« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007年9月16日 - 2007年9月22日

2007年9月21日 (金)

バナ夫?

眞鍋はん…なんでっか?コレ。

最近は、妙なものが流行りますなあ…。

ちょっと検索掛けてみよっと。

カミオジャパン公式サイト
   本名:カワスベリバナ夫だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでかなあ…見てまうわ…<火垂るの墓

なんでかなあ…

もお、せんど見てんのに…

見てまうねんなあ…

見終わったら、つろなんのに…

見てまうねんなあ…

せつこ=!

おにいちゃン…

わちゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的パワープレイ

岸和田祭音百景 平成地車見聞録 (CD付) Book 岸和田祭音百景 平成地車見聞録 (CD付)

著者:森田玲
販売元:民の謡
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もお、ブログ執筆の時は、ずっと
後ろで流してます。

CD3枚組で、実際の岸和田の町で
生録したものです。
すごいのが…初日、曳き出し前の
様子から、最後、小屋へ収めた後
までが、時系列で漏れなく収録されてる
ってこと。

警察の拡声器の音声や歓声など
全て入ってるので、100%祭りの音です。

これで、禁断症状はしのげますわ。

一番好きなのは…宮入りの際の、
お城の周りを行く長尺録音部分です。

ゆったりした鳴り物って、優雅です。

そして…解説本。
これがまた、詳しいこと。
篠笛奏者の方が筆者ですが、
分析が細かい!
おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるよ…<HERO

今夜、仕事の後、T-JOYのレイトショーで

やっと見れました。

文句無し…★★★★★。

ドラマの世界観そのままに、
1本の映画としても成立する内容でした。

ドラマの場合、
「脚本」「演出」「芝居」の3ポイントで
チェックしていますが、映画となると、
そこに「撮影」「音楽」も加わります。

最近のCX製作の映画は、
TV放映に関係なくシネスコサイズでの
エンタメ作品が多いですが、これもそう。

最初…法廷ものでワイドはどうかな?
と思ったんですが、なんのなんの。
気持ちいいぐらいに横長の利点を活かした
構図を決めていますし、横長なのに
あえて縦の構図も上手く構成していました。
広角、望遠のレンズ選択も絶妙。

ピン送りと早いテンポの芝居で、
見ていて飽きない映像でした。

あと、セットもよく作り込まれていて、
役者以上に、イイ「芝居」をしてました。

HERO公式サイト

何故か…一番好きなシーンが…
最初に犯行現場に行って…
弁護士と会う場面。
「知ってる人?」
「さあ?」
ってあんたら親子やん!
ベタですが、好き。

あとは…皆さんそうでしょうが、
久利生の大演説ですな。

名演説でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

20周年で20時間!

LOTSで公開だそうです。

智景ちゃん…倒れるなよ~(笑)。

いや、それにしてもすごいね。
20時間…。
Dも1人やったら、すごいけど…。
無理やろなあ…。

ちなみにTCは、10月1日から
ちょっとリニューアルします。
詳しくは…あらためて…。

あ。そうそう。お祝いの言葉は
当日にでも…。

「歴代…」って、あの元祖「裏」だった
R兄さんも来るのかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

だんじり6<提灯をつけまショー

Dsc_0598










続きを読む "だんじり6<提灯をつけまショー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり5<祭りの風景

Dsc_0013

続きを読む "だんじり5<祭りの風景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり4<にわか雨から

Dsc_0536

続きを読む "だんじり4<にわか雨から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり3<午後(パレードの裏)

Dsc_0363


































続きを読む "だんじり3<午後(パレードの裏)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり2<曳き出し

Dsc_0050

続きを読む "だんじり2<曳き出し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり1<曳き出し前

Dsc_0010

続きを読む "だんじり1<曳き出し前"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

だんじり第二報告

今回は、宵宮が曳き出しからの日中曳行と、こなから坂のみでした。
空港でレンタカーを借りて金曜夜、実家へ。翌朝4時に岸和田へ出て、夕方6時まで提灯付けまで撮影、今日は、こなから坂と城バックの宮入り風景まで撮影。
延べ18時間。

驚いたのは、例年に無く規制が厳しかった事です。貝源から欄干橋までの紀州街道は観客は完全排除の方針でした。

確かに昔より格段に観光客が増えていました。

だんだんと地車が遠くへ離れて行く気がします。

昔は、地車の後ろを追いかければ、どこまでも、ついて行けましたが、今では法被を着ない人間は、すぐ排除されます。

また、かんかん場周辺のショートカットコースばかりなので結局、見物人が浜のほうに溜まる。
渋滞対策で疎開道などのエスケープルートも編み出されてはいますが。

もう一つ気付いた点は、鳴り物のレベル低下。発売されたばかりのCDでも指摘されてますが、独特のスイングする小太鼓の叩き方が崩れてて、気持ち悪かったです。

久し振りにじっくり見たので問題点も見えてきましたが、15日午前の曳行の際、かんかん場を通った時、脚立が排除されてたのは安心しました。見物側の悪しき風習も無くすべきですわな。

夕方の提灯付け作業、中北を撮影してましたが青年団の仕事を観察してて、その継承がしっかり、なされてるのを見て、ちょっと安心しました。

昔と変わらない上下の繋がりさえあれば、細かい風習は変わろうとも、祭は続きますゎ。

現在4時前。
あと1時間、目一杯、走って、夜間曳行終われば存分に泣いて下さい。
山手や泉州各地から偵察に来た人も10月の祭、頑張って下さい。

そろそろ、出発ロビーに移動しますわ。
コーヒー一杯で1時間粘ったった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、伊丹ぃ〜

ご無沙汰です。
昨日、今日と、久しぶりの帰省。岸和田のだんじり祭に行って来ました。多分、相当日焼けしてます。
新潟市内では総おどり。燃えてますか〜?

とりあえず、今回はニコンのD40購入記念で、ガシガシ撮りました。2日間で500枚以上!
自分でも驚きですが、お陰様で、ただの記録写真でない作品が撮れました。
暫くしてから、ここにもUPしますわ。

パソコンのバッテリーがやばいので、とりあえず携帯で、第一報告まで。

これから新潟に戻って明日の仕込みでし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »