« 勝ち点は3だけど… | トップページ | 2008年春・新ドラマ途中経過 »

2008年4月20日 (日)

新ドラマ峰打ち8<「ROOKIES」

さあ。今季最大の山場でございます。

熱血教師対決。

先攻:川藤
後攻:ヤンクミ

はっきり言って、川藤の勝ちっ!

見る前は、両者共倒れ…と思ってましたけど。

食わず嫌いはダメだと思ったので、
両方チェックしましたよ。
続編は評価対象外ですが…。

結局「ごくせん」は…
ドラマと呼ぶには程遠いシロモノです。
職員室のセットを見て解かる通り、
舞台劇なんですわ。
繊細な演技、演出よりも型にはまった
狂言回しで進める歌舞伎のようなもので、
ヤンクミがクライマックスで見せるアクションや
見得と啖呵切ってナンボです。
生徒役も、三浦君以外は…ショボショボだし。

それと比べれば、
ROOKIESのほうが、よく描けてまっせ。
まあ、原作の森田はん…阪神ファンなんでしょうけど
贔屓って事では無く…。

ドラマのクオリティとしては、優れてるとは
言えませんが…作り手の姿勢と描き方は
共感が持てました。

小出はんを始め、生徒役が老けすぎてはいますが
これは必然。仕方の無い事。
もちろん、喫煙場面など考えれば
十代を配役するのは無理ですが、
それ以上に、単純な…
教師との敵対関係では終われない
微妙な心の揺れ動きや苦悩を秘めつつ
外面はふてぶてしく振舞う…といった芝居は
経験ある役者じゃなければ演じれませんから。

特に、城田君の役柄は難しい。
あれは、結構、よく芝居出来てた…と思います。

基本的に、演出チームの
野球やる奴に、根っから悪い奴はいない!
という愛情が…映像によく出てたと思いますよ。

ってことで、予想外に好印象。
ただ、数字的には「ごくせん」のほうが受けるんでしょうね。

やっぱり熱血は、暑苦しく感じる視聴者も
いるでしょうし。

ま、例によって原作は知ったこっちゃない派なので、
原作ファンの評価は、解かりませんので…。

脚本 ★★★
演出 ★★★☆
演技 ★★★★
撮影 ★★★
印象度 ★★★★☆

総合…18.0点(★★★☆)
※☆は0.5ポイント

【ちなみに参考までに…「ごくせん」】
脚本 ★★
演出 ★
演技 ★☆
撮影 ★★★☆
印象度 ☆
総合…8.5点(★☆)

|

« 勝ち点は3だけど… | トップページ | 2008年春・新ドラマ途中経過 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/20401328

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち8<「ROOKIES」:

» 「熱血教師」についての最新ブログのリンク集 [話題のキーワードでブログサーチ!]
熱血教師 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 06時45分

« 勝ち点は3だけど… | トップページ | 2008年春・新ドラマ途中経過 »