« 橋下知事の脳みそ覗いてみたい… | トップページ | きいこ正面顔でどーん »

2008年11月 6日 (木)

ノンフィクションVSドキュメンタリ

報道発ドキュメンタリ宣言、22.9%(ヤフー/オリコン)
水曜ノンフィクション、1ケタで苦戦(ZAKZAK)

対照的ですなあ…。

解かり易くスタジオトークを交えたほうが
数字が悪くて、ストレートな取材VTRで
構成したほうが数字がいい…という結果。

両番組とも、見ましたが…
テレ朝のほうは、全国スポンサー無しで
発進してましたね。
失う物は無い状態。
中身も、ストレートな取材VTRがほとんど。

一方のTBSは、
HPでは「最高品質のドキュメンタリー」としながらも
三桂所属の根本はんをはべらせて
関口はんが司会…という
どう見ても、サンデーモーニングなテイストで
スタジオ進行していく、従来のスタイル。

今の目の肥えた視聴者には、
ストレートなドキュメンタリーにしたテレ朝のほうが
新鮮に映った…ということでしょう。

また、テレ朝のほうは、
”1億人1億色”というコピーの通り、
人間を追う…というコンセプトにしたのも
視聴者の心へ訴えるには正解だったようです。

TBSは、最近のニュースに上る話題について
関連した”過去”の出来事と”今”の出来事を
セットを変えて伝える手法にしています。
今、世間で動いている事象について
多角的に観察する意味では、正解ですが
いかんせん…スタジオトーク部分が長く、
肝心のVTRが弱い。
一般視聴者には親切ですが…
元々、この手の番組のターゲットは、
ぼけーっとバラエティを見る層じゃ無い分、
”物足りなさ”を感じたのかも知れませんぞ。

そりゃ、取材力については、大きいネタだと
Nスペには勝てない。
人情話的に持っていったテレ朝は、
7時台という浅い時間帯に置いた事で
バラエティに飽き飽きした上の世代を
大きく取り込めたんでしょう。
初回が、ベテラン俳優の隠された今、
来週は、パラリンピック選手を追ったもの。
リアルな人間の姿ほど、
感動出来るネタは無いですわな。

でも…VTR構成の中身については…
しっかり出来ていた…とは言えないものでした。
それこそ、深夜遅くに細々と放送してる
地方局制作のドキュメンタリーのほうが
見応えあるもん。

起承転結で言えば「起」だけって感じ。
まあ、
長野はんがスタジオ部分で言ったように、
今後も追い続けていくそうなので、
これから…が本当の勝負です。
次回のVTRは長期取材したものらしいので、
引き続き観察したいと思います。

TBSのほうは…
次のMBS枠(久米さんち)が、同じように
スタジオトークで「今」のネタについて展開する
という似た部分があるので、
コンセプトはそのままに、もっと気合を入れて
VTR中心で構成し直したほうが
まだ、勝負できるんちゃうかな。
高い関口はんと抱き合わせ女性アナよりも、
局アナや報道の偉いさんで固めたほうが
いいかもよ。
「情熱大陸」なんてNAだけでも成立してるし。
あ…あれもMBSか(苦笑)。

とにかく、ドキュメンタリーものは
中途半端じゃ、面白く無いですわ。
しっかり発端があって、
道筋を丁寧に追いかけて…
最後は、まとめと問題提起を残して
締めないと…。
もっと見応えある番組に成長して欲しいものです。

報道発ドキュメンタリ宣言(テレ朝)
水曜ノンフィクション(TBS)
ついでに
NHKスペシャル(NHK)
…そういう見方でいけばB’zは良く出来てましたな。
さらについでに…
FNSドキュメンタリー大賞(フジテレビ)
テレメンタリー2008(テレ朝)
NNNドキュメント(日テレ)
ガイアの夜明け(テレ東)
もっとついでに…
民放連HP
連盟賞と放送文化大賞受賞作の紹介があります。
ラジオ番組もあるよ。

ってことで、自分の仕事として見ると…
ラジオドキュメンタリーって、難しいのよね。
音だけだし…。
だから麻理ちゃんとTディレクターには脱帽なのよ。

|

« 橋下知事の脳みそ覗いてみたい… | トップページ | きいこ正面顔でどーん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/25065988

この記事へのトラックバック一覧です: ノンフィクションVSドキュメンタリ:

« 橋下知事の脳みそ覗いてみたい… | トップページ | きいこ正面顔でどーん »