« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

2007年10月13日 (土)

新ドラマ峰打ち3<「モップガール」

うーん。。。。。

北川景子さん…すごい。

顔(笑)。

よく顔が動くこと!

こんな女優さんなのねえ…。

どうだろう。この衝撃。
脚本、演出的には、突出して驚くほどの
ものは無いんですが…
何しろ、北川さんの存在感に圧倒されまくり。

なんか「トリック」深夜時代を思い出させます。

谷原さんも、
冷静でいて…ちょっと抜けてる「男前」…
な役ばっかりでしたから、
ぶっきら兄さんな役は新鮮。

うまく転がれば…新シリーズとして
続く可能性が見え隠れ…ありらん。。。

ってことで作品のクオリティは別として(爆)
★★★★。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち2<「歌姫」

やっぱりハイビジョンで見る高知は奇麗ですなあ。

で、芝居原作だそうで。

なるほど、
やりとりのはしばしに違和感感じる
”くどさ”があります。

話の持って行き方とか…いいんですが
恐らく…数字に結びつきづらそうな
要素が幾つかありますな。

まず方言。
とことん土佐弁にこだわってますが
逆に、気軽に見てると何言ってるか
わからなくなりそう(特に東の人には)。

昭和のくどさ。
レトロブームに乗って昭和30年代を
表現しようとしてるんですが、その
ノスタルジー表現が、下手すると
くどく思えたりします。

芝居のくどさ。
脚本は舞台と同じ…
その表現方法が舞台同様だとしたら、
ハイビジョンなだけに、余計、
デフォルメが視聴者への圧迫感に
繋がる気がします。

表現したい事は理解できるんですが…
いろんな要素が逆効果になり兼ねない。
うーん、残念。

★★★

ま、初回は「踊る」のせいで
CXに持っていかれて完敗では?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

大泉洋!

にょういずみさん、えらなってまあ。

岡村と飯食って、裸になるってか。

んー。

藤やん、早く新作で拉致って、
ヘロヘロにしてやんなさいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊るちゃっと~♪

いやあ、久々だったなあ。

かずさんち(FANSITE)行ったら
臨時のチャットルームをオープンされてて
何年ぶりかで、踊る見ながらチャットしましたわ。

同じ映像見ながら、あーだこーだ
言う(わめく?)あの雰囲気。

懐かしくて、感激。

明日の晩も…かな?

それにしても、10周年。
何かがあるのか?…
亀P、おせーて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線~♪

踊ってますかー?

捜査員の皆さん~!

で、捜査員番号…みんな覚えてる?(笑)

さっき何か情報あるか?と思って
レジェンドサイト行ったけど、室井以来
変化無しでしたわ。

こういう時に、オープンしないとねえ…。
折角の10周年なのにねえ。

いやあ、それにしても…
何か、OD1見てると、こお
同窓会に出席したみたいな気分。

さあ、ここからのシークエンス、
いよいよクライマックスゾーンですよ~。

総員画面に注視!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

内藤VS亀田

あれ?

もお、切腹した?

内藤タイトル初防衛(ヤフー/読売)
大毅、前代未聞の反則劇(ニッカン)
大毅、反則ラッシュ(スポニチ)
協栄ジム会長語る(MSN/産経)

生で見てたけど、大毅は…
やっぱり子供に見えたな。
あの12Rの-3は、笑えました。
ベソかくんちゃうか?…と思ったもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち(番外編)<金VS龍

そういえば長いこと、金龍のラーメン、
食ってないな…。

ってことじゃなくて、
木曜の夜の目玉。
金八VS医龍の初回2H対決。

いずれも続編なので、本来峰打ちの
対象外ですが、一応チェックできたので
評価してみます。

おかしなもので、
前シリーズは、嘘臭く思えた坂口の医者ですが
1クールやってた経験か…
江口医師以上に板についた感じ。

たぶん製作チームも再集結してるんでしょう。
なかなか息があった1本になってました。

一方、金八ですが、
第1シリーズ当時は斬新に思えた作風も
21世紀の今になっては古典です。

脚本も演出もベタ。

時代は変わっても、金八フィルターに掛けて
料理してしまう…そこは武田鉄矢パワーでしょう。

母親を一喝する迫力は、
鉄矢さん以外、出せる人はいませんわ。

とりあえず互角やなあ…。
作風的には、完全に医龍のほうが上だけど。

結局、とんねるず見た人は、
そのまま「医龍」見るやろし、
金八見る人は、そのままジョシデカ見るって
感じですか?
ターゲット、別ですわな。

ってことで…
「医龍」★★★
「金八」★★★。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち1<働きマン

……

……うーん。

やっぱり、女性には響くところ、
多いんでしょうか?

……なんかね。

どっか気持ち悪い部分が残ってて…

彼氏、あんなに
おとなしいもんなのかな?

原作も、あんな感じ?

ってことで脚本に違和感その1。

いきなりカメラ目線!?
なにそれ?
ってことで演出にも違和感…その2。

あ。研音…3TOPだ。
キャスティングに違和感…その3。
ま、それはいいか(笑)。

うーん。

ってことで判断しづらいので、
2話に持ち越します。

とりあえず、冷蔵庫のドアを開けっ放しに
して、ケーキのクリーム舐めるのは
やめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムリーやなあ…

昨日、番組で「ひこにゃん」紹介したばっかりですがな。

見つけた途端、デザイン変更!

碇司令、すいません…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

北越に揺られながら…

電車が急に減速…「?」

そうです。青海川駅の復旧工事現場を
通過する際、減速してたんですねえ。

で、ちょうど海側の窓際だったので、
見下ろすと、話の通り、目の前が
波打ち際。
これが…減速してくれたお陰で、
しっかり見えました。
ビーチの海の底が透けて見えてる!
いやあ、柏崎の海のキレイさを実感してしまいました。

それはそうと…

電車は、柏崎から南下。
長岡からグルーっと回って新潟駅へ向かいます。
一旦近づきつつあった弥彦の山がどんどん遠のく。
柏崎から1時間半…実時間以上に長く感じました。

しかし…

ドーして信越本線は、21世紀の今まで
遠回りのままだったんでしょう?

東京からのルートは現状が最短でしょうが…
日本海縦貫ルートで見れば、
どう見ても、柏崎から越後線―白新線ルートを
通過するほうが最短。

ココを複線・高速化させる案が
出なかったのは…なぜでしょう??

特急「北越」自体、長岡―新潟間は、
性格的には「快速」代わりです。
停車駅も、いっぺんに増えます。
表定速度も落ちます。

以前も触れましたが、
関西の「新快速」やアーバンネットの
連携に慣れてる身としては、利用するたびに
もどかしいのです。

なんとなくですが…
ずっと昔、国鉄時代から
JR化した今でも、
中央(東京)から見捨てられてるのではないか?
そう思ってしまうのです。

本線化してなくても、
越後線沿線は通学需要の多い路線で、
朝夕は結構な混雑です。
しかし、単線の上、速度も遅いまま。

複線化、高速化できれば、
利用を向上させる模範として
一番結果に結びつきそうに思うのですが…。

弥彦山、寺泊、出雲崎など…
観光との連携も実現しやすいとも思います。

車社会が成熟しつくした新潟の鉄道…
未来は無いのか?
夕日を眺めながら悶々としてたのでした。

悶々。
新潟駅手前のカーブでの減速にも…(苦笑)
シューっと入線しいさ。もお。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

熊取だんじり祭り

はい。お待たせしました。

HP(ふぐ政の部屋)のほうに
とりあえず宮入画像からUPしました。

また、時間見つけてUPしますわ。

K071006201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

そういえば…雲のこと

なんともないですね(笑)地震。

気のせいだったんですね。

よかったよかった。

伊藤さん、
毎度、ありがとうございます(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRのチカラ

いやあ。今回は実感しましたよ。
JR西日本さんの組織力。

金曜夜の夜行急行「きたぐに」で
大阪へ向かいました。
翌朝、地元駅で下りようとしたら…
切符が無い。丸ごと無い。

仕方無いので、駅員さんに申告。

そしたら「しゃーないわ」といって
改札を通してくれたんですが、
「帰りの切符も丸ごと無いんです」
…操車場へ回ってるはずなので、
宮原の電話を教えてもらい、
掛けました。そしたら…「きたぐに」は
向日町のほうで休むと。
で、今度は向日町。
電話すると…
とりあえず探してみます…と。
もし見つかれば、連絡をくれる由。
携帯の番号を渡して、駅を後にしました。

で、そのまま地車追いかけて出かけました。

大森神社の付近まで来たら、
携帯に留守電が。
「残念ながら、ありませんでした」

あちゃ…。

その直後。電話が。
「JR難波駅で預かってます」
え!?
結局、「きたぐに」ではなく、
その後の「関空快速」で落としたようです。
実際、時刻表をチェックすると、
乗った快速は、関空で折り返して
天王寺へ。再び関空へ向かい、
折り返しは、JR難波行。

この行程で、発見されたようです。

夜行の寝台の番号を覚えてたので、
それで確認取れたようです。

わずか4時間で解決。

恐らく、無線の一斉送信で
全域に告知がされてたのでしょう。

JRのネットワーク恐るべしです。

帰路途中、JR難波駅で引き取った際、
「まあ、出てくる時はこんなもんですわ」

そのあっさり具合に感服。

ありがとうございました。。。。
頼もしいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重い…

画像のことね。

結局、ほぼ400枚残ってまして…。

さっきCDに焼いたら10分以上かかりました。

どうやってUPしましょうかね。

もちろんHPのほうにしますけど…。

宮入り画像。七山地車画像。
やりまわり画像。祭り風景。

分類したほうがいいかな。
時系列でいったほうが雰囲気わかるかな?

あれこれ悩んでますが、
しばらく時間かかりそう…。

七山の皆さんは実家にも
画像残してきたので、
そっちもよろしく(笑)。

とりあえず、週後半にしか
作業は出来ないですわ。。。。(うにょ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

金沢です

Hi380076_2
































祭りから新潟に戻る途中、特急乗り換えの時間を使って
駅前に出ました。
すごいよ。
高さ30メートルの大屋根です。
昔の面影無し。

北陸新幹線への期待と気合いが感じられますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »