« 石原は…真理子じゃなくても…ヘン | トップページ | 新ドラマ峰打ち<わたしたちの教科書 »

2007年4月12日 (木)

新ドラマ峰打ち<孤独の賭け

この峰打ちシリーズを書くようになって
ドラマの第1話を、ぼーっと見れなくなりました…

ってことで、ぼーっと見てる分には見れる作品です。

さてと…本題。

ドラマは三位一体…
以前からの自論です。

「脚本」「演出」「演技」、
この3つが揃って、初めて
いいドラマだと言えます。

たとえば…
演出が下手でも、役者が上手いと
ある程度のクオリティは保てます。
芝居が稚拙でも、
脚本が良いと、台詞がカバーしてくれます。

3つのうち、1つが劣っていても…。

今回、演出の生野はんは
力のある監督さんですわ。はい。
ただ…
伊藤とハセキョーでしょ。
シーン1から、萎えましたわ。
何よりも脚本がダメ。
先が読めるわ、台詞がセンス無い。
いくら演出が頑張ってもね…。

3つの内、2つが足引っ張れば
ボロ出まくりです。
大人の学芸会です。

評価できるのは、
ラストのラブシーンの
野獣芝居くらいでしょうか?
あーあ。

★★

一応「★」はあるんです。
それは…生野演出票と、
脇役陣の奮起。
個人的に高く評価している
堺雅人はんは…
幾分、脚本に呑まれてますが
笹野はんはイイ。
それ以上に、井川遥の良いこと。
ほぼ寡黙芝居ですが、
表情がイイんです。
存在感あります。

ってことで、そのヘンの評価で、
★1個おまけ。

参考:新ドラマ期待度

|

« 石原は…真理子じゃなくても…ヘン | トップページ | 新ドラマ峰打ち<わたしたちの教科書 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11256/6073970

この記事へのトラックバック一覧です: 新ドラマ峰打ち<孤独の賭け:

» 孤独の賭け [いま話題のエンターテイメントとは?]
孤独の賭け プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 20時30分

« 石原は…真理子じゃなくても…ヘン | トップページ | 新ドラマ峰打ち<わたしたちの教科書 »