« やっつけ帽子デザイン | トップページ | 土曜日は撮影の日 »

2007年8月11日 (土)

廊下に立たされた二人

公式を見たら…
意外と早く、藤やん、うれしー連名で
おわび文が出ていました。

日記にUPされてるので、
いずれ消えるかも?

とりあえず、全文、引用させて頂きます。


7年前、2000年春。ぼくらは『原付西日本』の旅で
鳥取砂丘に立ち寄った際に、『砂丘レストハウス』
という場所で、そこにあった砂を袋につめ、それを
バイクに積み持ち帰りました。そして番組内で
紹介しました。でもそれは法で禁じられている
行為でした。ぼくらはテレビ局に勤めている
人間です。知らなかったでは済まされない責任を
負った人間です。ですから、今後なんらかの
ペナルティが出るのであれば、もちろんそれに
従いたいと思います。ぼくらは、いけないことを
していたのですから。
いずれにしても、このことで、ぼくらは
『原付西日本』という旅を、もう二度とみなさんに、
お見せ出来なくしてしまいました。
ぼくらのせいです。ごめんなさい。
本当にごめんなさい。

水曜どうでしょうディレクター
藤村忠寿
嬉野雅道

(水曜どうでしょう公式サイトより)
※全文そのままですが改行はこちらで
読みやすいように修正しました。

とても分かりやすい文章です。
真摯な気持ちが出ています。
社内でも相当搾られたんでしょう。

残念なのは、これで正式に、
原付西日本がカットされる…という
ことがHTB的にも決定したこと。

前にも書きましたが…
どうでしょう史的に大きな意味を
持つシリーズだけに残念です。

★若旦那キャラ誕生
★ミスター映画撮影による中断前の作品である
★中断前のなんとも言えない心境のラスト
★R14を挟んだ後半での作風が変わる前の
最後の作品。
★対決列島に繋がる対決の誕生
★姫だるま嫁入り
★こけし親子落下事故
★温泉満喫のテイストが生まれる
などなど…
重要要素を数えたらキリがありません。

ほとぼりが冷めたら…
そして、各関係機関の目こぼしを
受けられたら…
おわびテロップ挿入を条件に
DVD化くらいは、許してもらいたい…
というのが、
個人的、ファン的な望みです。

|

« やっつけ帽子デザイン | トップページ | 土曜日は撮影の日 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廊下に立たされた二人:

« やっつけ帽子デザイン | トップページ | 土曜日は撮影の日 »