« 岸和田だんじり読本発売 | トップページ | はだしのゲンの理由 »

2007年8月10日 (金)

はだしのゲンの限界

いやあ…エエ芝居してるのにねえ…

演出も役者も脚本もいいのにねえ…

大井川鉄道だもん(苦笑)。

広島駅ってあんな狭いのかい?

山陽本線沿いに、
それも広島市内に、
あんな山の中で清流があるのかい?

C11が走ってていいのかい?

もったいないねえ…

やっぱり、自動車も鉄道車両も、
動態保存はいいけど、
撮影できる環境…
欲しいねえ…。

残念。

それはそうと…
ゲンの姉ちゃん、かわいいね(爆)

小野明日香ちゃん…ですか。

ってJVCってビクターやんか。

ゲンは…小林廉くん(舞夢)
弟は…今井悠貴くん(セントラル)

3人とも、恐ろしく達者ですわ。

未来ちゃんもきいちゃん
油断でけませんぞ。

|

« 岸和田だんじり読本発売 | トップページ | はだしのゲンの理由 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/7487487

この記事へのトラックバック一覧です: はだしのゲンの限界:

» ☆はだしのゲン。 [Flight to Freedom/神の国へ…]
≪はだしのゲンをテレビで久々に見た≫ はだしのゲンは私が小学生の時にクラスの本棚に並べて置いてあったので休み時間に一生懸命読んでいた記憶がある。(原作者:中沢啓治氏、読売新聞から) その内容は子供には非常にリアルでショッキングな絵ばかりだったので今でもは...... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 00時59分

« 岸和田だんじり読本発売 | トップページ | はだしのゲンの理由 »