« 2008冬ドラマ総括(第1話終了時点) | トップページ | テレビの「ふさわしさ」 »

2008年1月20日 (日)

新ドラマ峰打ち14<佐々木夫妻の仁義なき戦い

言いたい事は、解かりますよ。

でもねえ…描き方が問題なんですよ。

最近の日曜劇場のジレンマは
そこにある訳です。

日曜の夜、翌朝…平日のスタートの
前の晩だから、気軽に見れて、
心地よいライトなドラマを持ってくる…
それは、間違ってないし、
なんだかんだあっても、最後は
人にやさしくなれる…そういう
ホームドラマを提供したい…

その作り手の思いも解かります。

でも、それが、ドンチャカ演出でいい
というのは…方法論が違う…
ということです。

で、やっぱりキャスト、スタッフのお仕事
自体は、とてもクオリティが高い。
特に小雪の芝居は。
それを指揮し、料理するトップが
ダメダメなんですね。

ってことで…

脚本 ☆
演出 ☆
演技 ★★★(小雪ボーナス)
撮影 ★★
印象度☆

総合…6.5点(★)
※☆は…0.5ポイント。

ってことで修正した第1回終了時点評価は…
1位 だいすき!!(TBS)    23点
2位 薔薇のない花屋(CX)   22点
3位 斉藤さん(日テレ)     21点
4位 あしたの喜多善男(関テレ/CX) 19点
5位 ハチミツとクローバー(CX) 17点

6位 フルスイング(NHK)    17点
7位 1ポンドの福音(日テレ) 10点
8位 エジソンの母(TBS)    8.5点
9位 鹿男あをによし(CX)   7.5点
10位 交渉人(テレ朝)     7.5点

11位 未来講師めぐる(テレ朝) 7点
12位 貧乏男子(日テレ)    6.5点
13位 佐々木夫妻の仁義なき戦い 6.5点
14位 4姉妹探偵団(テレ朝)  3点

ってことで。

|

« 2008冬ドラマ総括(第1話終了時点) | トップページ | テレビの「ふさわしさ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/9989665

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち14<佐々木夫妻の仁義なき戦い:

« 2008冬ドラマ総括(第1話終了時点) | トップページ | テレビの「ふさわしさ」 »