« 乗り換えよっかな~ | トップページ | 備えるか…聞き流すか… »

2008年7月 9日 (水)

新ドラマ峰打ち6<シバトラ

結局、火9は…お子ちゃま枠になった訳ね。

まあ共同テレビ的な色満載です。

設定も演出も芝居も漫画。

ただ、コレはコレとして見れば
楽しめない事も無い。

難くせ付けないで、何も考えないで見ればね。

ってことで、系統的には
テレ朝の金11枠と同列なんですが
ハジケっぷりが中途半端で、
どこかで、一般的なドラマにしたい欲求が
演出班にあるようで…
そのふら付き具合さえ無ければ
それはそれで、いいものになるような
気がします。

寿々花ちゃんが居る事で
画面が締まるっていうのも
若干悲しさが…。

脚本 ★☆
演出 ★★☆
演技 ★★★
撮影 ★★★
印象度 ★★☆

総合…12.5点(★★☆)
※☆は0.5ポイント。

1話に関して言えば、親父のDVというのは
最初から見えてましたけど…。
もっと深い筋かと思ってたので、
肩透かしでした。
武藤脚本の限界かな。

|

« 乗り換えよっかな~ | トップページ | 備えるか…聞き流すか… »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/22166878

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち6<シバトラ:

« 乗り換えよっかな~ | トップページ | 備えるか…聞き流すか… »