« 名古屋… | トップページ | 新ドラマ峰打ち2<あしたの、喜多善男 »

2008年1月 9日 (水)

新ドラマ峰打ち1<ハチミツとクローバー

成海は…やっぱりすごいね。

年齢不詳ですわ。

違和感無いもん。

んで、変幻自在。

天才役って…天才やん。

で、制作側も…フジはやっぱり
さすがですわ。少女マンガ原作で、
一度映画化もされてて、でも、あえて
ドラマ化するだけのことはありますわ。
学習能力ありますな。
安直な作り方はしてません。

ま、原作に全く触れて無いので、
原作ファンの感想は解かりませんが、
作品自体、第1話の作り方としては、
なかなか、いい見せ方してましたよ。

寒い中の新学期シーンは大変だった
と思いますが、それを感じさせない
芝居でした。特に、最後のピザは
厳しかったに違い無いです。

冒頭は…
「やっぱり空回りハイテンションを
見せられるのか?」と思いましたが、
後半、片思い連鎖の部分になってくると、
「想う」側、「想われる」側…それぞれの
心情に合った撮り方をしていて、
ハイビジョン映像も相まって、良かった
のではないでしょうか?

脚本…★★
演出…★★★
演技…★★★★
撮影…★★★★
印象度★★★★

総合…17点(★★★☆)
※☆は0.5ポイント

|

« 名古屋… | トップページ | 新ドラマ峰打ち2<あしたの、喜多善男 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/9785373

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち1<ハチミツとクローバー:

« 名古屋… | トップページ | 新ドラマ峰打ち2<あしたの、喜多善男 »