« おいたの代償 | トップページ | 岸和田だんじり読本発売 »

2007年8月 9日 (木)

ブログの作法、報道の作法

下に書いた「どうでしょう」砂事件…。

気になったので、ブログ検索掛けてみました。

すると、
ほとんどのブログで、
ヤフーなど、ウェブニュース記事を
引用していました。
中には…笑う大泉さんの写真も載せてました。

作法を心得ている方は
最後にソースを括弧書きで
示していますが…
ほとんどはコピペそのまま。

本来、報道記事1本ずつには
著作権があるはずなので、
これこそ違法ではないですか?

まず記事へのリンクを貼り、
引用する場合は、引用と解かる
方法で区別し、最後にソースを
明示しないと、
その執筆者本人の言葉なのか?
別から用いたものなのか?
わからなくなります。

日本語ではありますが、
世界を相手に「意見を述べる」のが
ブログだとしたら、執筆者一人ひとりは
その自覚を持って、記事を作成すべきだ…
と思います。

未だに勝手なTBも後を絶ちません。

最近は…ギャーギャーほざくのも
面倒なので、あえて必殺な仕事は
していませんが、心中イライラすることも
多々ありらん。。。。

相手から客を誘導するのがTBじゃ
ないはずなんですけどね…。

それは別にしても…
ニュース記事を丸々コピペするだけが
情報発信と言えるのか?

理解に苦しみます。

さてと…砂事件ですが…
藤やんは…どう出るかな?

恐らく、本人が釈明しようとしても、
局側は、弁護士呼んで、
専門部署、編成、制作、営業…
各方面との協議の上、公式な
コメントとして作成してから
ヒゲにしゃべらせるはずなので、
もお数日は、掛かると見てますが…。

気になるのは、ミスターの動向。
社長室では、型どおりのお詫び文を
載せています
…。
ま、ミスターの場合、出演兼企画者
でもあるから…ってことか。
たぶん、大泉さんは何か言おうとしても、
社長から止められるでしょうし…。

ファンとしては…
「どうでしょう」は4人で1つのチーム…
だということで、4人揃って記者会見し、
おわびし、砂を返しにカブで行く(笑)。
さらに、鳥取大アピール作戦で
全国ネットで1本作る!
それがお返しじゃないですか。

あくまでお笑い。バラエティならば
誠意を見せた上で楽しませて
人々を喜ばせる…
という意識を忘れないでほしい。
萎縮、消滅だけは…避けてほしい。

あくまで1ファンとしての願い。

「一生どうでしょう」させて頂きたい。

|

« おいたの代償 | トップページ | 岸和田だんじり読本発売 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの作法、報道の作法:

« おいたの代償 | トップページ | 岸和田だんじり読本発売 »