« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

2008年7月6日 - 2008年7月12日

2008年7月10日 (木)

悪魔おじさん登場

いやあ、今週は帰宅するのが遅い日が
多いし、新ドラマもあるし…で
なかなか、ツールドフランスをたっぷり
見れませんな。

といっても、しっかり見るのは
今年からですが(汗)。

山岳コースの名物!悪魔おじさんが
さっき、登場してきました。
伴走する余裕無く、集団が通過してしまいました。

ジロの時は、しっかり怒鳴りながら
走ってる姿を拝みましたけど。

まあ、後半、まだまだ出てくるはずですわ。

昨年の勇姿(「自転車でいこら」ブログ)
はてなの解説

へえ。ドイツのTV局のレポーターでも
あるんですね。ちょっとその様子も見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300万分の1でーす

総務省調査:国内ブログ(インターネットウォッチ)

今朝の新潟日報で載ってましたので
検索かけてみました。

1690万の内、
「1ヶ月に1回以上更新されてる」ものが
約300万で、全体の2割弱だそうです。

つーか、1ヶ月に1回じゃ、息詰まるって。
逆に。

どうなんでしょ?
平凡な暮らしをしてると、日記ブログとして
開設すると、目立って書くネタも見つからない…
ってことでしょうか?
「アクセスが増えない」というのも原因の1つだそうですが
更新しないと増えないんですけどね。

アドバイスとすれば…
心に素直に書く、
悩まず書く…ってことかな。
思った事を、そのまま書いてみる。
それを読み返してみる。
公共性も含めて…まずい部分は書き直す。
最初に書く事を1つ1つ考えながら執筆してると
時間が掛かりすぎるもんです。

紙と鉛筆じゃないから、推敲は楽でっせ。

日々の出来事だけじゃなく、
気になったニュースとか、
好きなアーティストやCDの感想とか…
1億人以上いてると、共通項を感じる人がいてて、
検索掛けて、見てくれますわ。

それはそうと…
スパムブログって多いのね。
驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーちゃのーまー、しーんしーつー、おーだいどーこー♪

いやああああ。あるわ!ありましたわ!

「ぬかるみの世界」!

このオープニングは…恐らく1985年頃。

チキチンチキチンでお馴染み、このオープニングテーマは、
デイブ・グルーシンの「カタヴェント」という曲です。
さっき、アマゾンで検索したら…この曲が入っているアルバムを
発見しました。

Oneofakindこんなジャケなので、中古屋などで
発見した際は、チェックしてください。

で…何本かの本放送もUPされてました。
恐らく関西以外の方でしょう。時々受信状況が悪くなります。
UPされてるのは、88年頃(ちょうど20年前)なので、
番組終了直前当時の放送です(終了は89年)。

「土手」って聞いて、笑える人、いてるかなあ?懐かしいわ。
「セルマの定理」の人は、聞いた覚え、あります!
※音声ファイルは幾つも分割されてるようなので、
続きは自分で検索掛けて、聞いたってくだちゃいな。

ちなみに…我がHPにも「ぬかるみの世界」のコーナー
置いています。
ご覧になると解かりますが…実家に戻ると
1985年~1989年(最終回)の同録カセットが
100本ほどあります。
小学生時代にヤンタンにはまり…
中学時代にはANNを聞いて…
高校時代は、ぬかるみでしたっけ。

で、あなたは「おばん」?「おじん」?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

びばーやーんぐ!

えー、クライマーズハイ記事の執筆をしてて
当時のニュース映像は無いか?と
YouTubeを検索かけてたら、
おもろいネタを発見。

昔懐かしい「鶴光のオールナイトニッポン」の
「この歌はこんな風に聞こえる」コーナーの
同録。

これはこれは(笑)。
えらいもんが残ってたもんですな。

もお中学生時代でしたから…
小さいラジオにイヤホン差して、枕に顔埋めて
肩揺らして笑いをこらえてましたっけ。

結局「空耳アワー」の原点ですわ。
ヤンタンでも金曜で「重いコンダラのコーナー」も
同様の企画でした。
でも、鶴光ほど、下ネタに特化してたのも、
すごいです。

今だと成立しないでしょ。

実家のどこかには、たぶん品性下劣ステッカー、
残ってるやろな…。ははは。

寝さらせー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライマーズハイ

やっと見れました。

原田監督の社会派作品って
見応えあって好きですが、これも、同様で
野郎どもの群像劇で、描き方が圧倒されます。

興奮状態の現場を、
ドキュメンタリーっぽく描きますが、
ちゃんとカットを割って、細かく芝居付けて
繋いでるので驚き。

また、出てる役者陣も上手い!
特に遠藤さん、カッコいい!
どの人も、いままで見た事無い面を出せてます。

ただ…イマイチ、焦点が絞れず、
ブンヤの魂なのか?
主人公の内面なのか?
日航機事故なのか?
観終わった後の印象が、ぼやけ気味でした。

原作も、そうなのでしょうか?

何はともあれ…
ラジオ屋ながら、報道志向が強い人間なので
こういう非常な場合の行動と判断…という
部分、すごく考えさせられました。

1985年…NHK松平さんの第一報、
それを引き継いだ木村さんの
伝説の「名簿を読んで下さい」、
闇夜の燃える機体映像、
翌朝の機体発見、
そして昼前、フジの…
これも伝説の生存者救出ヘリ生リレー中継。

優勝間近なタイガースの社長や
坂本九さんも巻き込まれた…あの暑い夏の事故。

忘れようにも忘れられませんね。

リアルタイムで経験していない若い人たちは
どんなふうに、この映画を見たでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち7<正義の味方

日テレは今季、
お子ちゃまコメディ3連発揃えてきました。

そのTOPを切って始まったのがコレ。

クレジットのトップは未来ちゃんですが
実質の主人公は山田といっていいでしょう。

ま、バカボンよりパパのほうが出てる
「天才バカボン」方式ですかな。

これまた山田のブサイクな事。
自己顕示欲顔が…ひどい(笑)。

で、未来ちゃんも…
被害妄想顔が…
なぜか…
山田に似てたりする(爆)。

もお筋とか演出とか評価に値しないので
2TOPのブチ切れ芝居を楽しむって
のが、正しい鑑賞法かも。

で、音楽が小西さんなんですが
コレがキレが良くてなかなか。

サントラは買いかもね。

脚本 ☆
演出 ★
演技 ★☆
撮影 ★★
印象度 ★★

総合…7.0点(★☆)

もしかすると今季の日テレは
ブービートリプルになりそうな予感。

やっぱり未来ちゃんは「泣き」芝居…
見たいところですしね。
ま、高校生役らしい”大人っぽさ”も
出せたら、ちょっとは変わるんでしょう。

この作品では、どっちも出せそうにないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

備えるか…聞き流すか…

夕方、奄美で地震があったので、
どうなってるかな?と思って、
某サイトを訪ねたら…
やっぱり騒々しくなっておりました。

重要警戒情報

で、もう1つのブログ
やっぱり「注意すべき」だそうです。

夕方、ポートの窓から
西の空を見上げると、
幾つもの飛行機雲と真っ直ぐな筋雲が
伸びてました。

ま、常にざわついてるサイト2つなので
聞き流してもいいとは思いますが…
ちょっと頭の隅っこに置いておいても
いいかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち6<シバトラ

結局、火9は…お子ちゃま枠になった訳ね。

まあ共同テレビ的な色満載です。

設定も演出も芝居も漫画。

ただ、コレはコレとして見れば
楽しめない事も無い。

難くせ付けないで、何も考えないで見ればね。

ってことで、系統的には
テレ朝の金11枠と同列なんですが
ハジケっぷりが中途半端で、
どこかで、一般的なドラマにしたい欲求が
演出班にあるようで…
そのふら付き具合さえ無ければ
それはそれで、いいものになるような
気がします。

寿々花ちゃんが居る事で
画面が締まるっていうのも
若干悲しさが…。

脚本 ★☆
演出 ★★☆
演技 ★★★
撮影 ★★★
印象度 ★★☆

総合…12.5点(★★☆)
※☆は0.5ポイント。

1話に関して言えば、親父のDVというのは
最初から見えてましたけど…。
もっと深い筋かと思ってたので、
肩透かしでした。
武藤脚本の限界かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

乗り換えよっかな~

契約純増数、au最下位転落(msn/産経)

んんん。やっぱり…落ちましたか。

なんか、最近のauは、
迷いというか、焦りと言うか…
ハッキリしませんからね。

昨年の秋モデルあたりから、
肝心の基幹機種の販売がずれ込んだり
料金とか、端末販売方法とか…
痒いところに手が届かなくなったし、
新サービスも、いまいち魅力を感じません。

SS(スマートスポーツ)だって、
結局は、ジョギングだけの対応だし。

これでⅰPhoneが出てきたら…
確実にソフトバンク時代到来ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち5<Tomorrow

1日遅れで録画で見ました。。。。

いやあ。
TBSは、やっと日曜劇場を
変えてくれましたか。
ココしばらくは…悲しい中身ばかりでしたが
こりゃ違います。

アホに物言うようなドラマが多い中、
余分な言葉を削ぎ落として、
映像で見せて、役者の動作表現で
訴える。

極めて上質な映像作品と言えます。

竹野内&菅野の2トップも上手い。
緒川たまきも、カッコいい。

主題であるところの医療現場の
現実問題というところと、ヒューマンな部分も
心地よく融合させています。

エドはるみの婦長もなかなか堂に入ってました。
今までのところ…
今季新人賞最有力候補かな。
まだ細かい演技とは言えませんが。

脚本 ★★★★
演出 ★★★★☆
演技 ★★★★☆
撮影 ★★★☆
印象度 ★★★★★

総合…21.5点(★★★★)
※☆は、0.5ポイント。

クールな役柄は、逆に言うと
芝居が単一で楽と、書いてきましたが
同じような芝居でも、
この竹野内の場合は、前出の2人(大野&山下)
と違い、心情の露出をセーブした上で
目、顔の表情筋、手足…といった
さまざまな部分で、微妙な動きで
たっぷり表現しています。

各作品、第2回放送で、その部分…
是非、見比べて頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄ですけど何か?

あ!!!

忘れてた(爆)。

今夜、キハE120取材のOAあったのよね。

ツールドフランスとF1英GPと大河と
新ドラマTomorrowが重なってて…
TVに夢中でした(汗)。

Tディレクターに怒られる(泣)。ははは。

だって、チャリも楽しいんだもーん。
ゴール前は、鳥肌ですわ。
F1は…ハミルトン一人旅だったし…。
ってことで、日曜劇場さんは、録画しました。
初回批評は…また後日。。。

キハE120取材の写真(①なので
適当にクリックして見てってください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »