」…
果たして、評価は、如何に!!

5月の公開だそうで。。。。

(まだまだ続くぞよ…以下!でござる)

オリジナル版のストーリー詳細はココ

隠し砦の三悪人 DVD 隠し砦の三悪人

販売元:東宝
発売日:2003/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

隠し砦の三悪人<普及版> DVD 隠し砦の三悪人<普及版>

販売元:東宝
発売日:2007/11/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作品を見るだけなら普及版でイイですが、
上のほうは、特典として、インサイドストーリーが
入ったドキュメンタリーがあります。おすすめ。
たとえば… 雪姫誕生秘話、馬チェイスシーン秘話
などなど。。。

続きを読む "隠し砦の三悪人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T-JOY新潟万代リニューアル

昼前、ちょっと用事あって、PORTへ
顔を出してきました。

昼過ぎ、終わって…見に行ってきました。

映画館T-JOY新潟万代

今日がリニューアルOPENってことで、
どんなもんかチェックしてきました。

やっぱり予想通り、
インテリアは完全に長岡を踏襲。
シックにしてて、ホテルのロビーのような
雰囲気。
以前のような、看板、ポスターいっぱいの
ガチャガチャ感は全く無し!
BP2の2Fからエスカレーターに乗って
見回すと、すでにシティホテルのよう。
上がったところも…
以前だと規制ベルトをジグザグに置いて
客が行列作ってたところに、堂々と椅子。

以前、大きな看板を置いてた右手の壁際に
インフォメーションカウンターと、整理券発行機。
ココで整理券を取れば、右手チケットカウンターの
液晶に番号が表示され、呼び出される仕組みです。
そのチケットカウンター手前左手には
KINEZOの端末が2台。
ココで直接、チケットを購入することも出来ます。

そして正面奥。
以前は、派手なデザインの
フードカウンターがありましたが、ココもシックな
デザインに変更。
長岡のようなパスタは無いですが、
エビピラフのセットが設定されていました。
長岡のような大きな厨房が作れないからか…
ちょっと簡単めなメニューが多いような。

ポップコーンは、ちゃんと塩もありました。
(長岡OPEN時は、キャラメルのみでした)

このカウンターの奥は、ご存知のように
大きな窓越しに、信濃川とやすらぎ堤が望める
スペース。
以前、フードカウンターの反対側は、
上部に大きなモニターを置いた休憩スペース
でしたが、ココを撤去して広々ロビーにして、
全ての椅子&テーブルは、窓の前へ。
角の上部に大きなモニターを吊るして
ココで予告編などを流すようになっています。

窓際には一列に、外を向けたシートが。
小さいサイドテーブルのみの設置で、
食事の人は、奥まった部分に、
景色を楽しみながらお茶する人はココに…
という動線を作ってるようです。

イチから設計した長岡でなく、
既存の狭いこのスペースを、よく改装できた
もんです。それは感心。
ただ…
チェックの意味も兼ねて、例のピラフセットを
たのんで食してみたんですが…
ピラフは、確実に冷凍パックの解凍もの。
3種類から選べるスープは、
ウォーマーの温度設定が低すぎるのでしょう。
長岡の時以上に「ぬるかった」です。
残念。
スタッフの応対も、戸惑いがあるし…
初日にしては、ピリッとしてませんでした。

関係者と思しきスーツ姿のおっちゃん達は
とても目立ってましたが、初日なのに
客が少ない。
注目作が少ない週末なのと、雪模様なのと
悪いのが重なった感じ…。

これから、レイトショー狙いでシネコンへ
出かける人も、いると思いますが、
一度、T-JOY万代、覗きに行ってみて
ください。
以前とは全く違いますから。

で…どの作品を観たのか?って?
ピラフ食っただけ(笑)。

そう。ランチ「だけ」でも使えますよ。
平日の昼間、どーですか?
サンドイッチもあるし。生ビールだけでなく
カクテルまであるし。

あ。やっぱり夕方から1本観に行こうかな…。
劇場内の内装もチェックしたいな…。

っと思ったけど…
窓の外、また雪ドドドと降ってきてる(うにょ)

■(26日22:23補筆)新潟日報記事「喫茶室広げ味わう映画館」
ピラフ以外は、全てスクリーン内へ持ち込み可能だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ、うんざりです…雪

久々に積もった時は、
犬のように喜んでカメラ持参で
PORTへ出勤したりしてましたが…

さすがに続くと、ちょっとねえ…。

今朝も、いい天気かな…
と思えば、昼前後にワサワサと降ってきて
前が見えないくらいになったり
また陽が差してきたり…
ここ数日、そんなのが繰り返しの
新潟市内です。

ちなみに積雪量は、10cm~15cm程度。

昼間は、足元、ぐしゃぐしゃで、
夜には、カチカチで滑りそうになったり。

市内でコレですから、津南あたりの皆さんとか
もっと「うんざり」なんでしょうね。
ちょっと気持ちが解かったりしましたね。

とりあえず、昨日も写真撮ってるんですが
UPするのは、もうちょっと後にしよっかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルビ…勝ったけど…

うーん。

新潟79-69琉球

勝ったけどねえ…どーも、手放しでは…。

すっきりしないなあ…。

昨日同様、今日も、
どーも波に乗れず、終わった感じ。

みんながみんな、調子悪い…ように
見えたんですが、どうでしょうか?

アル中おじさんの評価も気になりますが…。
(終了直後じゃ、まだUPされませんわな)

試合内容とは全く関係無く、
bjtv見てて、気になったのは、
琉球側の場内BGM。

琉球のオフェンス用が
単調な打ち込みが延々使われてるんですよね。
なんか、ハウス系の場合もそうですが
単調すぎると…眠くなる(笑)。

2ポイント、3ポイント入れても
アウェイの際、歓声ももらえない上に、
すぐ、あのサウンドが流れると、
選手もテンション上がらないとか…
無いかな(苦笑)。

普段、寒い新潟でやってると、
沖縄の温かさが影響する…とか、

無いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかなあ<アルビbb逆転負け

午後7時。
ビーフラの受け担当を終えて、
普段なら一旦帰宅するんですが、
今日は、PORTで待機。
そして…bjtvで沖縄戦を観戦してました。

アル中おじさんも書いてますが…
1Q、何か…妙でした。
なかなか点も入らないし…

そして…8時。
ビーフラも終わり、例の7時台企画
「とくめきドラマ」の制作のため、
ビーフラチームに再度合流。
ドラマ内容を練ってました。

と…営業フロアのほうから声が…
「まけた…」
え!?
ラスト数秒で逆転負けだそうで。

おいおい。

時差ぼけですか(笑)。
やっぱり雪の影響…出ましたか。
もったいない。

1Qの立ち上がりの悪さが最後まで
尾を引いたんでしょうか。
明日の奮起を祈ります。…まじで。

ちなみにドラマのほうは…
これまた傑作ですわ。
来週の金曜7時、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

沖縄戦大丈夫?<アルビbb

番組中、タテ情報で知った…
アルビ選手一団の東京経由事件。

今夜、大丈夫かな?

テラのブログ

それにしても、テラのブログ、

エロTBばっかりですなあ…。
たまに削除かけたほうがいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑田さんと一緒にドコ、イコー?

そりゃ石垣島でしょ(ヤフー)

で…53局1局ずつ…ペア1組、
このライブへご招待しまっせ。(キャンペーンサイト
もちろんPORTも!
幸西も!

…あっちのほうがバナー大きいな(ぼそ…)。

いやあ、それにしても新潟の人は幸せよ。
他の地区より確率、高いもん!
1県4名様よ。
だって、各局1組ってことは、
大票田の首都圏も関西圏も一緒でしょ。

1県2局エリアだと…北海道は560万人。
AIR-Gとノースで分けても…280万人ずつ。
新潟は…240万人。
あっちとこっちで分けても…120万人ずつ。
ほら(笑)。

さあ!日本一競争率の低い新潟から
石垣島へGO!!

そして…3月23日(日)夜7時!
どこを回しても…桑田さん!生放送…
え?ナマ…
んんん。南国石垣で開放的になった彼は…
危険だ(笑)。
いらん言葉言ったら…
誰が始末書書くんやろ(笑)。

そうか。だからアコースティックで
落ち着いてやらせるのか(爆笑)。


あ!
ごめん!
今、全国都道府県人口ランキング見たら…
120万以下だけでも13県あったわ(笑)
ってことは、
一番確率高いのは…
FM高知だ!
(※鳥取と島根は2県で合わせてFM山陰でしょ)
今からでも、引っ越せ(爆)。

ん?和歌山県の南のほうの人は…
どーなるんだ??
除外ですか…(涙)。
奈良と和歌山、早くFM局、
出来るといいね…(涙×2)。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれあれ?荒れ!

北日本大荒れ25日まで続く(ヤフー/時事
大荒れで交通混乱続く(新潟日報

昼間は…たいした事無く…
というより、穏やかささえありましたが、
昨夜~今朝方、
そして夕方以降、えら降りですがな。

夕方なんて、ちょっとスタジオで収録して
外へ出てきたら、下が真っ白(笑)。

あっという間でしたな。
まだ夜中も、ジワジワ降り積もってる
ようです。
明朝、麻理ちゃん!頑張れ!
出勤しろ!(笑)。

おっちゃんは昼前、ゆっくり出勤するのさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋はんの入浴シーン(笑)

眞鍋はん…確信犯でっしゃろ(笑)

でも、照明消した風呂っていいねえ。
(しみじみ)

ちなみに、わしは朝風呂派。
聞いて無いって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイドスクリーンですかー!

アメトーークは寅さん芸人でしたねえ。

男はつらいよ…って、
なんか、誰もが見てた…っていう
名作シリーズと言われてますね。

見てました?

私は見てないんですよ。1つも。

ってことで、なんかピンと来なかった…
今夜は。

たぶん、あの「いかにも」東京下町…
人情喜劇…という臭さが嫌だったんです。

笑いと言えば「吉本新喜劇」であり
「松竹新喜劇」でしたからね。

それより…子供の頃から気になってたのは
テレビの「映画ダイジェスト」みたいな
公開映画告知番組で流れる「予告編」が
いつも縦長にゆがんだ映像だったことです。

ずっと大きくなってから判ったんですが
アレが、アナモフィックレンズを使わない状態の
シネスコ画面だったんですね。

そう。寅さんシリーズといえば、
日本映画では珍しい「パナビジョン」作品
だったんですねえ。
アクション映画でも無いのに…(苦笑)。

アナモやらパナビジョンやら、なんのこっちゃ?
という人、ほとんどでしょ?
ココをお読み下さい→「VIVA!ワイドスクリーン」

いやあ、同じような気持ちだった人、
いてたんですねー!
子供の頃から、ずっと思ってたんですよ。
レンタルがVHS全盛期の頃も…。
「こんなの本物じゃない!」って。

何のことか?と言えば、画面サイズですよ。
「●●洋画劇場」とかのTV放映の際でも、
VHS発売された映画でも、
ずーっと、画面サイズはTV用に3:4サイズに
トリミングされたものだったんですね。

洋画をあまり見ない子供の頃だって、
夏休みの昼間、放映されてたゴジラや
ガメラのシリーズで、冒頭のタイトルが
前述の「縦長」ゆがみだと、イッキに
テンション下がってたものです。

だって、劇場上映時に
1:2以上の横長の奴が、3:4になってる…
ということは「ほぼ半分」。
つまり、作品全体の半分しか
見せてもらってない!ってことになります。
子供心に、
「未知との遭遇」も「スターウォーズ」も
劇場で見た「あのまま」でもう一度見たい!
と、ずーっと思ってたものです。

ここ数年ですよ(笑)。
DVD全盛になって、液晶TV全盛、
大型TV全盛になって…やっと、
ノートリミングでソフト化されるようになったのは…。

思えば長い道のりでしたねえ(笑)。

あ。そうそう。
ほとんどの映画がテレビサイズに
トリミングされてた時代でも、例外が
ありましたね。それは…

クロサワ!

みんな恐かったんでしょーねえ。
「俺の作品を勝手にいじくるな!」
なんて言われて…TV局のプロデューサーも
言う事、聞かざるを得なかったんでしょうね。

当時、20型くらいのTVで
上下真っ黒マスクな上に、横長な小さい
モノクロ画面…「あれ?何これ?」って
思って見てた事、ありましたねえ。

そうそう。
こんな記事を書いてると、思い出しました。
昔、大阪・梅田に「OS劇場」というのがありました。
ちょうどナビオの南向かいですよ。
今、OSビルって細長いビルで車のショールームか
何か入ってるでしょ。
あそこに、高さの低い映画館があったんですよ。
この旧OS劇場は、関西唯一の「シネラマ」上映館
中に入ると、急な階段状になった客席と
大きく湾曲した大スクリーンがありましたよ。
「007ムーンレイカー」とか、見ましたねえ。
ま、すでに純正シネラマ作品なんて既に
製作されてない頃でしたが、あの巨大さには
圧倒されました。

その旧・OS劇場…この記事によると1991年の事ですか。
いよいよ閉館される…ということになって、
確か大学生の時、そのさよなら興行で、
「2001年宇宙の旅」と「ベンハー」を観にいきました。
ベンハーの時は、超満員で、僕の横の
階段状の通路にも、おっちゃん、おばちゃんが座って
見てましたね。

オーバーチュア(前奏曲)、
インターミッション(休憩)…と、経験した事のない
壮大な造りの作品で、ソレにも増して圧倒的だったのは
ウルトラパナビジョン=1:2.75という観たことも無い
横長サイズのワイド画面!
OS劇場のOS劇場らしさを見た気がしましたっけ。

今出てるDVD作品も、このサイズで収められていますが
TV画面で見ると…ちっちゃいこと(笑)。
是非、ベンハーは、もう一度…大画面で
見てみたいものです。

最近はシネコンばっかりで、よっぽどの
ヒット作品でないと、100人規模のスクリーンに
なってしまいますね。
OSや北野劇場(シネコン化前の時代ね)みたいな
巨大画面でないと、あの迫力は出ません。

あ。迫力と言えば「未知との遭遇」。
デビルズタワーの裏からせり出すマザーシップも
あのサイズの画面じゃないと、興奮しませんね。

いや~、映画って…
否!ワイドスクリーンって本当に
いいもんですね。

最近、日本映画でも、
シネスコサイズの娯楽作が増えてきてて
楽しいです。
ま、でかい画面サイズの良さを
充分に発揮してる監督という意味になれば
少ないですけどね…。

そー考えると、黒澤さんって
やっぱり、すごいわ。

んあー。用心棒とか隠し砦、
劇場で見たいー!(笑)。

ははは。
この記事、終わらへんがな…。

ベン・ハー コレクターズ・エディション DVD ベン・ハー コレクターズ・エディション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(3枚組み) DVD 未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(3枚組み)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

冬将軍様ァ~

北日本大荒れに(ヤフー/毎日)

えらい荒れた天気になるようです。
これですもん。 Weather080124_2

台風ですやん。
まさに冬将軍。


ウェザーニューズ

あ。冬将軍といえば…NHKの天気予報には
立派な冬将軍様が、いろんな表情で、
出現することがあります。
ちょっとおちゃめな顔をしてるので、
タマに、ポートで仕事中なども、TVに出現すると
「お!」と、見入ってしまったりします。

同じように思ってる冬将軍ファンもいるもので(笑)
気象画像掲示板(…冬将軍画像を貼ってる人が…)
落武者さんち(06年3月31日記事)
…そこからリンクされてる冬将軍百面相

他にもいます?冬将軍ファン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

T‐JOYばんだーい!

現在、T‐JOY新潟万代がリニューアル工事中です。

んで…これ。
T-JOY新潟万代のお知らせ

T-JOY長岡の評判が良いので、動いたようです。

ガラス張り部分がカフェ化して…
YOBUZOも、KINEZOも導入されます。

これで万代にも、賑わいが戻るかも。

KINEZO会員になっといて良かった。
チケット取りやすいわ。うひょ!

【参考…T-JOY長岡探検レポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

雪でっせー。<太平洋側の皆さん

みんな、雪、慣れてないでしょ。

すべって転んだら、ニュースのネタでっせ。

ご注意を。

とりあえず、甘く見ない事。

普段通り行動する「以上」の注意と
ゆっくり…そして「確実」に…。

電車、車も影響出る事を見込んでね。

関東南部積雪の見通し(朝日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの「ふさわしさ」

最近、ドラマウォッチャーというのを
趣味としていて、思うところがあります。
それは…「枠イメージ」の崩壊。

今季でも、何度か書いてる通り、
月9に野島作品があり、
ポップな色彩のハチクロが火9…

各局、カラーを定着させない事で、
視聴者層の新規開拓を試みているのかも
知れない…。
ただ…
刺激と安定は…難しいもので、
安定は、下手をすれば「マンネリ」となり、
刺激は、度を過ぎると「嫌気」になる。
その「頃合」が大事になる。

しかし…最近の傾向を見ていると、
とりあえず「何か」新しい事をどんどん
出していって、数撃ちゃ当たる!式の
供給が過ぎるのでは無いか?と思えてくる。

さらに言えば、TV自体、娯楽の王様とは
言えない時代でもある。
インターネットもあり、DVDもあり…
録画すれば堂々とハイビジョンで
ゆっくり、好きな時間に見る事が出来る。
リアルタイムで見てもらうには大変な時代と
なっている。

そして、一番困った状況なのが
不景気時代を引きずっている事。
マスコミ全体を含めて広報的な分野は、
企業としては、金を回すのは
一番後回しにされるもの。だから、
景気が上向きになっても、その恩恵を
受けるのは、一番後になる…

企業は金を出し渋る。
レギュラースポンサーには、なんとか
とどまって欲しい。
すると、制作よりも編成よりも
営業、そして代理店が主導権を握る。
結論、「いかにすれば数字を稼げるか?
ターゲットへの訴求力が出るか?」
という論法に辿り着く。
すると…スポンサーを説得するための
企画が優先され、リスキーな内容の企画は
軌道修正、却下される。

この結果、放送前のインパクトがある企画、
名の知れたタレントのキャスティング、
その演技力を補う達者で機用な脇役配置、
数字がぶれない解かり易い演出、
そして知名度のあるアーティストによる
主題歌タイアップ…こういう図式が出来上がる。

そして、どの枠を見ても
よく似た企画とよく見る脇役、内容と違和感のある
主題歌…という滑稽なラインナップが出来上がる。
それが今のTVです。

(もっと長くなりそうなので…続きは以下!)

続きを読む "テレビの「ふさわしさ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち14<佐々木夫妻の仁義なき戦い

言いたい事は、解かりますよ。

でもねえ…描き方が問題なんですよ。

最近の日曜劇場のジレンマは
そこにある訳です。

日曜の夜、翌朝…平日のスタートの
前の晩だから、気軽に見れて、
心地よいライトなドラマを持ってくる…
それは、間違ってないし、
なんだかんだあっても、最後は
人にやさしくなれる…そういう
ホームドラマを提供したい…

その作り手の思いも解かります。

でも、それが、ドンチャカ演出でいい
というのは…方法論が違う…
ということです。

で、やっぱりキャスト、スタッフのお仕事
自体は、とてもクオリティが高い。
特に小雪の芝居は。
それを指揮し、料理するトップが
ダメダメなんですね。

ってことで…

脚本 ☆
演出 ☆
演技 ★★★(小雪ボーナス)
撮影 ★★
印象度☆

総合…6.5点(★)
※☆は…0.5ポイント。

ってことで修正した第1回終了時点評価は…
1位 だいすき!!(TBS)    23点
2位 薔薇のない花屋(CX)   22点
3位 斉藤さん(日テレ)     21点
4位 あしたの喜多善男(関テレ/CX) 19点
5位 ハチミツとクローバー(CX) 17点

6位 フルスイング(NHK)    17点
7位 1ポンドの福音(日テレ) 10点
8位 エジソンの母(TBS)    8.5点
9位 鹿男あをによし(CX)   7.5点
10位 交渉人(テレ朝)     7.5点

11位 未来講師めぐる(テレ朝) 7点
12位 貧乏男子(日テレ)    6.5点
13位 佐々木夫妻の仁義なき戦い 6.5点
14位 4姉妹探偵団(テレ朝)  3点

ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »