« 音が出ない恐怖 | トップページ | 運転士は目●らか! »

2008年1月 9日 (水)

新ドラマ峰打ち3<斉藤さん

あーそうなのね。

女王シリーズだわ。

社会の常識。
正しい「あるべき」姿。
その狭間で翻弄される人間。
それを導くでもなく、でも真っ直ぐ向かう人間。
苦悩し学び…変わってゆく…。

ね。

斉藤さん=阿久津真矢
真野若葉=神田和美
ってことね。

観月ありさ、もっと空回りするか…
と思ってましたが、意外といい。
っていうか、今までのDが悪かったのかも。

脇役陣もいい。
高島さんの安定感。
古田はんの今まで見せなかった芝居。
蔵之介のニュートラルさ。
濱田マリの道化。

何よりも、実質主人公のミムラの
揺れ動き感が見事です。

脚本も演出もベタですが、
しっかり構えて作ってるのは
好感持てます。

一番感心したのは、撮影チーム。
セットはそうでも無いものの、
ロケシーンの美しさはずば抜けてます。
構図、レンズ選択も的確。

ま、音楽が池さん…というので心を
動かされたっちゅーのも否めないです(汗)

ってことで予想外に良かった…
というのが正直なところですな。

脚本 ★★★
演出 ★★★
演技 ★★★★★
撮影 ★★★★★
印象度★★★★★

総合…21点(★★★★☆)
※☆は0.5ポイント

|

« 音が出ない恐怖 | トップページ | 運転士は目●らか! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/9799720

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち3<斉藤さん:

« 音が出ない恐怖 | トップページ | 運転士は目●らか! »