« LRT日本で進むのか? | トップページ | 歓喜のタイムマシーン…ん? »

2008年6月27日 (金)

クイズ番組乱立を読み解く

今「検索ちゃん」レギュラーバージョンがOAされてますが…

ゴールデン特番バージョンのエンディングを
たまたま見てて、びっくりしました。
2時間のOAに、収録が…9時間だって…。

すげ。

マザーのVって、そのまま保管に回されるんでしょ?

クイズ紳助君でもそうだけど…
しゃべりすぎ~!(笑)。

もう賢明な方は、おわかりでしょう。

どーしてクイズ番組が乱立しているか?

ずばり!安上がりで、効果が出るから!

達者な司会と、様々な解答者を揃えれば…
シンキングタイムと称する時間のトークで
間繋ぎできますわな。
結局、1時間番組で、正味4,5問出せば、
それでよし。
構成作家もラクだし、
見る側からすれば、知的好奇心を刺激されて
解答を見るまで、チャンネル替えるのを
躊躇してしまう。
さらに、アホ芸人の間違い解答が、
視聴者に優越感を与える。

そしてスポンサー向けには、
知的好奇心…という言葉を使えば、
トークがアホでも、説得力が出て、
ラクにセールス掛けられる。

ってことでしょ?

ただ…それが乱立状態になってもね。。。。

結局、生き残るのは「アタック25」のような
正統派クイズ番組でしょうね。
あれは、作り手は大変ですよ。
1つ1つの問題は、難しいし、数多いし、
30分しか無いし、素人相手だし。
賞金、賞品が豪華だし。

そう考えると、ABCってすごいと思うわ。

ABCのクイズといえば…
「霊感ヤマ感第六感」…復活せえへんかな…。
系列で言えば…
テレ朝の「ヒントでピント」も優れた番組でした。
前者は…野末陳平→フランキー堺、
後者は…土居まさる…
いいクイズ番組は、名司会者がいるものですな。
あ、そういう意味では、同じテレ朝の
「タイムショック」も、田宮二郎でないとダメ。
でしょ?
「クイズハンター」は柳生さん?
(これは関西はネットされてなかったのよね)
かつてのテレ朝系だった繋がりで言えば…
MBSの「アップダウンクイズ」も小池さん。

NHKの「連想ゲーム」は松平さんが
一番良かったな。

TBSの「ベルトクイズQ&Q」は押阪さんね。
「クイズダービー」は巨泉さん。
「100人に聞きました」は関口さん。

やっぱり、クイズ番組は…
テンポいいのが、いいですわ。

|

« LRT日本で進むのか? | トップページ | 歓喜のタイムマシーン…ん? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/21913205

この記事へのトラックバック一覧です: クイズ番組乱立を読み解く:

« LRT日本で進むのか? | トップページ | 歓喜のタイムマシーン…ん? »