« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日

2008年9月25日 (木)

異例でええやん

テレ朝新人アナ、報道番組メインに~異例の大抜擢(ヤフー/オリコン)

なんか他人事では無い記事ですぞお。
23(祝)のTCは、若手AD2人を代打ナビに
充てまして、皆、口に出さずとも、批判的な
視線は内部でも少なからずありますもん。

こういう人事は、選んだ人間にも
プレッシャーが掛かるものです。
特にTVの場合は、多くのスポンサーの
目もありますし、特に営業などから
「本当に大丈夫なのか?」という
不審の目で見られます。
「もし、失敗したら?」
しかし、よく”プロジェクトX”でも出てきた言葉ですが
失敗を恐れていては、前に進めない…

何よりも、誰でも”新人”時代はある訳で、
誰しも、大きな壁を越えて「今」がある訳です。

よく、大人という生き物は、いつしか…
自分が子供だったというのを忘れる…
と言われます。

親や上司や先輩は…
若造に大仕事を充てる事で
上へ引っ張り上げてあげる事が”必要”です。

”あいつら”2人の場合…
キムは、以前、学生時代、学生が制作、出演する
録音番組で出演した経験があるが「生」は無い…
千夏の場合、素人ながら、トレンド特派員として
自ら取材・構成、そして生出演でのレポートを
してきた実績がある。
それぞれに、プラス&マイナスがある2人…
ツインにすれば、失敗はあっても何かが生まれる…
そう思っての起用でした。

そして、放送を終えてみて感じたのは…
子供は、親が心配するほど子供じゃない…ということ。

飛び出せば、あとは必死で羽ばたけば
大空を飛翔するものです。
最初は低空でも、コツを掴めば高い空も大丈夫。

確かに、クオリティは低いかも知れない。

でも、誰だって”その第一歩”を経験しないと
前へは進めません。

ADで”プロ”になってはいけないのです。
単なる通過点の職業…それがAD。
物書きが得意ならライターになればいいし、
選曲が好きで物事を広く見れるならDもいい。
しゃべりや独自の視点、伝える事が得意なら
ナビゲーターやアナウンサーもいい。

前例が無いなら、作ればいい。
異例が続けば普通になる。

そして…抜擢した人間は…
ケツを拭く、責任を取る…それが仕事。
「何かある」かも知れないが、
「何もない」かも知れない。
それでいい。

恐らく、今回の経験で2人には今後、
喋り手の気持ちが解かった上で、
様々な仕事が出来るラジオ屋になれる…
そう確信しています。

丁度今、TVで朱鷺が空へ飛び立ちました。

人間が思うほど、弱い存在では無い…
そんなキレイで力強い飛翔でした。

”彼ら”が佐渡の空を大いに舞ってくれることを
祈りつつ…朝っぱらから執筆してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

こっそり…TC「秋分の日SP」

大きい声では言えませんが(笑)…

明日23(祝)のTCは…

タテがいません!(ヤンと姉さんには内緒ね…)

代打は…

キム&千夏(爆)。

え?!誰だって?

うちの若い衆じゃい!

もちろん、ニセ(謎)立石声も出ますので、
半分ご安心(!?)を。

午後1時 オープニング
1:25頃 のぞみんのTCキャッチ①
      「私はどこにいるでしょう」
1:40頃 Kゾーン(!?)
1:59頃 Cゾーン(!!)
2:15頃 ゲスト:ヒルクライム登場!
2:40頃 TCグリーティングス
3:00~ TCカフェ
3:15頃 のぞみんのTCキャッチ②
      「私はここにいます」
3:35頃 アフター5インフォメーション
3:40過ぎ…秋田に直撃!生タテ電話(予定)
3:55頃 エンディング

ってことで、TC特派員、ノザフィーヌの店の客…
で登場している千夏ちゃん、BCのキムラップで
パクMCとしてお馴染み…キムちゃん、
2人の若い衆に、温かい応援メッセージをどうぞよろしく。
tc@fmport.com

※のぞみんの居場所を当てて、現地に行くと
先着でステッカーもお渡し出来るはずです。
(ただし午前中の特設レポートとは別場所です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想と現実の狭間で…

どんな業界でも、
「こうありたい」「こうしたい」という理想を持って
日々の業務に励む人は、多いでしょう。
でも、誰しも…現実、さまざまな環境の中、
妥協しながら、納得”させながら”勤めてる訳です。

あっちで、一人の喋り手さんが
終わりを迎えるそうです

なんとも、その”想い”が胸に響きます。

特に朝枠は、N天交が多いから、
想うような空気感は、なかなか出せずに
思い残す事が多いでしょう。
お察しします。。。

しかし、その理想を持たなければ
いい番組へと”押し上げる”事は出来ない訳で
現実という重しに耐える原動力となります。
いつまでも理想は持ち続けたい…
あらためて、自分もそう思いました。
お疲れ様でした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年第3期ドラマ各賞発表

今日の織田っちもそうでしたが、
なんだか尻すぼみな最終回が目立って、
なんとも最終評価を出しづらい今季でした。。。

主演男優賞 内野聖陽(ゴンゾウ)
主演女優賞 永作博美(四つの嘘)
助演男優賞 柳葉敏郎(コードブルー)
        劇団ひとり(魔王)
助演女優賞 比嘉愛未(コードブルー)
        吉高由里子(太陽と海の教室)
新人賞    水沢エレナ(恋空)

演出賞    西浦正記(コードブルー)   
脚本賞    林宏司(コードブルー)  
撮影賞    「魔王」
編集賞    「魔王」
効果賞    「ヤスコとケンジ」
企画賞    「33分探偵」
主題歌賞  Mr.チルドレン「HANABI」(コードブルー)
音楽賞    澤野弘之(魔王)

作品賞    「コードブルー」

【評】ま。こんなもんでしょ(笑)。
コードブルーは、主演4人の芝居が微妙でしたが
作り手の心意気が、他を圧倒していたように…
思えます。っていうか、お金も掛かってたでしょう。
そんな中、主演賞独占(笑)のテレ朝さん。
渋い人選で、数字より手堅さを見せた(?)って
感じでしょうか。
残念ながら、織田っちは空回りで、10代も
親世代も掴めず終わったように思えます。
そんな中、吉高さんは、難しい役どころを
しっかり演じていた…と思います。
そして、劇団ひとり。
バラエティでの即興芝居が、見事開花しました!
同じTBS…原作や映画と比較されて大変な中、
水沢さんは、大いに存在感をアピール出来たと
見ていいでしょう。
一方、作り手ジャンルですが…
演出、脚本は…消去法でいけば、これしか
残らなかった…ということ。
ちょっと、出来が中途半端な作品が多すぎた。
悲しい演出班に比べて、技術屋さんたちの
力に入れ方に脱帽。特に「魔王」。
表のダメっぷりを裏でカバーした!?
同様に「ヤスケン」も、以前書いた照明の
独自性を高評価させてもらいました。
「33分~」は、企画のアイデアだけは「買い」!
完成度は低すぎ(苦笑)。

ってことで、ナイター中継が数年前に比べて
激減した事により、放送環境が数段良くなった
夏ドラマのはずですが、年間通しての局側の
力の入れ方は、相変わらず冬高夏低のようで。
ちょっと残念。

参考…2008年第1期各賞

主演男優賞 小日向文世(喜多善男)
主演女優賞 香里奈(だいすき)
助演男優賞 松田龍平(喜多善男)
助演女優賞 小西真奈美(喜多善男)
新人賞    八木優希(薔薇のない花屋)

演出賞    下山天(喜多善男)
脚本賞    飯田譲治(喜多善男)
撮影賞   「薔薇のない花屋」
編集賞   「あしたの喜多善男」
効果賞   「あしたの喜多善男」
企画賞   「ロスタイムライフ」
音楽賞   小曽根真(喜多善男)     

作品賞   「あしたの喜多善男」

参考…2008年第2期各賞

主演男優賞 (該当者なし)
主演女優賞 上野樹里(ラストフレンズ)、
        上戸彩(ホカベン)
助演男優賞 錦戸亮(ラストフレンズ)、
        北村一輝(ホカベン)、
        大倉孝二(ホカベン、CHANGE)
助演女優賞 深津絵里(CHANGE)
新人賞    (該当者なし)

演出賞    加藤裕将(ラストフレンズ)
脚本賞    (該当者なし)
撮影賞    「おせん」
編集賞    「ラストフレンズ」
効果賞    「おせん」
企画賞    「週刊真木よう子」
主題歌賞  宇多田ヒカル「プリズナーオブラブ」(ラストフレンズ)
音楽賞    金子隆博(ホカベン)

作品賞    「ラストフレンズ」

※例によって、全ての賞は、個人的見解ですので
悪しからず…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

タリーズでコーヒー飲みながら物思う…

日曜日のこと…
新潟駅前のタリーズで、窓外の自由通路を
眺めつつ…思った。

「新潟駅の高架工事って、どう進めるの?」

ちゃんちゃん(苦笑)。
鉄ちゃんの思考回路って変でしょ。

いや、でもね。
南口側には、新幹線高架があるでしょ。
ってことは、工事車両用入り口は、
万代側しか作れないでしょ。
んでもって、工事期間中、代替ホームを設けるにしても
万代口は、ビルなどが多いでしょ。場所無いのよね。
ってことは…
工事期間中、使用ホーム数を減らして、
島1つ分ずつ細長く建設しながらスライドさせる
今の大阪駅同様の工事しか出来ない訳。
ってことは…
まず、SL発着する奥側から撤去して、作り…
優等列車を新ホームへ移し…
次に真ん中、最後に手前…として…
並行して、両側の勾配線を建設…
ホーム部分(3F)通路部分(2F)を順次部分開業、
出来たところで、現:駅舎施設(JRオフィス)を
高架下へ移設。
そして駅舎解体、駅前広場整備…
バス乗り場移設…って感じでしょうか。

こりゃ、先は長いねえ…。

とっくに2014年問題は過ぎ去ってるんちゃう?

果たしてその頃の新潟市は、どんな街に
なってるでしょう???

一杯のコーヒーで何を考えてるのやら(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

20万ヒット

おかげさまで、20万でやんす。

まいどおおきに。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

情熱大陸:木村大作

MBS「情熱大陸」HP

今、一番、見応えある番組でしょう。
これが30分しか無いというのがもったいない。
取材に何か月も掛かって、アウトプットが
正味25分って。
また、今週ほど、短く感じた回は無かったな。

おしゃべりなおっさん…という印象が強かった
木村氏。でも、初監督姿を見ると、
日本映画全盛期を踏襲する正統派の
映画屋…という印象を受けた。
妥協しない…最高の作品を創ろうとする
その映画屋魂を垣間見た。

故・宮川一夫氏のドキュメンタリーを以前、
NHKで観たが、彼は、最後まで撮影監督で
あり続けた。木村氏は…仕事が無けりゃ
自分で作っていくしかない…と放送の中で
つぶやいた。
その、もっと奥底の部分、日本映画の今に思う事、
彼の作風の細部など…もっと徹底した
ドキュメンタリーが、もっと見たくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイナイ=CX?

今ね。情熱大陸待ちで、BSN(TBS系)見てるのね。

ナイナイが、MCで特番やってますわな。

なんかナイナイ出てると、フジのような気がして
仕方無いです。それだけめちゃイケの印象が
強い訳ですな。

妙に気持ち悪い。

セットの大きさはTBSにしか出来ない物では
ありますが…。

それにしても4時間って長い。
収録、どれくらい掛かったんやろ?(笑)。

各局、長尺特番、制作は大変でしょうけど…
それ相応の結果って出てるもんでしょうか?
結局、感謝祭のような生のほうが良かったりして?
必死で作っても、政治関連のニュース速報に
負けたりして??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年秋新ドラマ期待値チェック

いよいよ夏ドラマも残すところ、
あと僅か。ダラダラした長尺特番ばかりが
並ぶシーズンになりました。

んな訳で…新ドラマをチェックしましょうかね。

例によって曜日別。

月9「イノセントラブ」(CX)

ん?ゆうじん??…岩沢君、かわいそうに…。
WHAMのアンドリューや、平川地の兄みたい…。
んんん。ドラマ界では新鮮だし、いちげんさんを
取り込めそうではありますが…どうだろう??
堀北っていうのも、ちょっと残念なキャスティング。
で、月9には珍しい重い設定。
果たして、週の頭に見る作品として…
吉と出るか?否か。
「ラストフレンズ」の高評価を良くして
浅野脚本なんでしょうが…枠の色と合うかな。
★★★(どう出るか、わからんもん)

(続きは下)

続きを読む "2008年秋新ドラマ期待値チェック"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »