« 新ドラマ峰打ち13<SP | トップページ | ALWAYS~続・三丁目の夕日 »

2007年11月 4日 (日)

2007秋ドラマ総括(第1話チェック時点)

はい、総括!

■2007秋ドラマ期待値(9月27日執筆)

まず保留にしてた「働きマン」の評価から。
1話では…判断に苦しんでたんですが、
2話以降、わかってきました。
女性による女性のためのドラマ。それも…
働く女性…ちょうど働き盛りの人たち。
なんともリアルに描けています。
漫画原作が、ことごとく表現に失敗してるのに
対して、原作のカラーも残せていて、実写の
ドラマとしても、消化できてるのは、さすが。
何よりも役者陣の芝居が良い。
ってことで…★★★★。
もしかしたら…ガリレオより上かも?

ではでは…評価ランキング!以下!

1位「働きマン」(日テレ)★★★★
2位「ガリレオ」(CX)★★★★
3位「モップガール」(テレ朝)★★★★
4位「SP」(CX)★★★.5

5位「ドリームアゲイン」(日テレ)★★★
6位「スワンの馬鹿~」(関テレ/CX)★★★
7位「オトコの子育て」(テレ朝)★★★
8位「歌姫」(TBS)★★★

9位「暴れん坊ママ」(CX)★★
10位「おいしいごはん」(テレ朝)★

●以下番外●
「ハタチの恋人」(TBS)(★)星無し
「有閑倶楽部」(日テレ)(★)星無し
「ジョシデカ!」(TBS)(★)星無し

●総評●
見ての通り(笑)。
いい作品と、普通の作品と、
出来の悪い作品と…
どうしようもない作品。
明瞭です(爆)。

ただし…
「いい」作品といっても、作品的に優れてる
だけで評価してる訳ではなく、
「その枠にふさわしいカラーを出してるか」
という部分でも判断してるので念のため。

やっぱりドラマの秋冬…というのは
例年通りで、なかなか上質な作品が
多くて、うれしい限りです。

が…
レベルの低い作品群は…
どうしたものか…。

特に、目立つのはTBSの凋落。
筑紫さんが影を潜める今、
亀田を封印された今、
ドラマが頑張らなくてどーするの?
安易な企画会議で通過したような
モノばかりで、情けない。
あとは「王道」の「金八」でしょ…。

それにひきかえ…
今季、盛り返してるのがテレ朝。
なかなか2強(CX、日テレ)には
及ばないものの、なかなかバランスの
良いドラマが出てきて、嬉しい限りです。

ただ…
全体的に見て残念なのは…
同じような役者が「たらい回し」状態なことです。
毎シーズン、どこかの枠に登場する人が
多すぎる!
それだけ「安定」した芝居をして、
主役を「立てる」事が出来るのは
ある種の「能力」ですが、もうちょっと
新たな役者を発掘する工夫も欲しいですよ。

そうそう。
少女漫画を原作にして、
若いタレントを担ぎ出して
その名前だけで数字取ろう…という方程式、
いつまでも続きませんよ。日テレさん。
…後追いってリスク高いのよね。
下手すると「真似」「二番煎じ」、
上手くやれば「時代の潮流に乗った」…
ま、1クールの間に軌道修正出来れば
いいけど。

ってことで、毎度の事ながら、
このランキング&評価は…個人的見解ですので
悪しからず。

それと…数字取ってる「医龍2」と「金八」は、
続編なので、評価対象外。
おっちゃんおばちゃん向けベタドラマ系も
対象外としています。
さらに、テレ東系OA作品は、
ココ、新潟では拝見できませんので、
見れないものは評価出来ませんので、
ご了承を。

|

« 新ドラマ峰打ち13<SP | トップページ | ALWAYS~続・三丁目の夕日 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/8747331

この記事へのトラックバック一覧です: 2007秋ドラマ総括(第1話チェック時点):

» 働きマン ドラマ 菅野美穂 [働きマン ドラマ 菅野美穂]
「働きマン」連続ドラマ化決定! 漫画家・安野モヨコさん(36)の単行本3巻の発行部数が累計300万部を突破するほど絶大な支持を集めている人気コミック「働きマン」が、10月から日本テレビで連続ドラマ化されることが決定した。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 11時02分

» 結構みんな、よく観てる! [働きマン★菅野美穂主演ドラマ情報!]
コンニチワ!いつもTB等で御世話になっています。■「働きマン」の公式サイトに「掲示板」がありますよ☆ちょっと覗いてみたら・・・、結構みんな、よく観てますね~! [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水) 22時49分

« 新ドラマ峰打ち13<SP | トップページ | ALWAYS~続・三丁目の夕日 »