« 手書きしません?魅惑の万年筆生活 | トップページ | F1スペインGP »

2007年5月13日 (日)

つまり…妻有です

久々のレンタカー紀行。
朝8時開店と同時に出発。
高速乗って、越後川口へ。

普段は行き当たりばったりなのに、
今回は目的は決定済み。
TCでも紹介した、大地の芸術祭
「空家プロジェクト」作品目当て。
プラス、ずっと行きたかった
松之山温泉を訪ねる…と。

ただ、空家巡りが…朝10時~夕方4時まで
開館時間ということで、数を巡るには、
結構、タイトです。
117を長野方面へ遡りつつ…検討。
いずれにしても松代へ向かう途中に通るので、
十日町のキナーレへ立ち寄る事に。
タテに「わかりにくいよ」と言われてたので、
注意深く右手を眺めてると、しっかり看板発見。
難なく、隣のクロス10へトイレ。(9時半)
キナーレで、1日パスポートを購入し、
大地の芸術祭マップをもらう。

お目当ての1つ…「うぶすなの家」は
十日町へ来る途中を左折して山を登った集落に
あった事が判明。
村のおばちゃんが作る料理を
ランチにする計画、もろくも崩れ去る。
すんなり、松代へ向かう。

(続きは下)

松代農舞台着(10時)。
見事にアーティスティックな環境。
車を止めて、ふと後ろを見ると、
ほくほく線の松代駅を、
はくたか通過!うひょ!ラッキー。

農舞台のギャラリーでは、
「小さな骨の美術館」開催中。
様々な動物の骨格を興味深く見る。

外へ出て、裏の山を見上げると…
あの有名な棚田作品!
ちょうど、本物も田植えの最中で、
見事にアートとシンクロして、ベストタイミング!
デジカメ取り出して撮ろうとしたら…
電池切れ(苦笑)。瞼に焼付けましたとさ。
ゆえに、今回、写真は一切無し!お粗末!

農舞台のマップを見れば、この棚田を含む、
裏山全体がアート作品が点在する散歩コースだとか。
ゆっくり見てると、空家が見れなくなるので、断念。
早速、空家を訪ねるドライブへ。
まずは「脱皮する家」。日芸の学生&OBが
黒く煤けた古民家の内側全てを彫刻刀で
削った…耳無し芳一のような家(笑)。
細い里の道を延々上がり…迷った挙句…
棚田の名所に出てしまう。
カメラを構えたお父さん数人が見下ろしてた。
峠地区の棚田は、松代の棚田の中でも、
一番美しいと評判。なるほど、見下ろせば、
息を呑む景色です。(参考:フジカラー紹介頁)

車を戻して、峠地区の集落をゆーっくり見ながら
探す。あ。…小さな黄色い看板だけが…。
こりゃ、見つけにくいわ。
家の建物自体は地味。中に入ると…
店番のように、おばちゃんが一人。
パスポートに最初のハンコを押してもらう。
ガイドするでもなく、説明するでもなく(笑)、
のんびりお話。
それにしても、マメな作業!本当に、どこも
かしこも、彫刻刀の後。すすけた本来の表面が
少ないので、白木に後から煤を付けたように
錯覚しそう。
さあ、先を急ぐので、そそくさと退散。(11時)

道を戻る際、気づきました。
棚田は上から見るから美しいんです。
下から見ても、土手ばっかりですわ。
アート作品の松之山温泉入り口看板を右折。
一路、松之山へ。
と、その前に寄り道。
タテおすすめの美人林のブナ林。(11時半)
ちょうど新緑で美しいのですが…
観光客が多い。
俗っぽいのが嫌いなので、すぐ退散(笑)。

本道へ戻り、松之山温泉入り口。おっと。
温泉街の道が狭いので、入り口に
駐車場があります。ここへ車を止めて…
徒歩で奥へ。(12時半)

気になってた…蕎麦とジャズの店「滝見屋」で
ランチ。(参考:うさ太さんのレポートブログ)

天ざるを頼んだら、山菜の天ぷらがたっぷり。
ちょっと得した気分。新潟市内から来た
ご夫婦のお客とマスターとともに、
わいわい語らって、食後のコーヒーを
JAZZ聞きながら楽しむ。

食後は…公衆浴場の「鷹の湯」へ。
結構清潔な造り。独特の鼻に来る…香りと、
若干ぬめるお湯。なめるとしょっぱい!
お湯は熱めです。(1時)

そう。すでに1時!頭も乾かさず…車へ戻り、
この松之山エリアの空家プロジェクト作品を
探す。温泉街を抜けて急な坂を上がった集落に、
ありました。黄色い看板。
夢の家」。
また、一人の奥さんがガイド役。
今度は丁寧に解説してくれる。宿泊可能だそうで。
不思議な作品で、独特の寝袋を着て、箱の中で、
寝るんだとか。ちょっと遠慮したいな…。
この家の隣には「不老不死の薬」という、蔵の中に
薬草を展示した作品。
すぐ近くには「収穫の家」と「米との対話」という
1軒の中に2つの作品を収めた家も。
こっちは、純粋に楽しめるアートでした。
たっぷりガイドしてもらえたので、気づけば2時を過ぎてた。
もお残り2時間切ってますわ。
退散。

山を下りて、津南方面へ353号線を下ったところ…
これまた、わかりにくい辻を右折した先に
最後の教室」。(参考:smacksさんブログのレポ)
さっきの「脱皮する家」とともに、
昨年夏、NHKの「日曜美術館」で紹介されてて
見たかった作品。
廃校になった小学校の校舎と体育館を
アート作品にした巨大なもの。
校門を入ると、表で暇そうにしてた
番のおっちゃんが慌てて受付へスタンバイ(笑)。

ハンコを押してもらって、暗幕を開けると…
真っ暗な中にほのかな明かりと…草の匂い。
段々目が慣れてくると…見えてきました。
体育館の天井から沢山の電球が吊るされ、
下から沢山の扇風機が風を送っています。
敷き詰められているのはワラ。
ゆっくり踏みしめつつ、先へ向かうと
校舎の廊下。電球に誘導されつつ、
上へと上がる仕掛けです。
直に見ると…やはり違いますな。
電球の存在感…「記憶」というテーマが
納得できました。
帰り際、おっちゃんに…「もお、時間ねえぞ。
元取れねえよなあ(笑)」…時刻は3時15分。
確かに…。

最後まで残してた「うぶすなの家」へ
猛ダッシュ!
117号線を小千谷方面へ…。
ガイドマップに従い、「下条中央」の看板を
右折。グイグイと坂を登って…
谷を越えて…はあ。到着。4時5分…。
およよ。
恐る恐る覗くと…「あらー、ラッキーね。
まだ空いてたのよ」奥さん!サンキュー。

「うぶすなの家」はレストラン営業もしてますが、
すでに、厨房は片付けた後。
仕方ないです。
でも、ひと通り解説して頂きました。
(参考:mildwoodsさんのブログレポ)

この願入の村落の高台に、もう1つ…
みしゃぐち」という土を固めたような作品も
あって、そっちは勝手に訪問。
ストーンヘンジのごとく…
傾いた西日が、隙間から作品中央へ
差し込んで神秘的でした。
水を張った棚田は、カエルの大合唱。
スグそばには、苗床で、植えられるのを
待つ稲の苗たちが若々しい緑色。

来てよかった…(5時半)。

でも、温泉は…1ヶ所しか入ってないし…。
思いつきで、「千年の湯」に行く事に。
あ。ココで思い出した。
旧:川西町は小嶋屋総本店がある!
折角来た十日町だし…2食連続蕎麦決定!

何やら、以前の店舗を畳んで、裏手の
幹線沿いに新店舗に移ったとか。
ロードサイドの店っぽい造りは残念ながら、
総本店らしい、辛子で食べるへぎそばが
美味でした(6時)。

このすぐそばにあるのが「千年の湯」。
ココも源泉掛け流しで、温泉好きさんの
日帰り温泉ガイドでもA評価!
結構熱いですけど…さっぱりしたイイお湯。

自動券売機の前で、ちょっと固まりました。
7時以降、割引料金だそうな。
時計を見ると、6:45(苦笑)。
ま、それほど変わらないので、すんなり
入館しましたよ。
週末の夕方…子供連れなど、賑やか。
内湯に露天、サウナ…と、ゆっくり過ごし、
ポカポカ気分で、十日町を後にしました。

結局、空家プロジェクトは…
オープンしてる作品の半分以上は
回れました。でも、時間がタイトで、
ゆっくりできなかったので、
あらためて、再訪問したいと思います。
次回は、もお地図不要でっせ。

道覚えるのは得意なんですブレンディ。

あ。
そうそう。
今回、デジカメとともに、
最近購入したローランドのデジタル録音機も
持参したので、
農舞台裏の小川の音、
美人林の鳥のさえずり、
うぶすなの家近所の田んぼのカエル…
3つの生音を収録してきました。

また、近いうちに、TCのジングルに加工して
流したいと思います。

おっと!
それから業務連絡!
1日遅れですが…十日町土産送りました。
つまらないものですが…。

|

« 手書きしません?魅惑の万年筆生活 | トップページ | F1スペインGP »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まいどです!
あの…1つ補足を。
今回、一人で行ったので、
結構山道攻めましたよ。

安全に運転したら、この強行軍は
難しいと思います。

できれば1泊2日でどーぞ。

投稿: ふぐ | 2007年5月14日 (月) 00時09分

大地の芸術祭!!!
うわー、いいなあ!私もいきたかったの。。
そっかー、日帰り強行でも結構見られるのね。
よし!

投稿: nagumo | 2007年5月13日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/6397500

この記事へのトラックバック一覧です: つまり…妻有です:

» じゃらんNETで旅をしよう [じゃらんNETで旅をしよう]
じゃらんNETは旅行に便利なお役立ちサイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 11時18分

» はじめまして [観光総合ガイド]
突然のご挨拶、失礼します。 私たちは日本全国の「観光」に関する様々な情報サイトを運営しているものです。 旅行の際の下調べなど、お役に立てる情報を随時掲載していきますので、「旅」に興味のある方は是非一度覗きにきて下さい。 尚、このトラックバックがもし必要ではない内容でしたらお手数ですが、削除お願いします。 失礼致します。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 11時46分

« 手書きしません?魅惑の万年筆生活 | トップページ | F1スペインGP »