« ??? | トップページ | ドリアゲ »

2007年12月 1日 (土)

眞鍋はんもエエこと書く事あるのね(爆)

眞鍋はんのブログ

今回のテーマは…
「だったらおまえがやってみろ」

勝手にあーだこーだ言うけど
当の本人の大変さは…
その立場になってみて初めてわかる…
というお話。

まあね…
★幾つとか…勝手に批評しても
製作者側にしちゃ、
「これでも一所懸命やっとんのじゃ」てな
もんでしょう。
それは解かってます。
だって、製作者だもん。ラジオだけど。

結局、映画でもドラマでもラジオでも…
第3次産業は全てお客様が「神様」な訳で、
その声は真摯に受け止めるべきだとも
言えます。
特に映画、ドラマは「作品」として”残る”から
余計にそのクオリティを大事にして欲しい…
ってことでコメントしています。

話がそれましたな。

眞鍋はん、題材にインタビューを出してます。
雑誌のインタビュアー仕事を始めたそうな。
「聞く」側に立って初めて「聞く」側の大変さを
実感してるようです。
ま、ラジオのDやってると…直接聞く「役」では
無いので、喋り手さんの「技」に感心させられる
事は多々あります。

その中でも、タテの技には驚きました。

どんな業界の人だろうと、するする~っと
懐に入っていく…と同時に自分のペースに
持ち込む「秘技」を持っています。

どうせ脱線するだろうし…その「つもり」で
「一応」のインタビューシートは作りますが、
その「ありきたり」の質問例に「無い」良さを
きっちり1ヶ所以上引き出してくれます。

眞鍋はんは…
「もう何回も聞かれてるとは思いますが…」
の言葉を例に出してもいます。
音楽業界だと、地方キャンペーンで、
何十回と同じ事をしゃべる訳で、私も
この言葉の重みは、わかります。
ただ…
本当に大事なのは…この言葉を使わず、
インタビュー対象を、飽きさせず…
さらに、その局、番組、DJ、Dを印象に
深く残させる…その上で、出したい言葉を
紡ぎ出す…
ということ。
ラジオ聞いてて、こんなの聞いた覚え、
ありません?
「FM●●(局名)、●●●(番組名)を
お聞きの皆さん、そして●●(DJ名)さん、
こんにちは、●●●(自分の名前)です…」

この言葉を台本の頭に書くDは…
私が評価するに”落第”です。
これを入れる事で、その局のその番組だけに
届いたコメント…という”証拠”にしたいから
付ける常套句ですが、それしか出てこない
ボキャブラリーとアイデアの無さ…
恐らく全国の80%以上のDは、これを書くはず。

でも「話す方」にとっては何十回、このフレーズを
「言わされてる」事か。
クリエイティブな仕事をする人は、本来出した
「作品」を提示すればいい訳で、宣伝するのは
宣伝マンがする事ですが、結局欧米でも日本でも
アーティスト本人が駆り出されます。
慣れない「トーク」なのに、さらに、うんざりするほど
同じ言葉を言わされる…
その身になって、台本を書いてあげる
「心遣い」も大事だと、思う訳です。

Tゾーンでコメント出しする時も、このへんを
いろいろ考えて台本を書いてるンですよお。

眞鍋はんが、質問する相手の下調べをする…
と書いてますが、この作業こそ大事。
わずか数分の話でも、結構いろいろ工夫が
あるんですわ。

ちょっと今後、週刊ポストは…チェックだな。
立ち読みで(爆)。

|

« ??? | トップページ | ドリアゲ »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/9203981

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋はんもエエこと書く事あるのね(爆):

« ??? | トップページ | ドリアゲ »