« 幸せオーラ | トップページ | 2008年春・新ドラマランキング »

2008年5月31日 (土)

CHANGE評

ほんまに5月は、しんどかってんて。

佐渡以外にも、あれこれありまして…

結局、月9も、2週目見逃して(録画予約ミス)、
3週目見たら、総理になってやんの(笑)。

■「新ドラマ峰打ち12<CHANGE

そう。初回見て…迷いが出て
評価は先送りにしてました。

で、第3回見て…

あのね。

んー。

素直に見れない自分が邪魔するのよね(苦笑)。

どーもね…

国策っぽくてね。

脚本も面白く出来てるし、
役者の息も合ってるし、いいんだけどね…
斜めに見ちゃうのよね。

ま、いろんな要素あってトータルで「作品」でも
ある訳ですが…。

とりあえず…
脚本 ★★★☆
演出 ★★★
演技 ★★★
撮影 ★★
印象度 ★★

総合…13.5点(★★☆)
※☆は0.5ポイント。

結局、チームがいいから
アベレージ高いのよね。
なので求めるところが高いので、
その予想を上回る意外性が無いのが
残念…ってところでしょうな。

何よりも、今回、
ジャニ側のダダで、
1ヶ月ずらしたでしょ。
たぶん、元々は…3ヶ月で組んでたホンを
凝縮させたところ、普段3ヶ月のテンポで
見れるところが、あれよあれよ…の速さで
展開するので、視聴者も振り回され気味…
なんじゃないでしょうか。

永年染み付いた1クール文化は…
濃いと思いますよ。
(1本だけ例外ありますが…渡鬼ね)

じわじわハマっていって、
後半で「あれ?」っていう展開があって
「ああ、いよいよクライマックスだな…」
というある種の寂しさを感じつつ、
最終回を見る…
この3ヶ月のテンポに当てはまらないので、
政治ドラマだから…というだけでなく、
キムタクなのに数字的に伸び悩む…
という部分じゃないかと思いますよ。

■「ラストフレンズ注目度上昇」(ヤフー/オリコン)
…これも、結局上の1クールリズムゆえの
評価ってことでしょう。

これで失敗となれば、開始時期ずらし作戦を
踏襲する局は、当分出ないのでは?

え?キムタクはどうなんだ?って?

キムタクはキムタクです(笑)。

木村総理です(笑)。

|

« 幸せオーラ | トップページ | 2008年春・新ドラマランキング »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/21297865

この記事へのトラックバック一覧です: CHANGE評:

« 幸せオーラ | トップページ | 2008年春・新ドラマランキング »