« ほらね | トップページ | 31年目の呪縛 »

2008年8月30日 (土)

観劇…戸惑いの日曜日

中澤裕子さんがゲストに来てくれたって事で、

鮭茶漬持って、りゅーとぴあに行きました。

ブログ見ると…5時半の投稿で既に帰路…
はやっ!)

さてと…
どんな芝居か?は…こちらをどうぞ↓
サンシャイン劇場HP内:作品紹介

三谷テイスト…正直嫌いなんですが、
第1幕のドタバタぶりには笑ってしまいました。

さらに言えば、B作さんの芝居も嫌い(爆)
なんですが、今回、B作さんの役を升さんが
やってまして、これもいい。
なんといっても西郷さんのドッシリ感と、
真子さんの素ボケ芝居が最高。
「動」の1幕に比べて、
セリフ回しメインの2幕で…
ドタバタ劇にある種のヒューマンを
取り入れてまして、
見終わった後の心地良さが、
”いい着地点”でした。

もお十何年も前から続く作品だそうですが
続くだけの事はあります。

早速あさってから東京公演
主役がB作さんじゃなくて、疑問符付けてる
ファンの方、ご安心下さい。

ちなみに…
ラストの方で、慶四郎師匠が下手へハケる場面で
突然B作さんが乱入するハプニング”演出”が
ありまして…ラッキーでした。
慶四郎師匠の松竹新喜劇時代にお馴染みだった
素の噴き出しぶり、西郷はんの苦笑…
升さんの戸惑い…
わずかな時間でしたが、
エエもん、見せてもらいました。

「戸惑いの日曜日」で検索掛けたら…
こんなブログ発見↓
西郷輝彦のつぶやき

初日のお祓いの様子の写真が載ってました。
文章が関西弁で、妙に親しみやすい。
そうでっか、関西でしたか。
今日の終演後のアフタートークでも、
一箇所だけ、ポロっとそんな語尾が出てましたので
「おや?」っと思ったんですが、そーですか。

|

« ほらね | トップページ | 31年目の呪縛 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇…戸惑いの日曜日:

« ほらね | トップページ | 31年目の呪縛 »