« 今の若者は…単なるアホか? | トップページ | おしまい…<アルビBBワイルドカード »

2008年4月20日 (日)

鉄道会社の苦悩

下の記事に関連して、こんなのも発見。
通勤苦を解消せよ…各社の対策(ヤフー/産経)

1.東急田園都市線…朝通勤時:急行を準急に
2.東京メトロ東西線…早朝出勤に”ごほうび”

1については、関西でも問題で…
時速130キロの新快速が便利すぎて
各停、快速から…みんな乗り換えるので
1日中混雑、そして遅延が慢性化してたりします。

2については…根本的な解決とは言い難い。
誰彼無く”利益”になる事でないと…
公共交通機関なんだから。

ずっと以前から考えてるのは…
段階的快速運転。
たとえば…
最も中心部から遠い駅からA・B・C…と進んで
終点をZ駅とします。
A・B・C・Dと各駅停車した電車はZまでノンストップ
次にE駅始発電車…E・F・G・H・Iと各駅停車して
Zまでノンストップ。
J駅始発電車は…J・K・L・M・Nと各駅停車して
Zまでノンストップ…
というふうに段階的に客を拾ってそのまま快速に
変身して大都市中心部へと突っ込んでいく…
そうすると乗換も無く、混雑の緩和にもなる。

あとは…快速変身駅での各停への接続と
ノンストップでなく、下車客の多い駅への途中停車
などアレンジを加えればいい訳です。

そうそう…
以前利用してて訳わからなかった工夫が
阪神のダイヤで、急行は止まるが快速は通過…
というふうに列車種別によって停車駅を分ける方法を
取っていましたが、逆に、普段利用しない人間には
大変でした。

下の記事でも書いた通り、特にこの4月は
不慣れな新人が多いので、誰でも理解しやすい
ダイヤである事も大事です。

複々線などのインフラ整備も大事ですが
ソフト=ダイヤでの工夫は、まだまだ検討の余地がある…
と思います。

|

« 今の若者は…単なるアホか? | トップページ | おしまい…<アルビBBワイルドカード »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/20409995

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道会社の苦悩:

« 今の若者は…単なるアホか? | トップページ | おしまい…<アルビBBワイルドカード »