« りゅーとぴあの裏側 | トップページ | 朝生テーマ「参院選」 »

2007年6月29日 (金)

2007春ドラマ総決算【最終回編】

今夜の「私たちの教科書」で、
全てのドラマ最終回チェックを終えました。

最終的に見通した作品は…
月9「プロポーズ大作戦」
火9「花嫁とパパ」
水10「バンビーノ」
木10「私たちの教科書」

以上4本。

それに加えて、最終回チェックをしたのは…
木9「夫婦道」
木9「ホテリアー」
木10「孤独の賭け」
金9「生徒諸君」
金10「特急田中3号」
土11「ライアーゲーム」
日9「冗談じゃない!」

以上7本。

ってことで例によって、総評は以下!

はっきり言って…
大きく分かれました。
TBSダメ。
CXおみごと。

わー単純だ!

でも、トータルで見て、
ドラマの視聴率は別として
クオリティで見れば、上の通り。

TBSの各作品は…
一見よく出来てそうな物もあるものの、
不安定さがハッキリ見て取れました。
特にひどいのが「冗談じゃない!」
ロケなど結構金掛けてますが
元々ホンが杜撰。
ラス2で一旦テンション落として
最終回で大団円…というベタな展開に
辟易…。
唯一「孤独な賭け」だけが
変化球出してましたが、とにかく
大根大会なので、見てられない…。

一方のCX各作品は、
クール途中で脚本進路を変える事無く
最初からオチを決めて走ってた作品が
多く、最終回を納得して迎えられる
ものが目立ちました。

これは、各局の事情によるものでしょう。
自信を持って制作できるか?
ウラとかスポンサー、数字といった
顔色を伺い続けてるか?
そんなところが作品の出来に
真っ直ぐ反映してしまってるんでしょう。

悲しいのがテレ朝。
結局、金11枠以外のゴールデンは、
年長さん向けベタドラマでしか
数字を出せないジレンマから
抜け出せずにいます。

そして日テレ。
わが道を行く姿勢は、ある種尊敬。
各枠が飛び道具状態。
唯一評価に値する「バンビーノ」は
丁寧な人間描写が好結果を生みました。

最終評価
月9「プロポーズ大作戦」★★★★★
 月9らしいポップさと、しっかり構築された
 脚本の力が、最後まで貫かれていました。
 演出の丁寧さも映画を見終わった後の
 ような爽快感を生んでいます。

火9「花嫁とパパ」★★★
 脚本自体は稚拙ですが、役者の技量が
 いかんなく発揮されていました。
 特に、母の手紙シーンは真骨頂。

水10「バンビーノ」★★★★
 何よりも、新人のエネルギーと、
 教える側の姿勢…各世代に共感を与える
 懐の深さを持っていて吸い込まれました。
 脚本、演出、芝居が噛み合った結果か?

木10「私たちの教科書」★★★
 映画で言う「中だるみ」が厳しく、
 どうなるか?と思いましたが…ラス2からの
 展開は、なんとか軟着陸…という感じ。
 最終回、谷村さんの長台詞芝居に圧倒!
 志田危うし!の存在感の大きさを実感。

その他作品。
土11「ライアーゲーム」★★★
 最終回3時間は予想通り、頭2時間は
 総集編で作戦勝ち。
 ま、実験作らしい遊び心いっぱいの
 演出で飽きずに楽しめました。

木9「夫婦道」★★★
 役者はポスト「渡鬼」に値するもの…
 ですが、演出、脚本が良くない。
 イマイチ乗り切れませんでした。

木10「孤独の賭け」★
 挑戦は解かりますが…やっぱり
 21世紀には無理あったか?
 否!2トップが弱すぎた。
 脇が良すぎるのも考え物ですな。

金10「特急田中3号」★
 鉄っちゃんを題材にするアイデアは
 買いました…が、幼稚すぎた。
 役者も演出も脚本も…。

日9「冗談じゃない!」★
 織田っちと対等にやっていた上野に
 拍手。それだけ。バブル期の
 トレンディドラマの幻影を抱いたまま
 21世紀を彷徨う大人向けの童話…
 といったところか?

金9「生徒諸君」(★)星無し
 全く世界に入れない学校でした。
 原作に謝れ(笑)。

木9「ホテリアー」(★)星無し
 韓国に謝れ(笑)。
 権利考えると、相当の損失でしょ?



最後に…
TBSのドラマ作法は、「単純で解かり易く」
CXの場合は…「貫く気持ちが心を動かす」
といったところか?
番宣CMを見ても、TBSの場合、
撮影したシーンを繋ぐタイプよりも、
宣伝用に製作したタイプが多い。

シリーズ展開の「公式」に従えば、
安定して視聴者を惹き付けられる…
という考え方。

しかし、目が肥えた視聴者は、
それだけでは物足りない。
先の見えない展開に興奮しつつ、
どこか納得いくリアリティと、心を動かされる
細やかな演出…
そこを見通してるのがフジの作品群。

という分析は…どうだろう?

※ちなみに、火10の関テレ枠は、
クールによって製作チームが
交代してしまうので、クオリティが
全く変わるので傾向…とまでは
言えない。
とにかく今季は最悪でした。問題外。

そして、喰いタンは、
パターン化シリーズ化したシリーズ
なので、評価外としましたよ。

さあ、次は、夏ドラマだわ。。。。

|

« りゅーとぴあの裏側 | トップページ | 朝生テーマ「参院選」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/6964281

この記事へのトラックバック一覧です: 2007春ドラマ総決算【最終回編】:

« りゅーとぴあの裏側 | トップページ | 朝生テーマ「参院選」 »