« T-JOY長岡OPEN | トップページ | きいマネけっこん!? »

2007年11月25日 (日)

ミッドナイトイーグル

ミッドナイトイーグル公式サイト

えーっと…
本格的山岳アクションと銘打っての
公開ですが、あまり期待して行くと
「あれえ?」って感じかも。

アクションシーンでいえば、
「ホワイトアウト」のほうが、上ですわ。
ハラハラドキドキ具合が違います。

逆に、人間ドラマとして見れば、
上質なドラマに仕上がっています。

この侘び寂びは、日本独特でしょう。
アメリカでも同時公開だそうですが
在米日本人や日系人には受けるかも
知れませんが、エンタメ慣れした
アメリカの人たちには、どーかなあ…?











(以下!ねたばれ!!)

これくらいでいい?

もうちょっと空ける?

もおええか。

まだまだ。

じゃ、書きます。

藤竜也さん、最高です。
今まで色んな人の”総理大臣”見ましたが
一番カッコいい総理大臣でした。
人間臭さもあって、
苦悩する姿、決断する難しさ、
国民についてどう位置づけるか?
というのが、よく表現出来ていました。

大沢たかおの上手さはもちろんですが
竹内さんの控えめの心情表現の芝居も
秀逸。
さすがに泣きはしませんでしたが
充分感動できました。

ま、最近の作品では不可欠のCG使用は
あるものの、津南町でロケした…
ステルス墜落現場のオープンセット場面も
よく出来ていました。
最初に3人が到達したところ、
俯瞰でとらえたシーンには圧倒されます。

不思議なのは…
普段の報道では、左に突っ走るテレ朝が
自衛隊全面協力の映画を作ったってこと。
恐らく、
「本当に日本の国を守るというのは
こういう事だ」と表現したかったのでしょう。

あくまでも作品作りの為に”利用”した…
というスタンスでしょうね。


上段で、
エンタメ性に欠けると言いましたが、
パンフの最後に、Pの小滝氏が書いてる
主題を読むと、納得出来ました。
ギリギリの状況下で、
誰かを想って、どう行動するか?
その「誰かへの想い」の集まりが
作品に詰まっている…
そこが心に響きます。

ハリウッドから編集のプロを招聘して
繋いでもらったそうですが、コレがもし…
日本人が繋いでいたら?
もしかすると、もっと日本的感動が
深まったかも?
なんて、思ってしまいました。

途中、単調な繋ぎで、
たるんでしまったもんで…。

あ。
そうそう。
大沢さんが持つカメラ、
やっぱりNikonでした。
いいねえ…Nikon!

渡辺謙さん…鞍替えしたら?(笑)

おっと、作品評価…★★★。
感動作には、なってましたが…
どーも大沢さんがBウイリスに
見えてしまいましたね。
あとは、宣伝がエンタメに行き過ぎてて
本編との違和感が大きかったので…。

|

« T-JOY長岡OPEN | トップページ | きいマネけっこん!? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/9098555

この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイトイーグル:

« T-JOY長岡OPEN | トップページ | きいマネけっこん!? »