« ふぐのしゃうがつ | トップページ | 掃除の日 »

2008年1月 5日 (土)

バスケの日

■新潟100-85東京(bjtv速報)

なんてわかりやすい点数だこと(笑)。

今日は、オールスターの8000円の席に
気をよくして、4000円の席でしゅ。
最前列のお殿様席を除けば5列目。
Aスタンドだったので、選手の声も、
状況良ければ、ベンチからの声も
表情もしっかりわかるところでした。

アパッチも、芸達者揃いで、立ち上がりは
どーなることか?と思いましたが、
さすが新潟(!?)あの手この手で
逆転。後半も、しばらくは10点差を前後、
4Q後半からはファウルでジリジリめの
進み方に。
最後は、ジョー先生ぶち切れがあって、
フリースロー5本(!!)&おじさん退場で
万事休す。
MIP 長谷川ヒゲ殿
MVP マット…
という年長さんコンビが選出されました。
ワラヒゲ揃うシーンは、なんか
鬼に金棒的で安心できましたわ。

それにしても、ニックは幸せもんでっせ。
移籍しても、あの人気。
一瞬怪我でベンチへ下がった時の
ニックコール。
そしてフリースロー(笑)。

別のところでも今日は楽しめました。

個人的にはテラがほとんど出ず残念。
そして…
審判がねえ…。袖木のおっさんの時って
必ず…あれですわねえ。なんとかならん?

あ。そうそう。
MC、タテじゃなかったので…口数少ないし、
必死で試合見て「自分」で把握するのに
大変でした。
普通、MCって、他のチームも含めて
あんなもんなのかね?
タテ、しゃべりすぎ?(笑)。
素人のこっちは、よく解かって
助かりますけどね。

そして…バスケの日!

テレビではNHKでドラマ「ファイブ」OA。
なんでもモデルはアイシンだそうで。
熱い試合シーンは、実際役者さんたちが
1ヶ月特訓した賜物だそうで、なかなか
見応えありましたが…
やっぱりJBLは、どーしても「地味」ですな。

誰か、アルビをモデルに本書かへんかな…。
bjリーグを描くほうが、映像的には
盛り上がるって思うけど。

脚本が君塚さんなので、余計気になったんですが
君塚さん自身、バスケ好きなんだって。意外(笑)。
ホン的には、よくあるパターンで、
活躍中の選手が挫折して、弱小チームに
拾われて…あれこれあって、優勝…てこと。

演出もどーってことないし、
役者の芝居と、カメラと編集…この3点の勝利。
特に筧さん、よかった。
最後のスタンドの涙、よかった。

ん…もしかして、2008年は、バスケ熱…
来ますか?

ファイブ 1 (1) (ビッグコミックス) Book ファイブ 1 (1) (ビッグコミックス)

著者:平山 譲
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ふぐのしゃうがつ | トップページ | 掃除の日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスケの日:

« ふぐのしゃうがつ | トップページ | 掃除の日 »