« ふぐこらむ | トップページ | どうでしょうアメリカ進出?! »

2007年6月23日 (土)

JR東日本:大混乱

首都圏の皆さん、今日はお疲れ様でした。

JR止まって、ヘトヘト。客の話(ヤフー/毎日)

運休区間拡大は、客がきっかけ(朝日)

架線切れたのは、運転手のうっかり(MSN/毎日)

悪い事が重なったもんですな。
それにしても…どーしてアレだけ広範囲に
止まったんでしょう??

普通に考えたら、送電が別の区間は、
折り返し運転すれば良かったのに…
と思ってしまいます。

以前、JR西日本:東海道線を使ってた際も、
新快速で、大津~大阪まで2時間程掛かった
事がありました。
確か、高槻辺りの事故だったと記憶していますが、
なんと上下線ともに、大きく乱れたままでした。
高槻なら、京都以東と、
大阪以西で分断して運行すれば、
乱れも軽減できるはずなのに、
通常通りの列車運用に拘るんですよね。

ダイヤ編成の際は、
分断を前提とした、緊急ダイヤプログラムを
予め設定すべきだと思いますがどうでしょう?

首都圏の路線は、そんな緊急時の
折り返し設備は、あるんでしょうか?

さらに言えば…路線別複々線にしたのも
間違いだったのでは?
京阪やJR西日本:京阪神のような
方向別複々線なら、1つの線で支障が出ても
人の流れを止めずに済むはずです。

とはいえ、ココまで肥大した首都圏路線は
どうすることも出来ないのも確か。

NHKニュース9では…
「システムを検討し直す時期なのかも」
なんてコメントしてましたが…
どれだけ大変か。
現実離れも甚だしい。

ま、大事故にならなかっただけでも
不幸中の幸いでしょ?

|

« ふぐこらむ | トップページ | どうでしょうアメリカ進出?! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本:大混乱:

« ふぐこらむ | トップページ | どうでしょうアメリカ進出?! »