« 2007秋ドラマ総括(第1話チェック時点) | トップページ | 総統!相当、大変ですよ(あれ?) »

2007年11月 4日 (日)

ALWAYS~続・三丁目の夕日

はい、見ました。

えーっと…冒頭、びっくりしました。

そして笑いました。

でも…堤さんが松ちゃん化してました。
巨大化するかと思いました。。。。

ネタばれしそうなので、この話ヤメ。

前作もそうでしたが…この映画は、あーだこーだと
批評する類のものでは有りませんですよ。
とにかく、乾いた21世紀だからこそ、
あの時代の潤った心を みんなが欲している…
という慰めですな。

恐ろしく贅沢な朝ドラ…というと解かりやすい?

たぶん、朝ドラにして毎朝15分放送すると
1~2のネタで半年どころか1年出来ると
思いますよ。
今回も、何本かのネタが、
ずるずると2時間半の話の中で
展開していきます。

これは1本の話として見るより、
商店街の人々の暮らしを覗き見する
気持ちで、だら~っと鑑賞するのが
正しい見方。
CGのアラ探しするなんてもってのほか!

ってことで、野暮なツッコミ(爆)。以下!(ねたばれ注意!)

もうちょっと下。

もっと下。




まだまだかな。

これくらい空けると大丈夫かな?

■昭和33年特急こだまのダイヤ


ヒロミが乗ったのは…下り第1こだま?
だって。夕日町に戻ってくるのが
夕方でしょ。
芥川賞の電話が2時で、
川渕が小説読んで…読み終わって、
茶川が淳之介を表に呼び出して…
そこへ現れるんでしょ。
第2こだまだと、もお夜中になっちゃうし。

ってことは…朝6時台?
ちょっと空が明るすぎるような…。
こだまの最後尾のボンネットは、朝日が
差してないとおかしい。

さらに…始発なのに、最初から座席が
向かい合わせなのも、おかしい。
さらにさらに…窓の向こうの80系(湘南電車)の
側扉の開くのが速過ぎ(笑)。
おまけに80系の側扉の窓、でかすぎ!
丸の内の北口から改札入って、
地下通路通って15番線上がると…
こだまの最後尾(当時8両編成)の位置って
合ってる?
ヒロミは最後尾のずっと手前から
歩いて、やってきたよね。。。。
当時はホームの前に位置を合わせてたの?


んで、ヒロミは…どこで折り返して、
何に乗って東京へ戻ってきたの?
だって、車内で小説1本読破して…
思い立って、こだまを下りたんでしょ?

って、もう1個気付いた。
サボが「東京―神戸」になってたぞ。
ってことは第2こだま?
16時発。
横浜あたりで下りたの?
すごいスピードで本読むのね。
こりゃ恐れ入ります(笑)。

大阪の旦那に呼ばれたので、
行きのチケットは出してもらったとして…
帰りは自腹。
普通に本読んで、思いなおして
静岡あたりから戻ってきたとして…
鈍行だと、第1こだまなら、時間的に合う。
でも、「東京―神戸」のサボを信用して
第2こだまだとしたら…
「その日のうちに」戻っても深夜。
なら、1泊して、ゆっくり戻ってきたのか?

うーん。謎(笑)。
どーでもエエっちゅうねん。

さてと、実際、CGに関して言えば、
前回以上に丁寧に昭和の風景を再現出来てる
と思います。
特に日本橋は秀逸。
最後の夕焼けのシーンなんかは、
涙流す…じいちゃん、ばあちゃん…
多いんちゃうかな。

ただ…
こだまの車窓(笑)。しつこいけど…
延々、工場地帯の風景が流れます。
それも高架。
ってどこよ?(笑)
前作(集団就職列車)も、気になったけど、
高架の「高さ」結構高いのよね。
で…
小説読み終わっても、同じような
工場の屋根が流れるのよね。
小雪さんがイイ芝居してるだけに
気になって、もったいなかったな。

ミニチュアで向こうへ去る「こだま」の
映像は、美しかったです。


生身の映像のほうですが…
全然、ツッコミじゃないんですが…
芥川賞発表を待つ鈴木オートの
祝勝会場。。。。
結局、乾杯だけで、ごちそうには
手をつけなかったでしょ。
天ぷらとか煮物とか…うまそうでね。
あのシーン、撮影終わった後、
食べたのかな?
消え物に気になってしまいました。

それにしても…あの冒頭。
初期のずんぐりゴ●ラにしてほしかったな。

|

« 2007秋ドラマ総括(第1話チェック時点) | トップページ | 総統!相当、大変ですよ(あれ?) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/8760472

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS~続・三丁目の夕日:

« 2007秋ドラマ総括(第1話チェック時点) | トップページ | 総統!相当、大変ですよ(あれ?) »