« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007年7月1日 - 2007年7月7日

2007年7月 7日 (土)

特番ドラマチェック<必殺仕事人2007

いやあ、パチンコだけかと思えば
時代劇でまた見れましたねえ。

あのトランペットに、うひょー!って
思った人も多いでしょう。
個人的には…
「想い出の糸車」のフレーズのほうが
懐かしかったんですけどね。

TV誌で情報を知った際は、
「えー、今さら、どーよ?」と思いましたが
なんのなんの。

なかなかイイ出来でした。

ただ…
初めて見る人の為か?筋としては
初級編っぽい「解かりやすい」ものでした。
風刺も、結構、曖昧に収めてましたね。
このへん…制作が
ABCだけでなく、テレ朝も噛んでるからでしょうか?

昔の必殺といえば
フィルム撮影でしたが、今回は…
ハイビジョン撮影。
京都映画では無理な俯瞰も、
合成でキレイに出来てました。

ただ…ハイビジョンの映像って
コントラストがハイなので、
ギラついて時代劇向きじゃないかな?
と思ってたんですが、光と影を大切にする
必殺らしく、逆にイイ効果になっていました。

さて…役者。
東はさておき(笑)
松岡の殺しは、ハマってました!
元々大ファンだそうで、そのへんの
研究が活かされたと思います。

蓮司&史郎「加賀谷」親子が
妙に似ていたのには笑いました。

そして…御大藤田まこと師匠。
貫禄充分だし、「役者魂」とは
比べ物にならない存在感でした。
板につくとは、正にこのこと!

でも、ある意味、これで
東へ代を譲った…って雰囲気でした。

さあ、このあとですわ。
氷川あさみの今後も気になるところ…
恐らくコレが、パイロット版になって
来年くらいには…シリーズ化されても
イイのでは?

だって、今回の仕事人の殺しを
もっと見てみたいもん。
こうとふくと…小五郎のやりとりも
見てみたいもん。

ただ…その際は、
テレ朝の干渉無しに、
ABC&松竹で、大胆に製作して
ほしいと思います。

★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新ドラマ峰打ち(番外編)<こどもの事情

一応、期待値でも取り上げたので、
この第1週5日分を見ましたので、
評価します。


所詮昼ドラ品質でした。
展開は、ある程度読める造りです。

注目は、子供役3人ですわ。
教育TVの星…甜歌の芝居やいかに?
女王エピソード1,2のヒール2人は?

結果…果萌ちゃんの一人勝ちでした。
元々、森田君は、表現が弱いから
損してる部分がありますし、
役柄も、二枚目ですから仕方無いけど。

甜歌は…まだ芝居できるレベルには
至って無いです。

逆に、果萌ちゃんは
喜怒哀楽どれを取っても、ご立派。
1シーンで目まぐるしく気持ちが
変化する場合でも、器用に
芝居できています。

で、また…甜歌、太い。
二人並ぶと果萌ちゃんが華奢な
だけに、太く見える。。。。
生活苦しいのはどっちやねん!
なんてね。

とりあえず、吉本の重鎮=
山田スミ子はんがご健在なのが何より。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新ドラマ峰打ち4<山田太郎ものがたり

以前から書いてる通り、
漫画原作でドラマ作るのは難しいのよ。
一番、難しいと思うわけ。

漫画家は
自分の世界観で
自分のペンで
全て創り上げる事が出来るけど…
実写ドラマになると、
現実社会の縛りが、必ず付いて回ります。

だからこそ、脚本と演出の技が
ものをいう。

「山&壁」もそうですが…
なんというか…
無理して空回りしてるのさ。

なんかね。
視聴者を見下してる感じが
ハイビジョンの画面に
ビシバシ響いてくるのですわ。

おまけに、
意外と役者がいいのよ。
多部ちゃんも二宮も…
吹石も…。
地味だけど大塚ちひろも。
櫻井は…(苦笑)メイクやめえ!

もったいない。
実にもったいない。
言いたい事は…いいことを
伝えよう…というのは解かる。

でも、手段が…どうなのよ。

とりあえず数字は取るでしょうけど。

あえて言いたい。
それでいいのか?TBS!

★!

多部ちゃんの突き抜け芝居に一票(笑)。

山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~ DVD-BOX DVD 山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~ DVD-BOX

販売元:エスピーオー
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山田太郎ものがたり (第1巻) Book 山田太郎ものがたり (第1巻)

著者:森永 あい
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新ドラマ峰打ち3<山おんな壁おんな

女性の皆さん、どーですか?

あれだけ、
あからさまに「胸」をネタにされたら。

クレーム付くんちゃうかな?

というコンセプトから否定したくなる
作品ですが…ドラマ作りから見ても
いかがなものか?って感じ。

協力してる三越は…大丈夫?

これでバッグの売り上げ落ちたりして。

脚本だの演出だの…
評価するに値しないのはもちろん、
役者もどうだか。
2TOPが大根だから言うんじゃないのよね。

みんなそれなりに
芝居付ければ出来る人だから
そー考えると、演出が悪いって事か。

1つだけ評価するとすれば
大道具さん&美術さん。
立派なセットを作られましたわ。
ってことで…

★(美術評価サービスで1点)。

山おんな壁おんな 1 (1) Book 山おんな壁おんな 1 (1)

著者:高倉 あつこ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 6日 (金)

虫…じゃなくて、牛追いに抗議

牛追い祭りに抗議する動物愛護団体(ヤフー/時事)

抗議行動するのは自由ですけど…

何故脱ぐ(笑)?

…ねえ。
遥かスペインのお祭りネタなのに、
見出しを発見すると、過剰に反応してしまうのは…

やっぱり、どうバカだからでしょうか?(苦笑)

でも、1回、あの赤白ファッションで
楽しんでみたいよねえ…。

虫…否!牛追い祭り。

も、もちろん西表島も行ってみたいですが…。
堤防で寝釣りするバカ、多いんやろなあ…。

ってことは、
スペイン観光するバカは…顔を白塗りにして
「イトヨウジッ!」って叫ぶのか??(爆笑)

Mow001









渡辺篤史の建もの探訪 3 ― 狭小・変形敷地編 DVD 渡辺篤史の建もの探訪 3 ― 狭小・変形敷地編

販売元:ビデオメーカー
発売日:2002/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビスコの後輩

以前はしょっちゅう訪問していたブログ=
フレンチブルドッグ・ビスコの日記」…
昨年の夏、ビスコが亡くなってから…
ずっとご無沙汰でしたが…
新しいワンちゃんを飼われてるようです。

先週、久々に訪ねて
そのことを知って、ほっとしましたが
やっぱり写真を見ると、癒されます

どことなく…ビスコより上品な(笑)。

Doblogメンバー以外、コメント出来ないようなので
とりあえず、ご紹介だけ…。

また、かわいがってあげて欲しいものです。
ビスコも喜んでるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり「セロリ」かなあ…

忘れてました

とりあえず選曲の「かぶり」は有りませんけどね。

何やろなあ…1位。

1位 世界花
2位 おおきに
3位 獅子心

うーん。バラ系ばっかりか。
個人的にはシャケみたいなUPも
入ってほしいけどね。

ま、●●ゲちゃん、よろしく
お手合わせ願いまっさ。

ちなみに、明日の1時半は
渾身のミスチル1分半…聞いてね。
(なんのこっちゃ、わからん記事ですな)

■補足(7月6日23:30)
ランキング(TOP10)出てますなあ
なんと…世界花は3位ですか。
ふーん。そう。

予想、全部はずれたな。
うーん。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

新ドラマ峰打ち2<「探偵学園Q」

志田マネ「大塚さん、お願いしますよ。
女王からの仲でしょ。未来の出番、
サービスして下さいよ…桑原さんには
内緒で…」

大塚D「しょーがないなあ…。
でも、主役は一応神木君ですからね」

志田マネ「ァざーす!」

…なんて会話があったかどうかは、
わかりませんが、1時間見ると、
神木君より志田ちゃんのほうが
印象に残ってるのは贔屓だから?
客観的に見ても、
コスプレ着数の多さ見ても、
看板ムスメ化してるでしょ?

まさかギャラ的に5:5?
6:4くらい?
神木君が、スネなければ良いですが…。


と…長々と引っ張りまして…

作品的には…★
ってところでしょうな。

結局、コミック原作というのは
リアリティ出すのは難しい部類です。
実写に向いてるか?不向きか?
といえば、コレは向いてないでしょう。

百歩譲って、謎解き重視で見た…
としても、若年役者主役で、
アレだけ身近に殺人事件が起こる…
というシチュエーションは、
クレーム付いても仕方無しです。

昨年の単発の時は、
探偵学園は入る試験というベースが
あったので「それなり」に見れましたが
実際、活躍する…となると、
子供でドコまで許せるか?
そこがアニメと実写の違いになります。

脇の大人達の芝居を見ても、
子供向けなのは明確。
そこへリアルな死体や殺人シーンを
入れるギャップ…大塚さん演出ですが
「女王」で描く「落差」とは、また異質で
難しいんじゃないでしょうか。

さ、肝心の役者。特に探偵たち。
やっぱり志田ちゃんは、5馬身ほど
リードしてる感じ。
喜怒哀楽多い役ですから、
色々出せるから得ですわな。
これまでの「いい子」キャラの脱却を
目指してるのは、見て取れます。
神木君はキャラ自体わかりやすいから
損してる…。
メガネの若葉君は…棒読み厳しい。
山田君は…地味な役なので、一番損かも。

とりあえず、
火曜のドラマ、それぞれ初回の3本が
拡大版で重なり合ってて、難儀ですがな。
CXは2本とも初回を見逃したっちゅうねん。
どうにかならんか?
ならんわな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

夕張の日だったのね…

今日と明日は、
夕張でCUEのミュージックジャンボリーの日でした。
すっかり忘れてましたわ。

そうですかそうですか。
どうバカの皆さんは、楽しまれた事でしょう。

一応検索かけたら…出てきました。
■「日々の好きなもの」…藤やん嬉しーの
    トークは、わずか10分でしたか…。
    でも恒例の企画会議のネタが出た…
    ということは、新作近し…?
    まあ、ドラマもあるしね。
    ロケ、行けるのか?
    いつ編集するのか?
    んでOAは?…ずっと先でしょう。

    それより大泉バンドの話は???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新ドラマ峰打ち1<ライフ

前作とは全くテイストの違う本作、
なかなかイキのいい土11枠です。
こりゃテレ朝金11枠を抜きそうですぞ。
★★★★

冒頭のめまぐるしいカット割りと
ステディカムの動きあるカメラワーク。
据え置きとハンディとステディ、
見事にカメラが饒舌な「掴み」でした。

年長さん役者は…目立たせず
10代チームのキャラを立たせるあたりは、
トムとジェリー効果が出てて、
若い奴らの内部の戦争…という
意図が、しっかり受け取れます。

原作には全く触れていないので、
原作ファンの意見が気になりますが
独立したドラマ作品としては、
ゴールデンの作品群と変わらない
クオリティでした。

それにしても、きいちゃんの達者な事。
インタビューでポートに来た際
感じましたが…大人でっせ、
プロでっせ。
コレでブレイクかな?

福田はんは、
「拝啓~」と全く違うキャラで
なんか身長まで伸びたような
錯覚…
あ。きいちゃん小柄だからか…。
こりゃ失敬。

北乃きい公式ブログ
(福田はんと呉越同舟2ショット)

福田沙紀公式ブログ

まあ、ブログの写真や、IQサプリでの
パーフェクトを見てると、役者2人の
チームワークはいいようです。
※福田ブログはTBできない仕様。

フジテレビ公式サイト

幸福な食卓 プレミアム・エディション DVD 幸福な食卓 プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "新ドラマ峰打ち1<ライフ"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »